Category

【癒ログ】ママ必見!気になる赤ちゃんに使えるアロマをご紹介♪

植物由来のアロマ、その優しいナチュラルな香りはリラックスタイムにぴったり。
もう既に使っている方も多いと思います。
でも赤ちゃんにも使っても大丈夫なの?
そこで今回は赤ちゃんに使えるアロマについて紹介します。

赤ちゃんに使っていいアロマとは

Child, Walking, In A Row, Sunset, Lavender

優しく私たちを包み込んでくれるアロマの香り。
しかし、特にエッセンシャルオイルといわれる植物から100パーセント抽出された精油は、成分が濃縮されていて非常に強力です。そのためアロマテラピー関連で唯一の公益法人・日本アロマ環境協会では、3歳未満の子どもには精油を使う場合は芳香浴のみを推奨しています。
精油をベビーバスに入れたり、ベビーマッサージに使うのは避けましょう。赤ちゃんに使っていいとされている精油はラベンダー。これ以外のものは強すぎるので気をつけて。
しかし、アロマの香りの赤ちゃん用のソープやクリームなどであれば、精油の成分も希釈されているので香りを楽しみながら安心して使うことができます。中にはアロマで香りをつけたと銘打っていても合成の香りもあります。
赤ちゃんのお肌はデリケートなので天然のアロマの香りがおすすめです。

いつ頃から赤ちゃんにはアロマを使っていいの?

赤ちゃんは産まれたときからとても嗅覚が敏感。成長するにしたがって身の回りのものの匂いをいろいろかいで、学んでいきます。
そのときにアロマのような普段あまり日常にないタイプの匂いがあると、赤ちゃんの嗅覚の成長にマイナスの影響を及ぼしてしまうこともあります。
また赤ちゃんの身体は私たち大人よりかなり小さく、その分アロマの成分の影響も大きく受けやすくなっています。
このような理由からアロマを使うのは生後6ヵ月以上経ってからにしましょう。

赤ちゃんに使うのはどんな時?

bathroom-1872193_640

美味しいものを食べたり、素敵な音楽を聴くと「気持ちがいい」と思いませんか。いい香りも気持ちがいいですよね。
人は気持ちがいいと思うときはリラックス状態になっています。
赤ちゃんにいい香りで気持ちよくなってもらうのに一番いいときは、寝る前。お昼寝や、お風呂タイムにアロマの力を借りてリラックスしてもらいましょう。
精油を使うのであれば、先ほどもお話したように芳香浴で。ティッシュやハンカチなどに1滴たらして傍らに置いたり、バスルームならお湯を張った洗面器に1滴たらしたり。
赤ちゃんには大人がかぐとちょっと足りないかなという量で十分です。

お風呂タイムにはアロマ入りのソープを~”オルハベビーソープMIGUETのかおり”の香りの秘密

Drying medical herbs in a shadow.

赤ちゃんに一番リラックスしてもらいたいお風呂タイム。
アロマを使ってみたいけれど精油はいろいろ気をつけることが多そうで…。
そんなときはアロマ入りのバスソープを使ってみませんか。いい香りで赤ちゃんがうっとりリラックスするだけではなく、お肌の刺激も少ないのが嬉しいですね。
おすすめは「オルハ ベビーソープ【MIGUETのかおり】 」。
デリケートな赤ちゃんのお肌を優しく洗ってあげたいというママたちの声から産まれたベビーソープです。
石油系成分、合成界面活性剤・合成着色料・合成香料・保存料などは一切使用せず、オリーブオイルとココナッツオイルから産まれた石けんが主成分。人にも環境にも優しいのに泡立ちもばっちり!
小さなお子さんのいる方へのプレゼントにもおすすめです。

オリジナルブレンドの香り”MUGUET”はフランス語でスズランの意味。
7種類のアロマオイルがミックスされ、自然で優しい香りを作り上げています。
そよ風にのって庭のハーブの香りが漂ってくるような自然な香りは、赤ちゃんも気に入ること間違いなし!
また赤ちゃん用に作られたソープなのでアロマによる肌への刺激の心配もありません。

【オルハ ベビーソープ[MIGUETのかおり]】

商品詳細→https://healingplaza.jp/products/ZOL-105

 

香りを使って入眠儀式

毎晩のお風呂タイムにいつも同じ香りのベビーソープを使えば、それが赤ちゃんの入眠儀式の一部になります。
旅行や実家などで、いつもの香りのベビーソープを使えば赤ちゃんも環境が変わっても安心できますね。

香りの入眠儀式に加え、眠る前の音楽でさらに質のいい眠りへと誘ってみてはいかがでしょうか?
朝までぐっすり♪おすすめの寝かしつけ音楽4選☆

他にもこんな記事がおすすめRelated Posts

関連記事

他の記事をタグから探すRelated Tags

特集記事Pick up article