Category

【癒ログ】音楽のある生活~音楽を聞きながら仕事をする②~おすすめ楽曲編

昨日の投稿で、『音楽を聞きながら仕事をする』ことについて、これまでの捉えられ方や経緯、脳内といった角度から見ていきました。
今日はそれを踏まえて、いったいどんな音楽がいいのかをお話ししていきます☆

VOIP headset on laptop computer keyboard concept for communication, it support, call center and customer service help desk

仕事中に聴くのはどんな音楽がいいの?

音楽を「きく」は、「聴く」と「聞く」という2種類の漢字で書き表されます。
「聴く」を使うときは、音楽を意識してきいているとき。
例えばコンサートや大好きなアーティストの新譜をきくときは「聴く」を使います。
このときは右脳と一緒に左脳も働いています。「聞く」は意識していないけれど自然に耳に音が入ってくるとき。
例えば鳥のさえずりや、音楽が静かにBGMとして流れているときは「聞く」を使います。このときは音楽は右脳でキャッチされます。
BGMとして聞ける音楽、別の言い方をすると、意識しないで聞き流せる音楽が仕事の効率をアップさせます。
例えば歌詞入りでも、自分が全く知らない言語のものであったら、それは言葉ではなく音楽の一部として耳に入ってくるので右脳に作用します。
また、曲は未知の曲の方が集中力を高めます。いつも聴かないジャンルや時代の曲を仕事用にセレクトしましょう。

仕事中にぴったりのCD

Confident young woman in smart casual wear working on laptop while sitting near window in creative office or cafe

よく仕事中はクラシックがいいという話を耳にしますが、本当に仕事の集中力を高めてくれるのは、それ用に作られたオリジナル曲。
バッハも、ベートーベンも、モーツァルトも元はいえば、BGMではない、聴かせる音楽として作られてたものです。
CD「集中力~シータ波による脳活性」は、集中できる環境を整えるために作られた曲ばかりで構成。
脳がアクティブに活動できるようにと、自然音と優しい電子ピアノの音で奏でるシンプルなメロディーが脳を活性化します。

【集中力~シータ波による脳活性 定価:¥ 1,800 (税抜き)】


CD詳細→https://healingplaza.jp/products/DLMF-3911#top

音楽は仕事のムードメーカー

学校や会社には、この人のお陰で自然と周りもポジティブな気持ちになってしまうムードメーカーがいること、よくありますよね。
音楽も、自然に仕事にやる気をもたらすムードメーカーの役割を持っています。
行き詰ってしまったり集中できなくてイライラしてしまった時は、音楽を上手に活用して本来の自分の力を発揮できる環境を作ってみてください☆

他にもこんな記事がおすすめRelated Posts

関連記事

  • Top view of a wooden desk with a computer keyboard, a smartphone, some headphones and a cup of coffee with a lot of copy space【癒ログ】音楽のある生活~音楽を聴きながら仕事をする①~脳内変化編 私たちは普段、リラックスや心地よさを求めて音楽を聴く方が多いと思います。 以前の投稿で作業用のおすすめ音楽などもご紹介してきましたが、今回は音楽を聴きながら仕事をすると効率がアップする、というお話しです。 音楽が脳に与える影響から、聴 […]
  • スクリーンショット 2016-11-10 19.17.39【癒ログ】〜瞑想BGM〜瞑想に入る為の効果的な音楽はこちら 心ばかりではなく、体のバランスも整えてくれる瞑想。 スムーズに瞑想に入るためには、音楽を流すと効果的です。 瞑想のための音楽は心身をリラックス状態に導いてくれる雰囲気をもったものがおすすめ。 音楽の瞑想への3つの効果とおすすめBGM […]
  • Opened Book with Glasses above and a Stack of Books on the Background【癒ログ】作業用BGMにおススメの音楽5選 仕事の資料作りや大学のレポート作成などの作業を、音楽を聴きながら行う人も多いと思います。 作業の内容にもよりますが、適度にリフレッシュでき、適度に集中できる音楽は、作業を捗らせてくれるからです。 今回は、聴きながら作業するのに最適なB […]

他の記事をタグから探すRelated Tags

特集記事Pick up article