Category

【癒ログ】カフェのリラックスタイムに聴きたいお洒落BGM〜5選

忙しい毎日、カフェでの1杯のコーヒーやお茶は、絶好のリラックスタイム。
ほっと一息の時間のお供には、素敵なBGMがマスト。
こんな音楽が流れているカフェなら毎日通いたい!カフェBGMをシーン別に5曲紹介します。
自宅で聴けば、いつもの部屋がお洒落なカフェに早変わり!

朝の日差しを浴びてモーニングコーヒータイム

朝早起きした日は、何か得をした気分になりませんか? せっかくの朝の時間、ゆっくり自分のためのカフェタイムに使ってみましょう。 気持ちのいい朝におすすめの音楽はフランス発、お洒落姉妹ユニット、レ・ヌビアンがおくる「マケダ」。 フランス語にのせられたメロウなR&Bに色々な音楽がミックスされたエキゾチックミュージックは、都会的なクール感と共に肩の抜けリラックス感も。 いつもよりちょっぴりお洒落して聴きたいカフェBGMです。 原題:”Makeda” by Les Nubians

しっかり食べて午後もアクティブ!昼のランチタイム

 


時間がないとか、ダイエットなど自分に言い訳して、手抜きランチにしてしまっていませんか?
素敵な大人の女性を目指すなら、バランスのいい昼食をしっかり食べること。
こんな音楽が流れているカフェでランチタイムを過ごすことができたら、ということでセレクトしたのはニコラ・コンテの「イル・チェルキーオ・ロッソ」。
イタリア発のスタイリッシュなラウンジ・モードジャズでお洒落で音楽にうるさいヨーロピアンたちを虜にしているニコラ。
ボサノバのリズムが軽快な「イル・チェルキーオ・ロッソ」は楽しいランチタイムのカフェBGMにぴったり!
原題:”Il Cerchio Rosso” by Nicola Conte

ホッと一息夕方のトワイライトタイム

黄昏時、一日の疲れにふと気づいたら、カフェでほっと一息のブレイクタイム。 一日が終るまでもう少し、そんな時は癒されるカフェBGMを聴きたいですね。 ジャズとアモールをセットにしたユニット名も小粋なジャザモールがドイツからおくる「ラビン・ユー」。 昼と夜の狭間、トワイライトタイムにぴったりのちょぴり憂いを帯びたサウンドと、透明感のあるボイスで、極上のカフェBGMに仕上がっています。 夕日の見えるカフェで聴くなら最高です。 原題:“Lovin’ You” by Jazzamor

憂鬱な気分をリフレッシュ雨の日のカフェタイム

 


雨降りの日はジメジメとして、何となく気持ちも憂鬱になってしまいますよね。
それなら思い切って雨を楽しんでみようと、気持ちの切り替えをしてみませんか?
素敵なカフェの窓際の席に座って、雨音に耳を傾けてみましょう。
癒し効果のある雨音、じっと聴いてみればリラックスするはずです。
雨音に似合うカフェBGMに選んだのは、シカゴの詩人テリー・キャリアーの「パリス・ブルース」です。
ソフトでジャージーなボサノバのリズムをBGMに、眺める雨の日の風景は、どこかいつもと違って見えるはず。
原題:”Paris Blues” by Terry Callier

週末は家族や友達とハッピーカフェタイム!


家族や友達と過ごすウィークエンドのカフェタイムはいつもとはちょっと違ってにぎやか。
笑い声と一緒に過ごすハッピーカフェタイムはBGMも楽しいものがいいですね。
生まれ故郷のブラジルのサウンドにイタリアンテイストを加えたロザリア・デ・ソーザのキュートで陽気な作品「マール・アマール」。
お昼時のカフェBGMで紹介したニコラ・コンテのプロデュースバンドのヴォーカリストとしてデビューと、そのお洒落感はお墨付き。
笑顔が似合うカフェBGMです。
原題:”Mar Amar” by Rosalia De Souza

カフェBGMにはこんなタイプの音楽を

同じブランドのオレンジジュースのはずなのに、自宅とカフェでは味が違うような気がすることはありませんか?
カフェの心地良い雰囲気の秘密は、非日常でもない、日常でもない空間、そんな程よい日常との距離感。
つまりちょっとお洒落だけれど、リラックスできる、最先端ではないけれどモダンでどこか懐かしい雰囲気のサウンド、カフェBGMにぴったりなのはそんなタイプの音楽です。

特集記事Pick up article

ヒーリングストア