Category

【懐メロを楽しむ】90年代アルバム5選

懐メロを聴いて懐かしい気持ちになって癒されるのはどうでしょうか。90年代の音楽は、今なお多くの人に愛され、聴き続けられている名曲がたくさんあります。
この記事では、そんな90年代のオススメのアルバムを紹介したいと思います。

・スピッツ 「インディゴ地平線」

誰もが知っている、日本を代表するポップバンド、スピッツの通算7枚目のアルバムが「インディゴ地平線」です。 1996年にリリースされたこのアルバムには、小学校の卒業式などでも歌われることの多い名曲「チェリー」の他、 ポッキーのCMに使われたシングル曲「渚」も収録されています。 また、隠れた名曲として知られるのが、アルバムのタイトルトラック「インディゴ地平線」。 シングルカットこそされていませんが、PVが作られており、名曲として知られています。 インディゴというキーワードが象徴するように「青」という色を意識させる、ゆったりとしたナンバー。 音に包まれることで、安らかな気持ちになれる曲です。

・Mr. Chirldren 「深海」

スピッツと並んで国民的バンドとして知られるミスチルことMr. Children。
1996年にリリースされた5枚目のアルバム「深海」は、バンド初のコンセプトアルバムとなっており、
アルバム全体を通して、テーマや楽曲の雰囲気が統一されています。

そのため、アルバムがリリースされた時期に発表され、売れに売れたシングル曲、
「Tomorrow never knows」や「シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜」は収録されていません。
アルバムのタイトル通り、収録曲は暗くて重たい曲が多くなっていますが、ファンからの評価は高く、バンド一の名盤という声も多いです。

ミスチルは今でも現役で活躍するバンドですが、シングル曲ぐらいしか知らないという人は、
ぜひ90年代にリリースされた名盤を聴いて、バンドの奥深さを感じ取ってください。

・松任谷由実 「THE DANCING SUN」

のんこさん(@mamiwanko)が投稿した写真

40年以上も日本の音楽シーンの最前線で活躍し続けている女性シンガー、 【ユーミン】こと松任谷由実の、1994年にリリースされた26枚目のフルアルバムが「THE DANCING SUN」です。 このアルバムで特筆すべきは、やはり、NHKの朝ドラの主題歌として使われ、爆発的にヒットした名曲「春よ、来い」が収録されていることでしょう。 自身の感情を、素晴らしい季節である春を待つ気持ちに重ね合わせて歌われた歌詞は、その後、国語の教科書に乗るまでに。 そんな、聞けば情景が浮かんでくる名曲は、季節関係なく、心に癒しと憂いをもたらしてくれます。

DREAMS COME TRUE 「LOVE UNLIMITED∞」

 


日本のポップユニット、ドリカムことDREAMS COME TRUE。
1996年にリリースされた8枚目のアルバムが、「LOVE UNLIMITED∞(アンリミテッド)」です。
タイトルの通り、愛についての曲がたくさん収録されています。

このアルバムを代表するのが、切ない気持ちを歌いながらもそのメロディーの温かさから、
聞くだけでぬくもりを感じることができる名曲「LOVE LOVE LOVE」。
ドリカム史上、最も売り上げが多かったシングル曲ですが、アルバムには別バージョンが収録されています。

また同じくシングルカットされている「家へ帰ろ」は、恋愛のことを歌った曲ながら、疲れた仕事帰りに聴くと誰でも癒される曲なのでオススメです。

・GLAY 「pure soul」


90年代を代表するロックバンドといえば、GLAYでしょう。
CDの売り上げ数や、ライブの観客動員数など、様々な日本記録を持っているビッグなバンドですが、
そんなバンドの勢いが最もすごかった時期にリリースされたアルバムが、4枚目のアルバム「pure soul」です。

GLAYといえば、ギターのサウンドがけたたましく鳴り響く激しい音楽というイメージの人も多いかも知れませんが、
このアルバムは全体的にポップな仕上がりになっています。
シングルカットされた「SOUL LOVE」はとてもキャッチーな曲。
さらにタイトル曲「pure soul」は、ちょっぴり切ないバラードになっています。

もちろん、激しい音楽を聴いてリフレッシュしたいという人にもオススメのアルバム。
なんといっても、シングル曲として知られる「誘惑」のロックサウンドのカッコよさはたまりません。

90年代のオススメアルバムまとめ

1曲単位で聴くのとは、全く違う感情を感じることができるのが、全体のテーマや心地よい曲順なども考えて作られたアルバムです。

普段、忙しい生活を送る中で、なかなか時間は取れないと思いますが、リフレッシュのための時間を取ることは大事です。
アルバム1枚をまるっと聞く時間をとって、音楽の持つ力に癒されたり元気をもらったりしてみては、いかがでしょうか。

特集記事Pick up article

ヒーリングストア