Category

ヒーリングに期待大!ヨガ音楽の魅力

心身をリラックスさせるのに効果的なヨガ。ヨガタイムに心地良い音楽を聴くと、その効果も倍増します。
またヨガ音楽は、ただ聴くだけでもヒーリング効果がある優れもの。
ヨガにいい音楽といっても色々。そこで5つのジャンルに分類してヨガ音楽を紹介します。

自然の音をリミックス!

雨音や、鳥の歌声、海のさざなみなど、自然界にはリラックスできる音がいっぱい。 このような自然の音は脳のα波を引き出し、心身をリラックスした状態にしてくれます。 この自然の音に、ボイスや楽器の音をリミックスさせた音楽もよくヨガで使われます。 その際あくまでも自然の音が主役なので、ボイスや楽器の音があまり大きくないものを選びましょう。 ヨガ以外にも、読書や考え事をしたいとき、仕事に疲れてゆっくりしたいときのお供にもおすすめです。

インドの伝統楽器の音に癒される

 


ヨガの発祥の地インドには、色々な伝統楽器を使用した音楽があります。
シタール、ヴィーナ、サロード、タンブーラといった弦楽器、ムリダンガム、
タブラといった太鼓の一種、シャハナーイ、バーンスリといった笛類などが代表的なものです。
これらのインドの伝統楽器は、癒しにいいといわれる倍音を生み出し易いといわれています。
インド伝統楽器で奏でる音楽の特徴はまず西洋音楽のような和音という考え方がなく、基本的に単旋律です。
またインドでは音楽は宇宙の代弁者であるとも考えられています。
そのようなシンプルで、壮大な世界観を持つインド音楽は、まさに癒しの音楽といえるでしょう。

ヨガの真髄、マントラ

YOGA SPOTさん(@yogaspot)が投稿した写真

マントラとは、サンスクリット語で「文字」や「言葉」の意で、瞑想のときに唱えるお経のようなものです。 ヨガでは、はじめと終わりにマントラを唱えることが多いそうです。 マントラにも色々な種類のものがありますが、どれもヨガでの集中力を高める効果があります。 マントラ音楽には、インドの高僧がシンプルに唱えているものから、モダンなリズムとビート感があるもの、 有名歌手のものなど様々なタイプのものがあるので、お好みのものを探してみてはいかがですか?

クラッシックもあいます

 

@danielmartynlewis_pianistが投稿した写真


リラックスでき、ゆっくりとしたリズムの落ち着いた曲であれば、クラシックも、実はヨガにあうのです。
例えばタイス作曲の「タイスの瞑想曲」。この曲はオペラの間奏曲ですが、タイトルの通り、主人公のタイスが瞑想するシーンで流れる曲です。
またバッハの「ゴルトベルク変奏曲」もヨガにおすすめです。
この作品はできればピアノではなく、チェンバロで演奏されたバージョンを聞きたいものです。
チェンバロは一見ピアノに非常に良く似ていますが、音を出す仕組みが全く違います。
ピアノは弦をたたく「打弦楽器」ですが、チェンバロは弦をはじいて音を出す「撥弦楽器」です。
そのためチェンバロの音はピアノよりはるかに多い倍音を含んでいるといわれています。

チルアウトで究極のリラックス


チルアウトとは、元々ディスコやクラブなどで踊ったからだの火照りをクールダウンさせるための音楽としてして生まれ、クラブ音楽の聖地、スペイン・イビサ島で発達しました。
ヒーリング目的の静かな曲調ではありながら、リズム感のあるチルアウトは、リラックスと集中を必要とするヨガにぴったりです。
くつろぎをもたらすスローなメロディーの傍らで常にキープされるビート感が、都会的な癒しをもたらします。
クールな感覚のリラックスを求めている方におすすめなのがチルアウトです。

ヒーリングの元祖ヨガ音楽

心とからだを日頃の疲れから解放してくれるヨガ。疲れをとり、心身のバランスを整える手助けが目的のヨガ音楽は、
ジャンルは違っても、癒しの効果を持つという点は共通です。
ヒーリング効果抜群の上に、シンプルなものが聞きたい、エキゾチックなものが聞きたい、
モダンなものが聞きたい、とその日の気分に合わせて選べるのが、ヨガ音楽の魅力です。

特集記事Pick up article

ヒーリングストア