Category

【レシピ】「疲労解消のためのレシピ」〜疲労回復!ビタミンたっぷり緑野菜のニース風ごちそうサラダ

新緑の季節となりました。

旬の緑野菜には疲れた体をいたわる栄養素がたっぷり。

green vegetables

さやえんどうやスナップえんどう、いんげんなどにはビタミンB1やビタミンCが豊富に含まれています。
ビタミンB1はエネルギーの代謝に必要で、疲労物質を分解する働きがあります。
また、ビタミンCは風邪予防や紫外線対策に効果があると言われています。

これらのビタミンは水溶性ビタミンなので、茹で時間を短くしたり、水に長く浸さないなど、ビタミンを逃がさない工夫をしましょう。

旬のおいしい野菜でいつも頑張っている自分をいたわって元気な毎日を過ごしたいですね。

*緑野菜たっぷりニース風サラダ

DSC_1227

「緑野菜」は今の時期に美味しい、初夏の「さやもの」野菜です。今回は3種類を使いましたが、手に入るお好みのものでOKです。また、国産のものが旬のアスパラガスや、今ならきれいに洗って皮ごと食べても美味しい新じゃがいもも使い、栄養バランスも考えて、ゆで卵やツナもプラスした、デパ地下のデリ風ごちそうサラダを作ってみましょう!

材料(2人分)
  • 新じゃがいも…………….. 1個(150g)
  • いんげん………………………. 6本
  • スナップえんどう……………….. 6枚
  • 絹さや………………………… 8枚
  • アスパラガス…………………… 2本
  • ゆで卵………………………… 2個
  • ツナ缶小………………………. 1缶
  • ブラックオリーブ(種抜き)…. 5粒(あれば)
  • ミニトマト…………………….. 4個
  • レタス………………………… 2枚
【ドレッシング】
  • アンチョビ………………. 2~3枚
  • にんにく……………….. 1/2かけ
  • 塩………………………. 小さじ1/2
  • 黒こしょう………………… 少々
  • レモン汁……………….. 大さじ1
  • オリーブ油……………… 大さじ2

 

作り方
  1.  じゃがいもはきれいに洗って1cm厚さの半月切りにします。いんげん・スナップえんどう・絹さやはヘタと筋を取ります。アスパラガスは下半分をピーラーで皮をむきます。
  2.  鍋に水・塩適量(分量外)・じゃがいもを入れて火にかけます。沸騰してきたら①の他の野菜を入れてサッと茹でて氷水で急冷し、水気を取ります。じゃがいもは5分位して火が通ったらザルにあげ、そのまま冷まします。
  3.  ②・レタスは食べやすい大きさに切り、ミニトマト・ブラックオリーブは半分に切ります。茹で卵は殻をむいて4等分に切ります。
  4.  アンチョビ・にんにくをみじん切りにし、ボウルに【ドレッシング】を合わせてよく混ぜ合わせます。
  5.  器に③・ツナを盛り付け、④をかけます。DSC_1218

木々の緑が濃くなり、外で過ごしやすい時期ですので、このサラダに果物やパンを合わせてBOXに詰めて、森や山へピクニックに出かけてみてはいかがでしょうか?


合わせて読みたい記事
▶︎【レシピ】春の「自律神経にやさしい」簡単レシピ「洋風アスパラガス白和え」
▶︎【癒ログ】都心から1時間で大自然!秩父多摩甲斐国立公園を知っていますか?
合わせて聞きたい音楽

 

この記事の担当ライター
山本 理江
山本 理江

【管理栄養士・フードコーディネーター・ジュニアアスリートフードマイスター・6次産業化プランナー】

出産を機にフリーランスの管理栄養士として栄養指導に従事。その後レシピ作成・メニュー開発などを始めて徐々に活動の場を増やしていく。現在は、栄養指導1000人以上、数千点のレシピ作成を行う他、コラム掲載、料理番組のフードコーディネートも行っている。ホームページ▶︎http://www.masae-y.info/

山本 理江の他の記事を読む

特集記事Pick up article

ヒーリングストア