Category

【懐メロで気持ち穏やかに】90年代ラブソング5選

ふと疲れを感じたとき、懐かしいものに思いを馳せてリフレッシュするのはどうでしょうか。
この記事では、20代から40代の方であれば、誰でも懐かしいと感じるであろう、90年代のラブソングを紹介したいと思います。

・小田和正 「ラブストーリーは突然に」

Naoki Kobayashiさん(@naokby)が投稿した写真

ドラマ「東京ラブストーリー」で使われていたことであまりにも有名な曲、「ラブストーリーは突然に」。 もちろん、そのドラマを知らない世代でも、一度は耳にしたことがあるであろう、小田和正さんの名曲です。 人の出会いや人生というのは、本当に奇跡のようなもの。 それを聴くだけで感じさせてくれる曲を聴けば、日頃の嫌なことやつらい出来事に対しても、感謝の気持ちが芽生えるのではないでしょうか。 小田さんの美しい高音ボイスも癒し度がかなり高く、ずーっと聴いていたくなりますね。

・米米CLUB 「君がいるだけで」

 


90年代を代表するエンターテインメント集団、米米CLUB。
その3枚目のシングルとして1992年にリリースされた「君がいるだけで」は、タイトルだけ聞けばシンプルなラブソングですが、
じっくり曲を聴けば、自分自身にエールを送る応援ソングになっていることが分かります。

その派手な演出や濃いキャラクターで取りあげられることの多いボーカルの石井達也さんですが、その歌唱力はピカイチ。
心に直接訴えかけてくるインパクトの強い歌声は、自分自身を勇気づけてくれるとともに、リフレッシュさせてくれること間違いなしです。

ZARD 「揺れる思い」

美しく強い女性ボーカリスト、坂井泉水を擁するロックユニット、ZARD。 90年代に数々のヒット曲を残したユニットとしてあまりにも有名な彼女らですが、 そんなZARDの魅力である「キラキラ」とした明るさが全面に出たラブソングが、「揺れる思い」です。 この曲は、恋が始まった瞬間のピュアな乙女心をシンプルに歌った内容の歌詞。 聴くだけで、心の中が澄み渡るような爽快感になれるとともに、クヨクヨ悩んでいたことや、 日頃の疲れが一気に飛んでいくような気持ちになれる曲です。 曲を聴き終わった後に訪れる幸福感に酔いしれてみてください。

・DREAM COMES TRUE 「LOVE LOVE LOVE」

 


ドリカムことDREAM COMES TRUEの最大のヒット曲、「LOVE LOVE LOVE」。
タイトルからして愛が溢れる内容となっていますが、優しく気持ちを込めて歌われる歌詞をじっくり聴けば、
きゅんきゅんとした恋愛の苦しさや、それでも充実していると感じられる恋愛の素晴らしさを感じることができます。

クライマックスは、ラストのコーラスパート。
愛というのは、時にわずらわしいものだけれでも、結局は素晴らしいものなんだということを教えてくれるパートですね。
曲に合わせて口ずさむことで、心が穏やかな気持ちになること間違いなしです。

・スピッツ「ロビンソン」

noriko☆さん(@miffy720)が投稿した写真


柔らかなタッチで、二人だけの世界に入った激しい恋愛について歌われた名曲、スピッツのロビンソン。
メランコリックなイントロから始まり、かき鳴らされるアコースティックギターやふわふわとしたシンセサイザーの音、その曲全ての要素に癒される名曲です。

明るさと切なさが絶妙なバランスで配合されたメロディーは、
たとえ歌詞の主人公と境遇は似ていなくとも、懐かしい気持ちを呼び起こしてくれます。
そして、呼び起こされた過去の思い出に、しばし意識をゆだねて心を落ち着かせる。
そんなリフレッシュ方法なんて素敵じゃないでしょうか。

・懐かしい記憶を呼び覚ましてくれる名曲たち

以上、有名な90年代の楽曲、それもラブソングばかりを5曲紹介してみました。

冒頭にも書きましたが、懐かしい記憶に思いをはせるという行為は、とても癒し効果の大きい行為です。
そして、忘れていたような記憶をすっと呼び覚ましてくれるのが、かつて自分が聴いていた音楽だというケースは非常に多いのです。

今回紹介した名曲たちを聴けば、きっと思い出す懐かしい記憶があるはずです。
そして、その記憶たちに身をゆだねて、しばし今の生活を忘れて、リフレッシュしてみてください。

特集記事Pick up article

ヒーリングストア