Category

【癒ログ】いつもがんばっている人に贈りたい*睡眠時に使える癒しグッズ

疲れが溜まっているのではと心配してしまうあなたの周りのがんばりやさんに、癒しのグッズを贈ってみませんか?
睡眠をしっかりとってリフレッシュしてもらいたいという願いをこめた、贈り物にぴったりの癒しの睡眠グッズを5つセレクト!
お友達やご家族のプレゼントのご参考に。

 

眠りのホルモンの分泌をサポート:アイマスク


アイマスクと聞くと飛行機の中で使うものというイメージをもっている人もいるかもしれません。
しかし、安眠のために自宅でもぜひ使いたいものなのです。実は閉じているときでも私たちの目は光を感じます。
そのため、アイマスクで完全に光を遮断することによって、暗くなると分泌される眠りのホルモン、メラトニンがよりアクティブになり、深く眠りやすくなります。
またアイマスクにも色々な種類がありますが、温めるタイプのものは、目の疲労にも効きます。パソコンを使う機会の多いお仕事をされている方へのプレゼントとして特におすすめです。

 

一番寝心地のいい姿勢をサポート:抱き枕

日によっては寝る姿勢が何となくしっくりこなく、何度も寝返りをうってしまうという経験はありませんか? そんなときのお助けグッズが抱き枕です。枕とありますが、頭をささえるためのものではありません。 特に横向きで寝るときに足や腕をのせると身体の重みがかかる部分が分散するので楽な姿勢で眠れます。 また抱き枕を抱える姿勢は、母親のお腹の中と同じで安心感を与えるといわれています。 リラックスして眠るためにぴったりの抱き枕、色々な形やデザインのものが販売されていますが、おすすめはシンプルな形。また洗える素材の物がいいですね。  

贅沢な気持ちで熟睡:シルクのパジャマ

 

FLOOMさん(@floomofficial)が投稿した写真

スポーツ選手がウェアの素材にこだわるのは、それがパフォーマンスに影響するから。パジャマも同じです。
素材によって眠りの質にも違いが。パジャマのためのおすすめ素材ナンバー1は、シルク。
寝ている間に私たちは約コップ1杯分もの汗をかきます。シルクなら吸湿性がコットンの1.5倍。
しかも乾きやすいので湿気を素早く放出し、一晩中さらっとした肌触りが持続します。
他にもシルクの魅力は夏は涼しく、冬は温かいこと。また軽く、肌触りがいいため1晩に20回~30回行う寝返りがスムーズとなり安眠を妨げません。
こんな優れもののシルクのパジャマですが、自分で買うのはちょっと贅沢と躊躇してしまいがち。だからこそ、プレゼントされると喜ばれること間違いなしです。

 

眠りの力で身体リフレッシュ:リカバリーウエア

Tsushi.shiさん(@tsushi.shi)が投稿した写真

疲労は蓄積されると様々な身体の不調を呼び起こします。休養が大切だとは分かっていても、1日は限られた24時間…。 そんな忙しい現代社会、毎日の身体の疲労を眠っているうちに最大限に回復するリカバリーウェアが今注目を浴びています。 ベネクス社の「レッグコンフォート」は眠っているうちに足の疲れの回復を促します。 元々はハードな介護従事者の休息用ウェアのために開発された特殊繊維PHTが、私たちが持っている自己回復能力を引き出してくれます。 スポーツが趣味の方はもちろん、立ち仕事の方、またヒールをはく機会の多い方などにおすすめのプレゼントです。 ・頑張っているあの人へ、体を休めるアイテムを【ベネクス レッグコンフォート】 商品詳細→https://healingplaza.jp/products/ZVE-104  

要の場所を温めて熟睡:お洒落な腹巻

 

睡眠中に温めたい場所ナンバー1は内臓。お腹を温めることで身体全体の血のめぐりがよくなり、ぐっすりと眠ることができます。
お腹を温めるものといえば腹巻。子どもの頃の記憶で「腹巻=ダサいもの」と思ってしまっていませんか?
腹巻がイケていないというのは、もう過去の概念です。イマドキの腹巻はお洒落アイテムに変身!機能性を重視したシンプルな腹巻と、お洒落度が高い腹巻をセットにしてもいいですね。
素敵な腹巻をセレクトしてお洒落なあの人に贈ってみませんか?

 

プレゼントに喜ばれるプチ豪華な癒しの睡眠グッズ

がんばりやさんへのプレゼントは、欲しいけれど自分で買うのはちょっと迷ってしまうというプチ豪華なものをさりげなく贈ると喜ばれます。
自分も買ったけどすごくよかったからぜひ使ってみてね、などのメッセージを添えてあげるのもいいですね。

特集記事Pick up article

ヒーリングストア