Category

6種のアロマオイルが新登場。香りの特徴を一挙ご紹介~Part③リフレッシュ~

Bottle of essential oil, body care cream sample, stones, flowers.

良質な音楽を聴くことと並んで、気持ちを落ち着けてリラックス効果が高いとされるのが香り。
嗅覚は他の感覚よりもダイレクトに脳に伝わり、気持ちに作用すると言われています。

このたびヒーリングプラザからは、6種のアロマオイルが新登場。
「リラックス」「リフレッシュ」「スリープ」の3タイプに、それぞれ2種ずつの異なるブレンドがラインナップしました。
☆既に好評販売中のアロマオイル3種はこちらから☆

香りの好みは人それぞれなばかりではなく、ほんのわずかなブレンドの違いで、感じ方が大きく変わるのも香りの特徴です。
Part③最終日の本日は、6種のアロマオイルから“リフレッシュ”の特徴をご紹介します。

リフレッシュ

ユーカリウッド

della_box_REFRESH_b
森林の空気のような香りのブレンドです。

ブレンドされているのは、ユーカリ、パイン、ヒノキ。

パインとヒノキはPart②でご紹介したヒノキフォレストにも入っていて、効能としては空気清浄作用や鎮静作用が望めます。

メインとして入っているユーカリは、気持ちをすっきり整理し、ポジティブな思考に導いてくれるもの。
爽快感が強く、集中力や記憶力を高めてくれます。
また、鼻詰まりをスッキリさせてくれる作用も。

クリアな香りは、ここぞというときのサポートにもぴったり。
けだるい午後もすっきりと過ごせそうです。

クールラベンダー

della_box_REFRESH_c
ラベンダー、ペパーミント、ブルーサイプレスのブレンド。

ラベンダーは安眠効果やリラックスしたいときに頼るイメージが強いのですが、不安を和らげ活力を取り戻す作用も。

そのラベンダーにすっきりと爽快な香りのペパーミントと落ち着くウッディーな香りが混ざり合い、気持ちを穏やかにリフレッシュさせてくれます。

Woman in cozy home wear relaxing at home with sleeping dog Jack Russel terrier, drinking cacao, using laptop, top view. Soft, comfy lifestyle.

香りを味方に、心のバランスをコントロール

ストレスのリリースにはさまざまな手段がありますが、嗅覚に頼るのも1つのアイデアです。
冒頭でも少しだけ解説しましたが、香りは脳にダイレクトに、しかもほかの感覚より早く伝わる物質。

香りは脳の中でも感情を司る「大脳辺緑系(だいのうへんりょくけい)」に直接伝わり、自律神経を調節する「視床下部(ししょうかぶ)」に作用するそう。大脳辺緑系は快・不快を本能的に嗅ぎ分ける本能的な部分でもあり、本能的意欲や感情に影響を与えます。

ただし、同じアロマオイルでも人によっては不快と感じる場合があるのが難しいところ。まずは「好きな香り」を探すことが大切です。

眠れない夜、イライラしてどうしようもないとき、集中したいのになかなかできないとき…。
お守り代わりにアロマオイルを使ってみましょう。香りがあなたの気持ちをすっと落ち着かせ、心地よい時間をもたらせてくれるはずです。

Hand drawing unhappy and happy smileys on blackboard background

販売店舗
全国の下記店舗(※一部の店舗を除く)で好評発売中!
・有隣堂
・タワーレコード
・山野楽器
・東急ハンズ
・未来屋
・ハンプティ・ダンプティ

※Healingplazaでも近日発売予定です。ご期待ください!

この記事の担当ライター
orange
orange

東京郊外に暮らす、男の子と女の子のママです。
緑がたくさんあるところにいくのがいちばんの癒し。
心地よい音楽があれば、さらにハッピーです。

orangeの他の記事を読む

この記事からのおすすめアイテムRelated Items

他にもこんな記事がおすすめRelated Posts

関連記事

特集記事Pick up article