自律神経にやさしい音楽


日本人には馴染み深い“おリン”に音階をつけて楽器にしたのが、久乗編鐘(きゅうじょうへんしょう)です。その響きは温かく心を包み込み、疲れた脳を優しく揉みほぐしてくれます。音響学・鑑定の分野での第一人者、鈴木松美博士による分析により実証された高い癒し効果と実用性を兼ね備えた、まさに“聴いて効くサウンド・サプリメント”です。

●「自律神経にやさしい音楽」の検証

仏具のおリンで聲明(しょうみょう)の基音とする為の12律(12音階)の音をつくりだし、この12音階のおりんを中国の古代楽器である編鐘のように、架にかけ現代風にアレンジしたもの。久乗編鐘は、梵鐘で有名な高岡銅器の優れた鋳造方法を用いて製作され、その音色はどことなく温かく優しく、何かに護られているような感覚に包まれ、心の底に響く心地よさを感じます。感謝する、手を合わせるような気持ちを抱かせる「祈り」の楽器です。
紀元前5世紀の中国には、すでに編鐘(へんしょう)という楽器がありました。高さ150cmを超える鐘から20cm程の小さな鐘まで、大小を吊るして音階をつけてあります。それは祭祀や儀式の時に使われる重要な楽器でしたが、その後途絶えてしまいました。

「久乗編鐘(きゅうじょうへんしょう)」は、調律したおリンを釣鐘のように吊下げて、社名「山口久乗(やまぐちきゅうじょう)」にちなんで「久乗編鐘(きゅうじょうへんしょう)」と命名し、消えてしまった幻の編鐘の新しい形での再現となりました。

音は不思議です。音は人間の生活に大きな影響を与えるものなのでしょう。更なる音楽表現の楽器として、情操教育の道具として、そして心の健康や医学の面でもお役に立つよう、大きな広がりを願っています。

すべての項目が有意差をもって変化しています。CD聴取後は、緊張が緩和、抑うつ感は減少、怒りは落ち着き、活気が上昇し、疲労感が軽減しています。女性の場合は活気の上昇が顕著にみられました。
 
リラクセーションや癒しの音楽に欠かせない要素に「1/fゆらぎ」があります。
Mozartの曲や、自然音(川のせせらぎ、雨の音、小鳥のさえずり)などに「1/fゆらぎ」が多く含まれており、これらの音を基調にしたリラクセーションやヒーリング・ミュージックは多数作られています。
今回、おリンの透明感のある音色に注目して分析した結果、自然音と同様に「1/fゆらぎ」が認められました。実際に脳波の変化も、おリンを聴くとβ波が減少しα波帯域が優位になる傾向や、サーモグラフィで末梢の循環が増すという変化も認められ、生理学的にも心身がリラックスしていることが認められました。
人間の身体は、リラックスしているときには、自律神経系の副交感神経が優位に働きます。副交感神経が優位に働くと、精神的にイライラや不安感が緩和され、身体の変化としては、おいしく食事ができるように消化酵素が適度に分泌され、自然に眠りがとれ、緊張による肩こりや頭痛も軽減、血圧や呼吸・脈拍も安定している状態になります。言い換えれば、健康維持のためには“リラックスすること”はとても重要なことです。
澄んだ音色で、日本の文化に欠かせなかったおリンは、実は究極のリラックス・癒しの音であることが、今回の実験で証明されました。科学分析できなかったいにしえの時代でも、人々は何が心を癒してくれるのかをしっかり把握していたと思うと、人間の知恵の素晴らしさを感じます。不思議な世界に誘われそうな音にしばし身をゆだねてみることも、ITの発達した現代人にはリフレッシュのひと時になると思います。

●自律神経のしくみ


一般的に「良い音」とされる音を集めて、その特徴を分析したところ、その多くに「f分の1のゆらぎ」が認められます。音におけるゆらぎとは、音の高低=周波数、あるいは、音の大小=振幅が時間的に変化することを言い、その中でもゆらぎの度合いが、周波数の低いところではゆらぎは大きく、高いところではゆらぎが細かくなっているという定義に適ったものが「f分の1のゆらぎ」です。ゆらぎの大きさと周波数が反比例するところから、周波数の英語表記frequencyの頭文字の“f”をとって、「f分の1のゆらぎ」と呼んでいます。この「f分の1のゆらぎ」には「周波数ゆらぎ」と「振幅ゆらぎ」があり、前者のゆらぎは時間的に周波数が定期的に変動し、後者のゆらぎは時間的に振幅(音の大きさ)が定期的に変動しています。この「f分の1のゆらぎ」の定義に適った音を聞くと、リラックスすることが出来て脳波中のα波が増加してくる傾向がみられます。

