Category

【癒ログ】快眠グッズ5選★これさえあれば疲れも吹っ飛ぶ!

疲れを癒してくれる1番のものは、良質な睡眠。
今日は一日忙しくて、もうぐったり…。ゆっくり眠りたいけれど、疲れすぎていて…。
そんなときには快眠グッズの助けを借りてみませんか?
あなたを夢の国へスムーズに誘う、おすすめ快眠グッズ5選の紹介です。

快眠グッズその1:快適パジャマはこれ!

夜寝るとき、しっかりパジャマに着替えていますか?どうせ寝るだけだからジャージでいいや… では良質の睡眠は得られません。 スポーツでウェアやシューズが大切なように、ゆっくり眠るためはパジャマにもこだわりたいものです。 おすすめの素材は肌触りの良いコットン100%、夏なら通気性がよく涼しいガーゼ素材、 冬なら暖かいネル素材が快眠にぴったり。 もっと肌触りにこだわりたい、というときは夏は涼しく冬は暖かいシルク。 私たちの人生の3分の1の時間を占める睡眠。 素敵なお気に入りのパジャマを選びたいものです。

快眠グッズその2:アイマスクで目の疲れもすっきり!

 


パソコンやスマートフォンなどの使用で毎日悲鳴を上げ続けている私たちの目。
視力の低下だけではなく、目の周りの小じわ・くま・くすみが出るなど美容にも大きく影響します。
目が疲れたと感じたら、アイマスクを使って眠ってみませんか?

寝室は暗いと思っていても、完全に真っ暗というケースは少ないでしょう。
アイマスクで気になる薄明かりを遮断して、ゆっくり眠れる環境に整えましょう。

目の周りをアイクリームで栄養補給しアイマスクをつければ保湿効果がアップ、寝ているうちにエステサロンの効果が。
また光の遮断だけではなく、暖めて目の疲れをとることを目的とするものも市販されているので、
用途にあわせてお気に入りを選びましょう。

快眠グッズその3:枕にこだわってみる

ゆっくり眠るために必須のもの、それは枕。合わない枕では、睡眠の質が下がります。 素材や用途によっていろいろな枕がありますが、自分にあったお気に入りを見つけること、それが快眠への近道です。 【枕選びの3つのポイント】 ・幅は頭3個分 ・沈み込まない適度なやわらかさ ・高さは使用中の枕が適切か調べる 【使用中の枕の高さの調べ方】 枕の高さが合わない場合は次の症状が現れやすい ・高い場合:肩や首のこり、朝の頭痛、いびき ・低い場合:顔のむくみ、熟睡しづらい 枕の働きは、ゆるやかなS字を描く背骨の首の部分、頚椎とマットレスの隙間を埋めることです。 そのため枕には、頭だけではなく肩と首ものせましょう。 今日から快眠のために、ぜひお試しください。

快眠グッズその4:あなどれないマットレス

 

Tsubasaさん(@tsubasa_1221)が投稿した写真


肩、首、頭を支える枕と共に快眠のために大切なのは、腰を中心に身体全体を支えるマットレス。
大阪市立大学の研究でも身体に合った敷き寝具(枕とマットレス)で睡眠の質があがり、
日中の疲れが減少すると科学的に実証されています。

人の身体の形は様々なため、実際どのようなマットレスが自分に合うかは個人個人違います。
自分に合ったマットレスを選ぶコツを2つ紹介しましょう。

まず1つめは、マットレスの幅は寝返りが打ちやすいように、肩幅の2.5倍。

また多くの人が悩むのが、マットレスの硬さですが、一般的に仰向けに寝たときに腰の部分が浮くと硬過ぎ、
逆に腰の部分が沈みすぎると柔らか過ぎとされています。
ご参考に。

快眠グッズその5:音楽とアロマのコラボで眠りの国へ

Boho Sideさん(@bohoside)が投稿した写真


ぐっすり眠るための身支度が整ったら、次は寝室の環境を快眠仕様へ。
手軽に寝室の雰囲気をリラックスモードに変えるために、音楽とアロマの力を借りてみませんか?

「ヒーリングCD&アロマオイルSET~for Sleep~至福の眠りの音楽」なら、
心地良い眠りを誘うBGMとリラックス効果のあるラベンダーをベースに、
マジョラムとシダーウッドの香りをアクセントに加えたアロマのセットで、あなたを穏やかな眠りの世界に。

目を閉じて耳と鼻から伝わる眠りへのインビテーションに身を委ねてみましょう。

商品詳細
https://healingplaza.jp/products/ZSL-104SET

快眠グッズを選ぶときのヒント

快眠グッズを選ぶときに大切にしたいのは、「自分が気持ちがいい」という感覚です。
気持ちがいいということは、リラックスしているということ。

良質の睡眠のためには心と身体のリラックスが必要です。
機能性にこだわるだけではなく、お気に入りの柄のパジャマを着るなど感覚的なことでも、
幸せな気持ちで快眠モードになれます。

特集記事Pick up article

ヒーリングストア