Category

【癒ログ】「薔薇からのメッセージ」〜薔薇が与えてくれた心の癒し〜萩生田愛さん

【編集部】広尾で「AFRIKA ROSE」というアフリカの薔薇のフラワーショップを経営、社会起業家として活躍する、萩生田 愛(はぎうだ めぐみ)さん。
国際協力で活躍し、世界でも「世界にインパクトを与える50人」に選ばれ、CNNや多種のメディアでも注目を浴びる、日本を代表する女性経営者の一人。
今日は世界一の薔薇と呼ばれる、アフリカ・ケニアの薔薇を通して世界に癒しを届ける愛さんに、「薔薇」を通して得た彼女の「心の癒し」についてコラムを書いて頂きました。
IMG_2732 IMG_2735 IMG_2730

薔薇からのメッセージ

心が解放され、外の世界と内の世界の境界線がなくなり、魂が解放されて真の自由を体験できる。

私と絵の先生であるDivyaとの出会いは約1年前。

「その薔薇には、何処に行けば出会えるのかしら?」

とある会合で私が薔薇の魅力について熱く語り終えた時、大勢の聴衆の中からひときわキラキラした笑顔で手を挙げて質問してくれた。

「明日お店­­­­­­に来てくれれば、アフリカから届いたばかりのエネルギーに満ち溢れたバラに出会えるわよ。」

「明日、絶対にお店に行くわ。バラに会いに行くわ!」顔が弾けてしまうかと思うくらいの笑顔でうなづいた。

IMG_2736

翌日、朝一番にお店に現れた彼女は、遠い大地から届いたそのバラを愛おしそうに眺め、外のベンチに座り絵を描き始めた。

私が近くで不思議そうに観察していると、

「蟻になった気持ちで、花びらの淵をお散歩するのよ。よーくバラを観察すると、バラがあなたに話しかけてくるの。ずっと見つめ合っていると、私の身体は溶けてなくなり、バラをひとつになるのよ。私とバラの間の境界線がなくなるの。」

IMG_2745

花は人の心、そして空間に癒しを与えてくれる。

特に薔薇は、愛を司るシンボルとして様々な伝説や小説にも登場する。

一説には、バラの花びらの中心は宇宙と繋がっている、と言われており、その時に必要なメッセージを薔薇(宇宙)が届けてくれるのだ。

Divyaは私に言った。

「薔薇はあなたに何を話しかけている?」

私はじっくり丁寧に薔薇を眺めた。

思えば、毎日何千本もの薔薇に囲まれているのに、1本の薔薇をゆっくり観察する時間などないほどに忙しい毎日を過ごしていたのだ。

IMG_2740

私の心の中の深い部分が浄化され、どんどん純粋な頃に戻っていく感覚。

ある時は涙が止めどなく溢れてきて、またある時は怒りや悲しみを深く味わう。

心の奥底に封印されていた私の感情が解き放たれるような感覚。

IMG_2738
何も急ぐことはない。誰も何もあなたから奪おうとしていない。

あなたは、ただここに存在しているだけで美しい。

ただここに咲いて、命を全うし、枯れてゆく。それだけ。

もっと、いまこの瞬間を大切に味わって。

薔薇は、そんなメッセージを私にプレゼントしてくれた。

IMG_2726

IMG_2746 IMG_2742 IMG_2734

癒しの音楽をお届けするヒーリングプラザでは、同様に癒しを世界に作り届ける方々を応援します。
萩生田愛さんのBlog はこちら▶︎http://afrikarose.com/blog.aspx
合わせて読みたい記事
▶︎ 【制作秘話】「森のバラッド」ギタリスト榊原氏が語る〜癒しとは?余韻に込める思いとは?〜
▶︎【癒ログ】撮り続ける理由は!?彼しか撮れない、海の中からの「湘南」
合わせて聴きたい音楽

Relaxing Piano~Best

Relaxing Piano~Best

Aroma Premium

Aroma Premium

09231911_57e4ffd511969

心を整えて、なりたい自分になる

 

この記事の担当ライター
萩生田愛
萩生田愛

【AFRIKA ROSE 代表取締役】

1981年、東京生まれ。米国大学卒業後、大手製薬会社勤務を経て、2011 年アフリカ・ケニアに渡る。「援助に慣れきっている現地の姿」を目の当たりにし、援助ではなくビジネスとして 対等な立場で関わりたいという結論に至る。アフリカの自然や文化の豊かさと 生命力溢れる薔薇に魅了され、2012 年「アフリカの花屋」を立ち上げる。オンラインショップと広尾直営店から日本全国にバラの花束を届ける。AFRIKA ROSE 東京都渋谷区広尾5-18- 8 tel 03-6450- 3339 オンラインショップ www.afrikarose.com

萩生田愛の他の記事を読む

他にもこんな記事がおすすめRelated Posts

関連記事

他の記事をタグから探すRelated Tags

特集記事Pick up article