Category

【音楽】ソルフェジオ周波数を音楽で♪癒しを体験しよう

ソルフェジオ周波数とは

piano

ヒーリングミュージックによく用いられている「ソルフェジオ周波数」という言葉、聞いたことはありますか? なにやら難しそうな響きですが、ものすごいパワーを持った周波数なんです。

ソルフェジオ周波数は、物質と人間の意識に働きかける特定の周波数で、 全部で9つの種類のソルフェジオ周波数が知られています。 それぞれの周波数によってもたらされる効果は異なりますが、 それらの効果は遺伝子学の研究者の論文にも登場するほど、科学的根拠を持ったものとされています。

ソルフェジオ周波数が持つ癒し効果とは

ソルフェジオ周波数が持っている効果は、上記でも説明したようにその周波数の種類によって異なりますが、 全てにおいてマイナス状態から立ち直らせてくれる効果であったり、 罪の意識から解放してくれる効果であったりと、 現代社会を生きる我々にとってまさに「癒し」と呼べる効果ばかりなのです。 ソルフェジオ周波数は古くは聖歌などからも発せられることが分かっており、 そういったソルフェジオ周波数が出る音楽を聴くことで、癒しの効果が得られるというわけなんです。

ソルフェジオ周波数の種類

 

Caucasian woman practicing yoga at seashore

全てで9種類あると言われているソルフェジオ周波数の全てと、 その効果について紹介したいと思います。 最も有名なのが、528Hzの周波数を持つ音。 これは、DNAを修復する効果があると論文で発表されたことで、知名度が急激に上昇しました。 この周波数には、無限の可能性を感じられる効果があると言われてます。 その他の周波数と効果については、以下に箇条書きで示します。

  • 174Hz 意識の拡がりや苦痛を軽減する
  • 285Hz 様々な領域に関する意識を得られる
  • 396Hz 罪悪感や恐怖から解放する
  • 417Hz 変化に挑戦する心や知性を持つことができる
  • 639Hz 人間関係を向上させる
  • 741Hz 問題を解決する力や表現力を持つことができる
  • 852Hz 直感力を覚醒させる
  • 936Hz 宇宙と意識下でつながることができる

ソルフェジオ周波数を持つ音楽、その1

P3 ボタフメイロ(大香炉)

それでは上のような癒し効果を持つソルフェジオ周波数を持つ音楽には、どのようなものがあるのでしょうか。 もともとソルフェジオが最初に使われたのは、 ローマカトリック系の教会で歌われるグレゴリア聖歌だと言われています。 グレゴリア聖歌は、9世紀から10世紀の間に作られたとされており、 その頃の音階がソルフェジオ周波数を持っていたのではないかと言われているのです。 グレゴリオ聖歌は、伴奏もなく一つの旋律のみで構成される聖歌と知られています。 近年、ソルフェジオ周波数が注目を浴びたことで、グレゴリオ聖歌集なるCDも販売されているようです。

ソルフェジオ周波数を持つ音楽、その2

近代でソルフェジオ周波数を意識して音楽を作っていたのではないか、と言われているのが、
イギリスのロックバンド、ビートルズのメンバーとして知られるジョン・レノンです。

彼は、ソルフェジオ周波数の中でも、特に528Hzの音に注目をしており、
彼の作った楽曲にはたくさんの528Hzの音が取り入れられていると、
ソルフェジオ周波数の効果を提唱した研究者、レオナルド・G・ホロウィッツの本に書かれているようです。

中でも、Tomorrow Never Knowsというビートルズの曲は、
528Hzの音だけを使って作曲された曲と言われており、その癒しの効果は高いことが予想されます。

ソルフェジオ周波数に癒されよう

癒しの効果を持つといわれる魔法の周波数、ソルフェジオ周波数について紹介しました。
DNAをも修復するという学説は、あくまで個人の見解にすぎないという意見もあるようですが、
ソルフェジオ周波数のヒーリングミュージックが増え、癒し効果を体験する人が多数いるのは事実です。

ソルフェジオ周波数の音楽で癒し空間を作ってみてはいかがでしょうか。


関連商品
▶︎ インナー・エナジーシリーズ
関連記事
▶︎528Hzの音楽で癒される「ソルフェジオ周波数」

特集記事Pick up article

ヒーリングストア