Category

真夏におすすめ!太陽が似合うBGM5選

晴れた夏の日の午後は、うだるような暑さに滅入ってしまうのではなく、その季節にあった楽しい音楽を聴いて元気いっぱいに過ごしたいです。

そんな天気のいい晴れた夏の午後に聴くと、心がウキウキと踊り出す、またはクールダウンできる、オススメソングを紹介したいと思います。

Orange Range “ロコローション”

Yuki Fujinoさん(@fujip1990)が投稿した写真

夏。 太陽が照りつける夏。 海に飛び込みたくなるような暑い夏。 そんな夏にピッタリのナンバーが、とってもポップでアゲアゲなパーティーチューン、オレンジレンジのロコローションです。 夏といえばこのアーティストというイメージの強いオレンジレンジの代表曲で、これを聴いたらどんな暑さであろうが、夏を楽しく感じること間違いなし。 元ネタとして、Kylie Minogueという女性アーティストの大ヒットナンバー、ロコモーションを使っているとあって、曲のキャッチーさは抜群。たとえ聞いたことない人でも、すぐにメロディーが頭に焼き付いてしまうはず。 この曲を聴いて、元気で暑さを吹き飛ばしてしまいましょう!

Owl City & Carly Rae Jepsen “Good Time”

 


大人気ポップシンガーのOwl Cityと、こちらも人気絶頂の歌姫、Carly Rae Jepsenの二人がコラボした大ヒットソング、Good Time。こちらも晴れた夏の午後にピッタリのご機嫌ソングになっています。

軽快な手拍子の音が、ただでさえノリのいい楽曲を盛り上げてくれ、サビに入ったら、思わず楽しくて、Wow Wowとコーラスを歌いながら踊りたくなること間違いなし。

友人たちと集まって遊ぶときにもってこいなのはもちろん、暑さの中頑張るぞ!と自分を鼓舞するのにも使えるハッピーチューンです。

ポルノグラフィティ “ミュージックアワー”

WTさん(@flm.wt)が投稿した写真

清涼飲料水、ポカリスエットのCMソングに使われていたほど、とにかく夏、太陽、海というイメージにピッタリなのが、ポルノグラフィティの代表曲、ミュージックアワーです。 恋に悩む女性をリスナーにたとえて、その悩みをラジオのMCがポジティブに解決してしまうという、聞くだけでとても元気が出るナンバーです。 どうしても夏の暑さというのは、テンションが下がってしまいがちですが、この曲を聴いていると、その暑さで自分自信の心も熱くして、様々な困難に立ち向かう挑戦をしてみようと、ポジティブになれるパワーを持っている曲だと思います。

Jason Mraz – I’m Yours

 

Yari Moroさん(@yarimoro)が投稿した写真

ここからはクールダウン編。

暑かった夏の日の疲れを癒してくれる気持ちいい曲を紹介します。
暑かった夏の午後も、夕方になって日が傾いてきたら、その日の疲れをリフレッシュするためにぜひとも聴いて欲しいのが、Jason MarzのI’m Yoursという曲です。

涼しげなウクレレをバックに、ソフトでセクシーな歌声で歌い上げられる曲は、暑さで知らず知らずのうちに疲れてしまった体にすっと染み入っていくはず。

また、聞いている場所がたとえどこであっても、夕暮れのビーチでゆったりと休んでいるような、幸せな気持ちになれる曲なんです。

Sublime “Santeria”

seasun-55さん(@seasun_55)が投稿した写真


最後に紹介するのは、カリフォルニア・ロングビーチ出身の伝説的スカ/レゲエバンド、Sublime の代表曲、“Santeria”です。

メロウなギターを基調としたサウンドと涼しげなアレンジは、夏の夕暮れから夜にかけての時間に聞く、クールダウンソングとして、とてもピッタリです。

柔らかいタッチで紡がれる歌と、横ノリのゆるーい楽曲が本当に気持ちいい曲。
また、ソウルフルなボーカルの声が、とっても雰囲気があって心に染み入るんですよね。

夏の日の終わりに、疲れを癒しながら、お家でまったりとした気分で聴きたい楽曲です。

暑い夏を音楽を聴いて元気に過ごそう!

以上、夏の晴れた日の午後に聞くのにピッタリな楽曲を紹介しました。

夏の日の午後は、ハッピーな気持ちになれる曲を聴いて元気に乗り切って、夕方から夜にかけては、涼しげで気持ちのいい曲を聴いて、しっかりとクールダウンする。そうすれば、暑い季節も元気に乗り切れるはずです。

特集記事Pick up article

ヒーリングストア