Category

【癒ログ】母の日には、お母さんも喜ぶこんな「ありがとう」の伝え方はいかが?

もうすぐ母の日。日頃の感謝をこめて花やプレゼントを贈る人も多いのでは。でも、気の置けない親子の間だからこそ、改めて「ありがとう」の言葉を伝えるのって意外と難しいものですよね。

母としても、こうしてもらえると嬉しい、「感謝の気持ちの伝え方」をいくつかご紹介します。用意したプレゼントに+αの贈りものにも、きっと喜ばれるはず!

Mothers Day message card with carnation flowers and heart shaped lights

いつも忙しいお母さんに、のんびり過ごす「朝時間」をプレゼント

お母さんっていつも忙しそう。その象徴的な時間が朝ではありませんか?
家族の誰より早く起きて、食事の準備に後片付け。掃除に洗濯。しかも、家事には休日がないのもつらいところです。
たまには朝寝坊をしたり、家族が用意してくれた朝ごはんを食べたり、ゆったりしたひと時を過ごしてもらえたらステキなプレゼントになるはず。
「母の日くらいは、ゆっくりしてね」
朝のコーヒーと一緒に、そんな言葉を伝えられたらステキですね。

キッチンに立ちっぱなしのお母さんに、「お昼ごはん」を贈ろう

家族が仕事や学校に出かける平日と違って、休日のお母さんは食事の用意をするのが大変なもの。朝昼晩と手作りの食事を用意するとしたら、実際、1日中キッチンに立ちっぱなし、食事のことを考えっぱなしになってしまうほど!
だからきっとお母さんに喜ばれるのが、お昼ごはんのプレゼント。家族で外食はもちろん、おいしい懐石風のお弁当を用意して家でのんびりいただくのも気軽でおすすめ。
「上げ膳据え膳って、それだけでおいしい!」なんて、にっこりしてくれたらうれしいですね♪

こんなお料理はいかがでしょうか?▶︎春の「自律神経にやさしい」簡単レシピ★アスパラ入り洋風白和え

HPZ_記事4月_山本理江様_Pic

新緑や花がきれいなスポットへ出かけて、「思い出」をプレゼント

「今日はお母さんが行きたいところへ行こうよ」
子どものころ動物園や遊園地へ連れて行ってくれたお母さん。母の日にはお母さんが行きたいところへ連れて行ってあげませんか。
新緑が気持ちいい季節ですし、藤やバラ、つつじなどの花も見ごろ。近くに有名なスポットはありませんか?
大がかりな旅行を計画せずとも、数時間のドライブやちょっとしたお出かけだってステキな思い出になるはずです。

Teenage girl hugging and kissing her mother h outdoor in nature on sunny day

森林浴に最高なお出かけスポットもオススメです▶︎都心から1時間で大自然!秩父多摩甲斐国立公園を知っていますか?

33860ada0294152635f15cfa633af8f0_s

おいしいお酒、それともデザート?たまにはじっくり「聞き役」に

夕食の後はお母さんが好きなお酒とおつまみ。またはデザートと紅茶を用意しておしゃべりタイム。いつも悩みや愚痴を聞いてくれるお母さん。母の日くらいは話を聞く役に徹してみましょう。
上手な聞きかたのコツは「うん、うん」と相槌を打って聞いているよ、と示すこと。悩み事などを打ち明けられた時は解決しようと焦らずに、「そうなんだね」「なるほど」とまずは気持ちを受け止めること。
気の利いたことを言わなくちゃなんて思わなくても、それだけで十分、お母さんの心をほぐしてくれるはずです。

疲れをいやしてほしいから。贈りたいのはゆったり「バスタイム」

自分のことは後回し、ついついムリをしてしまいがち。
そんなお母さんにはちょっとリッチなシャンプー&リンスやボディソープなど、入浴時に必ず使うボディケアアイテムをプレゼントしてみませんか。いい香りの入浴剤やリッチなフェイスマスクを添えてもステキ。
「お風呂くらい、たまにはゆっくり入ってほしいと思って。」そんな言葉を添えて渡しましょう。
のんびりお風呂で疲れをリセット。いつまでもイキイキ、きれいなお母さんでいてもらいたいですよね。

いかがでしたか?
母の日に贈りたいちょっとした思いやりの気持ち、今年は照れずに伝えてみませんか。


合わせてオススメする音楽
朝のリラックスタイムにおすすめ♪
DLRC-719
ヒーリング・モーニング
夜のリラックスタイムにおすすめ♪
06181532_5582661a4c975
疲労解消のための音楽
合わせて読みたい記事
▶︎都心から1時間で大自然!秩父多摩甲斐国立公園を知っていますか?
▶︎春の「自律神経にやさしい」簡単レシピ〜管理栄養士・山本理江先生
この記事の担当ライター
maya
maya

小学生2人と保育園1人、子育てまっ只中のアラフォーです。ひとりでのんびり旅に出る…そんな自由な十年後を夢見つつ。

mayaの他の記事を読む

他にもこんな記事がおすすめRelated Posts

関連記事

特集記事Pick up article