Category

【癒ログ】赤ちゃんと音楽を聴こう♪Part1~赤ちゃんと音楽の関係性とは?

聴覚を通して日々いろいろな情報を脳に取り込んでいる赤ちゃん。
そんな赤ちゃんにとって音楽も新しい情報の一つです。
赤ちゃんはいつから耳が聞こえるの?そんな音楽を聴かせてあげればいいの?
そんな不思議を紐解いていきます。今日はその第一弾♪

赤ちゃんと音楽との深い関係

赤ちゃんと音との関係は、私たちが想像するよりずっと前に始まっています。
心臓の鼓動や血液が流れる音、またママが動くときに立てる音などママのお腹の中は音に満ちた世界。このような胎内の音を赤ちゃんが聞こえるようになるのは妊娠20週頃。
産まれてすぐの赤ちゃんの視力は0.02程度で目はまだよく見えず、成長するにしたがって数年かけて視力が伸びていきます。しかし聴力に関しては、産まれたときにはかなり小さな音まで聞こえるようになっていると言われています。
生後10ヵ月くらいまでは、視力より聴力の方が優位なため、耳から入る情報に頼っている赤ちゃん。
つまり音楽は産まれたときから赤ちゃんにとって新鮮な情報として聴覚を通して脳に伝わっているのです。

赤ちゃんにおすすめ音楽とは?

piano-1655558_640

日々新しい情報をスポンジのようにどんどん吸収して成長していく赤ちゃん。
何気ないBGMの音楽も赤ちゃんにとっては立派な情報。できるだけいい音楽を聞かせてあげたいのがママの願いでしょう。
音楽は、メロディーとハーモニーとリズムの三要素から成っています。この三要素から赤ちゃんにおすすめの音楽は次の通りです。

・メロディー:複雑でないシンプルなもの

・ハーモニー:不協和音を伴わない美しい響きのもの

・リズム:規則正しく、テンポがゆっくりめのもの

赤ちゃんの耳は思いのほか発達しているとお話しましたが、聞こえた音を大人と同じように完全に理解し反応するのはまだまだ先のことです。
そのため、赤ちゃん好みの音楽はシンプルで美しい雰囲気のもの。ジャンルでは童謡やクラシックがおすすめとなります。

Baby girl get curious by an old gramophone

最初にしたお話の中で、赤ちゃんが胎内にいる時、視力より聴覚の方が発達しているとお伝えしましたが、そんな常に聞いていた胎内音(子宮内血流音)を合わせ収録したオルゴールの楽曲は、赤ちゃんにとって心地いい音として耳に届く事でしょう。このCDを、お昼寝前や夜眠る前などに時間を決めて流してあげると、なかなか泣きやまなかった赤ちゃんも安心してすやすや眠れそうですね。
商品詳細はこちらから⇓⇓
ほら、赤ちゃんが泣きやんだ!

あわせて読みたい記事≫≫
【癒ログ】朝までぐっすり♪おすすめの寝かしつけ音楽4選☆
【癒ログ】世界中のママが御用達!子供の寝かしつけ音楽【5選】
にて、寝かしつけにピッタリな音楽のご紹介もしていますので、こちらもご覧ください♪

他にもこんな記事がおすすめRelated Posts

関連記事

他の記事をタグから探すRelated Tags

特集記事Pick up article