Category

【癒ログ】音楽のある生活〜お風呂で出来る☆アロマで毎晩の眠りを快適に

お風呂でリラックスは、快眠への道しるべ。お風呂の効能は身体を清潔に保つだけではありません。
お風呂タイムを賢く使えば、心も身体も快眠へ向けて準備完了!
お風呂と相性のいいアロマなどを使ったリラックス方法に加え、おすすめCDとアロマのセットも紹介します♪

夜のお風呂タイムのリラックスが安眠の要

Beautiful woman relaxing in bathtub

今日は疲れていてお風呂は億劫だからシャワーにしておこうか……。
ちょっと待ったその考え!疲れているときこそ、お風呂!お風呂に入らないと疲れ過ぎのときは熟睡できない恐れがあるんです。
眠くなってくると身体がポカポカすることはありませんか?これは身体から熱を発散して、体温を下げて眠りモードに変わろうとしているから。
寝る前にぬるめのお風呂にゆっくり入ると、身体の表面が温まり眠りモードに移行しやすくなります。
またお風呂にはいるとリラックスしますよね。安眠のためには身体だけではなく心の準備も大切。
お風呂にはいるだけで、身体も心も両方眠りモードスタンバイ状態になるのはお得です。
でもせっかくお風呂につかるのだから、もっと効果的にリラックスしたい!その方法を紹介します。

アロマの香りで心と身体を癒す

お風呂との相性No.1のリラックスグッズといったらアロマ。 アロマオイルは、あたたかいところではその揮発も早いので、バスルームを簡単にアロマの香りでいっぱいにすることができます。 アロマオイルはお湯には溶けないので、そのままバスタブに入れると肌の敏感な人は赤くなったりぴりぴりしてしまう恐れも。 小さじ1程度のキャリアオイルにアロマオイルを5滴ほど溶かしてから入れると安心です。 キャリアオイルがないという場合は、洗面器にお湯を張れば直接アロマオイルを入れても大丈夫です。

キャンドル&アロマで幻想的なバスタイム

今日はちょっとロマンティックなバスタイムにしたいというときにおすすめは、アロマとキャンドルの両方使い。
アロマオイルを、前に紹介した方法でバスタブか洗面器に入れましょう。それからキャンドルに点灯します。
実はキャンドルの役割は単なる雰囲気作りのためだけではありません。
ゆらゆらと揺れるキャンドルの炎には1/fの揺らぎが含まれていて、見つめていると癒し効果があるといわれています。
またこの炎は、眠気を誘うといわれるオレンジ色!まさにキャンドルの光はお休み前にぴったりの照明ですね。
キャンドルの炎を見つめすぎて、バスタブの中でうとうとしてしまわないように気をつけて!

音楽&アロマで自宅でお洒落スパ気分

two candles and towels black stones and tiare on water

好きな時にいつでも温泉やスパで思う存分リラックスできればいいのですが、それはちょっと無理な相談というもの。
時間や経済的な問題でスパには行けない、でも行きたい!そんなときは自宅のバスルームをスパに変身させてしまいましょう。
スパの雰囲気を盛り上げるのは音楽。でも、お洒落な音楽なら何でもいいという訳ではなく、お休み前なのでリラックスできるスローテンポのものがおすすめ。
お風呂で安心して使えるヘッドフォンやスピーカーも色々発売されているので好みのものを選びましょう。
あとオプションですがもっとスパ気分盛り上げるために、もしあれば観葉植物などをバスルームに飾ってみて。

優しい香りのアロマとハワイの癒しソングでリラックス

Freedom beach woman. Happy young woman meditation enjoying summer sun and tanning during holidays on Hawaii. Summer luxury vacation. Hawaiian Island of Oahu

最後に紹介するのは、素敵なハワイアン・リラックスミュージックと、アロマオイルのセット。リラックスと安眠のための最強コンビです。

CD「リラックス&スリープ~ハワイ」は現地で録音した自然音とハワイのリゾートの雰囲気いっぱいのヒーリングミュージックをミックス。
スローな大人のハワイアンバスタイムを演出します。
セットのアロマ「for sleep」は安眠の香りとして知られるラベンダーをベースに甘いマジョラムと爽やかなシダーウッドをミックスした心落ち着く香り。
貝殻やハイビスカス、プルメリアの花でバスルームを飾ってハワイアンスパ、おすすめです。
目をつぶってハワイの青い海と空、白い砂浜に思いを馳せてみましょう
CD詳細:https://healingplaza.jp/products/ZSL-107SET

これは安眠のためにはNGお風呂

リラックスできて、楽しいお風呂タイムを紹介しましたが、一歩間違えると安眠には逆効果のお風呂タイムになってしまうNGがいくつかあります。
まずお風呂のお湯の温度。これは熱すぎると身体が火照ってしまい逆に寝付きにくくなってしまいます。気をつけましょうね。
また温度がぬるくても長風呂は逆効果。身体の芯まで温まってしまわないように。

他にもこんな記事がおすすめRelated Posts

関連記事

  • アロマで楽しく冷え性脱却!アロマで楽しく冷え性脱却! 気温が下がると動くのもおっくうになるものです。寒いというより「冷える」のです。外からの加温だけでは、なかなか冷えは改善できません。冷え性には体質改善が必要です! ですが体質の改善って、なかなか難しいですよね。心の性質、つまりは性格を […]
  • スクリーンショット 2016-12-15 14.56.57【癒ログ】1年の節目に*心まで綺麗にしてくれるお風呂deアロマ* 今年も残り少なくなってきました。さて1年の節目を気持ちよく迎えるために、アロマの香りのお風呂でリラックスしてみませんか? 心を整理し、新年からポジティブな気持ちで過ごせるために、たまにはアロマ×ゆっくりお風呂のリラックスバスタイム楽しん […]
  • Happy laughing baby taking a bath playing with foam bubbles. Little child in a bathtub. Smiling kid in bathroom with colorful toy duck. Infant washing and bathing. Hygiene and care for young children.【ベビー】赤ちゃんのお風呂上がりに☆睡眠までの癒しのフルコース 赤ちゃんがなかなか寝てくれない、夜中に何度も起きてしまうなど、赤ちゃんの寝つきで悩んでいるママは多いのでは。 実は、寝つきがお風呂上がりの過ごし方で変わることも。赤ちゃんがお風呂上がりから睡眠まで、リラックスして過ごすためのヒントを紹介 […]

他の記事をタグから探すRelated Tags

特集記事Pick up article