Category

【癒ログ】バレンタイン癒しのチョコレートレシピ3選♪

バレンタインといえば定番のチョコレート。
カカオの優れた成分で健康食品としても世界中で愛され注目を浴びる食品の一つです。
今回は材料が少なくストレスフリーに簡単に作れ、食べれば即効癒しを体感できるような、心にも身体にもやさしいチョコレートレシピを3つご紹介します。

やっぱり手作りが1番

Assorted chocolate pralines and bars with filbert

当たり前のことかもしれませんが、手作りだからこそ美味しく作れる理由が2つ。

1: いい素材を選べる
身体にやさしい素材を使うと心も喜びます。
そこで簡単な良品質チョコレートの見分け方3ポイント。
①表面がツルツルしている。白くなってきているものは食べられますが風味が低下しているサイン。
②割った時に音にキレがあり、カリカリしている。
③食べた時にスムーズでツルツルした舌触り。

2: 心をこめて作れる
作っている時の心の状態は作ったものに現れるといいます。
リラックし、楽しみながら、贈る相手のことを思いながら作ると、愛がこもったやさしく美味しいものができることでしょう。こんな時にオススメのBGMは「バレンタイン特集記事」をご覧ください。

レシピ1:フランスのナッツ入りチョコレート「アーモンドロッシュ」

Chocolate pralines with chopped nuts

フランス語で岩石を意味する「ロッシュ」。
ナッツの歯応えと香ばしさがチョコレートの味を引き立てます。
材料のナッツはピーナッツやカシューナッツなどお好みのものでもOK。

【材料】
・製菓用チョコレート        100g
・スライス又は刻みアーモンド    100g
・粉砂糖              小さじ1

【作り方】
1-アーモンドをフライパンで軽く煎り、からっとしたら粉砂糖をかけて混ぜ、
砂糖が溶けてアーモンドにコーティングされるまで煎り 冷ましておく。
2-チョコレートを湯煎又は電子レンジで溶かす。
3-1と2を混ぜ合わせ、スプーンですくいフォークで形作り、オーブンペーパーの上で乾かして出来上がり!

レシピ2:「コーヒービーンズチョコ」

Coffee beans and chocolate

甘いものが苦手な人へはこのコーヒービーンズチョコ。
ワインとも相性がいい大人の味のチョコレートは、香り深く、見た目もお洒落で五感で楽しめます。
コーヒー豆は香りが濃厚な深煎りがおすすめ。

【材料】
製菓用チョコレート      50g
コーヒー豆          30g
粉砂糖            小さじ1/2
ココア            大さじ1

【作り方】
1-コーヒー豆をフライパンで軽く煎り、からっとしたら粉砂糖をかけて混ぜ、
砂糖が溶けてコーヒー豆にコーティングされるまで煎り 冷ましておく。
2-湯煎又は電子レンジで溶かしたチョコレートに1を入れ、オーブンペーパーの上に1粒ずつ離してのせて乾かす。
3-乾いたらココアをまわりにまぶして出来上がり。

レシピ3:エレガントで和風な「抹茶チョコ」

和風テイスト好きな人、ホワイトチョコが好きな人には、この抹茶味チョコレート。
シンプルなのに濃厚な味。和洋折中を楽しめます。

【材料】
・ホワイトチョコレート    100g
・生クリーム         50g
・抹茶            小さじ2
・抹茶(仕上げ用)      適量

【作り方】
1-ホワイトチョコレートを湯煎又は電子レンジにかけて溶かしておく。
2-抹茶に生クリームを少しずつ加えながら泡立て器でダマにならないように丁寧に溶かす。
3-1と2を混ぜて、オーブンペーパーを敷いた型に入れて固まったら四角に切り分ける。
4-仕上げにお好みで抹茶をまぶすとより抹茶風味が際立ちます。

ただ甘いだけではないチョコレートの力

チョコレートの原材料のカカオには疲労回復や精神高揚を促すとされ、昔から重宝されてきました。最近では脳を活性化する成分が含まれていることも証明されているそうです。
心にも身体にもやさしいチョコレート。
気持ちいい音楽をかけてチョコレート作りを楽しんで、味見もしっかり忘れずに♪

[追加] チョコレートの溶かし方は 「cookpad」 などのレシピサイトをご参照ください。

他にもこんな記事がおすすめRelated Posts

関連記事

特集記事Pick up article