◆検査&解説:日本音響研究所所長・アダムスミス大学教授・理学博士・心理学博士  鈴木松美先生

おリンの振幅ゆらぎ

図1は、おリンの打音を周波数分析したものです。図の縦軸は周波数(図中下方0から4000Hzまでを示す)、横軸は時間を示します。表示色は相対信号強度に比例し、レベルが低いところから5dBごとに順に黒→茶→赤→橙→黄→緑→青→紫→灰→白で表示されています。図1中のa、b、cの部分に打音の成分が表示されています。それを見ると、約564Hzでは約2.08秒間隔、約1614Hzでは約0.32秒間隔、約3003Hzでは約0.31秒間隔でその音量が増減しています。
これは前述のf分の1のゆらぎの定義である「周波数の低いところではゆらぎは大きく、高いところではゆらぎが細かくなっている」に適っているものであり、このおリンの音に癒し効果があることが確認できます。

◆検査&解説:日本音響研究所所長・アダムスミス大学教授・理学博士・心理学博士  鈴木松美先生


複数のおリンによる効果

複数のおリンの打音が複合されている部分の周波数分析図です。
図面左より一つのおリンの打撃音があり、右に行くに従っておリンの音が 追加され ていきます。 おリンの余韻が長く響くことにより複数のおリンの音が同時に存在する部分が出来 ます。 2つの周波数が合成されると、その差分のビートが生じます。 このビートによりお リンが単体の時よりも、さらに多くのゆらぎ成分を含む結果となりました。
このようなビートによるゆらぎの現象は、西洋の教会での賛美歌合唱や 東洋の寺 院での声明などに見られるもので、精神安定や瞑想などに効果があるとされるものに 含まれています。

◆検査&解説:日本音響研究所所長・アダムスミス大学教授・理学博士・心理学博士  鈴木松美先生




脳波測定実験

分析によって明らかになったこの楽曲の効果を測定するべく、楽曲を聴いているときの脳波測定を行いました。楽曲による変化を見るため実験開始より1分間無音状態の後、4分間再生を行いました。
一般的に脳が情報処理を行っていない時、すなわちリラックスして休息状態に近い時にはα波及びβ波ともに観測されます。一方、脳が情報処理している時にはα波β波とも減少する傾向がありますが、その減少の度合いがα波の方が激しいため相対的にβ波が優位になります。
この実験では、試験開始時にβ波が優位であった被験者が楽曲が始まると共に徐々にβ波が減少し、α波が優位になる傾向が得られました。
今回の被験者の約75%が無音状態である時より、楽曲を試聴している時の方が、α波が優位になるという結果から、この楽曲のリラックス効果があることが明らかになりました。

◆検査:日本音響研究所
CDを購入する

●お客さまの声紹介

いつも楽しく利用させていただいております。ピアノと水の音、鳥のさえずりなどが大のお気に入りです。仕事で使用しています。もちろんプライベートでも。新しいのが出るのを楽しみにしております。
20代・女性
ちょっと沈んだ感じにも聞こえるが、BGMにかけておくと頭がクリアになっていくようで気分がとても落ち着いてくる。
40代・女性
自宅でパソコンの仕事をしており、不規則な生活になりがちでストレスがたまりやすく、仕事をしながら聴いています。今まで何枚か買っておりますが、この鐘の音は非常にリラックス出来、効果があります。
40代・女性
「癒しの鐘」は聴いている内に気持ちが良くなり、安心して身を委ねることができます。
30代・男性
本当にタイトル通り、ゆらぎ・癒しだと思います。心が落ち着きます。
30代・女性
心理カウンセラーをしていますが、催眠療法に使用する音楽で「della」のCDが一番良いと思っています。これまでにも「究極の眠れるCD」なども購入して毎日聴いています。
20代・男性
CDを購入する

 


ダウンロードファイル形式は、MP3形式 ビットレート 320kbps【規格上の最高音質】です。詳しくは こちら
究極のゆらぎ〜癒しの鐘
曲  名 演奏時間 wmp 試 聴 ダウンロード プレゼント 価 格 選択購入
出会い<であい> 11:56 再生 ダウンロード購入 曲を贈る 250
呼応<こおう> 07:15 再生 ダウンロード購入 曲を贈る 250
虚空<こくう> 10:03 再生 ダウンロード購入 曲を贈る 250
萌風<もえぎのかぜ> 10:32 再生 ダウンロード購入 曲を贈る 250
無窮<むきゅう> 11:06 再生 ダウンロード購入 曲を贈る 250
辿逢<たどりあう> 12:46 再生 ダウンロード購入 曲を贈る 250
悠遠<ゆうえん> 04:37 再生 ダウンロード購入 曲を贈る 250
アルバム全曲「究極のゆらぎ〜癒しの鐘」 68:15   ダウンロード購入 1,500 選択購入

監修/演奏/作曲/作者

監修:鈴木松美(日本音響研究所所長・理学博士・心理学博士)・作曲・演奏:小馬崎達也

<効果的な使用法>

◎CDから流れてくる音に身を委ねるようにして、自然な気持ちで聴くと、一層効果的です。
◎毎日のリラックス・タイムや瞑想時にも最適ですが、普段の勉強・仕事時や、集中したい時、能率を高めたい時、発想力を高めたい時など、生活環境に応じてお聴き下さい。
◎このCDは、久乗編鐘だけの演奏で構成されています。演奏に起因するノイズが多少聞こえる場合がございますが、何卒ご了承ください。

特集記事Pick up article