Category

【癒ログ】リラックスしたいときにはこのBGM〜ストレス度別おすすめ〜

一日の疲れを癒したいリラックスタイム。
せっかくの貴重なリラックスの時間、できるだけ癒し効果を高めたいですよね。
そのためにおすすめなのは、本当にリラックスできるBGMを選ぶこと。
ストレス度別におすすめをセレクトしました。

ストレス度1の時に聴きたいリラックスBGM

どんなことでも、先手を打っておいた方が、後々問題が大きくなりにくいものです。 ストレス度1レベルだと、ついそのままにしてしまいがちですが、ストレスも同じ。 ちょっとでも心が疲れた気がすると感じたら、その都度休むのがストレスを溜めないコツです。 ストレス度1のときは、軽めのBGMでリラックス。 ジャズ・フュージョン界の巨匠、また名プロデューサーでもあるデイブ・グルーシンの「いつも二人で」をセレクトしました。 彼の都会的で繊細なピアノの音色で、軽いストレスは吹き飛ばしてしまいましょう。 音量はあまり抑えすぎないように。 ちょっとアップ気味ぐらいの方が、ストレス度1レベルのときはリフレッシュできます。 原題: “Two for the road” by Dave Grusin

ストレス度2の時に聴きたいリラックスBGM

 

@seetheearthが投稿した写真


ストレス度2は、毎晩夜になると疲れを感じるレベル。
もうちょっとがんばれそう、一晩寝れば大丈夫などと思わず、しっかりストレスを癒しましょう。
おすすめ曲はアメリカ現代音楽界から、トバイアス・ピッカーの「オールド・アンド・ロスト・リバース」。
彼の作品はクラシック音楽にジャンル分けされていますが、クラシックをほとんど聴いたことがなくても、すっと耳に入る肩の凝らない作品です。
周りの空気が浄化されるようで、聴き終わると、何となく落ち込んでいた気持ちがリセットされます。
原題:”Old and Lost Rivers” by Tobias Picker

ストレス度3の時に聴きたいリラックスBGM

ManamiSetouさん(@pinkmx_x)が投稿した写真

ストレス度3のときは、夜だけではなく日中でも度々ストレスが気になるレベル。 夜にゆっくりリラックスタイムをとることをおすすめします。 ストレスがかなりたまっているので、癒しの音楽をBGMに。 セレクトしたのはアディエマスのボーカリスト、ミリアム・ストックリーが歌い上げる「パーフェクト・デイ」。 もともとピーターラビットのビデオの主題歌で、舞台である英国の自然の美しさと厳しさを表現した作品です。 目を閉じて閉じて、大自然の風景に思いを馳せてみれば、癒し効果もアップ。 原題:”Perfect Day” by Miriam Stockley

ストレス度4の時に聴きたいリラックスBGM

 


ストレス度4は、もう心の疲れがマックス状態のとき。
こんなときは、日常から離れた気持ちになれるヒーリングBGMを聴きましょう。
ジョセリン・モントゴメリーが奇才デビット・リンチのプロデュースでリリースしたアルバムLux Vivensから「Viridissima」をセレクトしました。
このアルバムは中世の癒しの音楽、ヒルデガルト・フォン・ビンゲン(Hildegard von Bingen)のサウンドを現代に甦らせた傑作です
「Viridissima」を、歌い上げる彼女の崇高でピュアな歌声はまさに天からの贈り物のよう。
歌声、作品共に真の癒しサウンドです。
原題:”Viridissima” by Jocelyn Montgomery

どんなストレス度でもオールマイティーBGM


最後に、どんなストレス度でもBGMとして使えるオールマイティーなCDを紹介しましょう。
心療内科医監修の「ストレス解消音楽~アイソトニック・サウンド・ベスト・セレクション」は、雨の音や鳥のさえずりなどの自然の音と音楽のコラボレーションサウンド。
明るめの曲、静かな曲、広大な曲、といろいろなタイプの曲があるので、その日のストレスの状態で選べるのが嬉しいですね。
毎日のリラックスタイムのBGMにどうぞ。
商品の詳細はコチラ→https://healingplaza.jp/products/DLTS-10102131800_4f38d13cb3010

 

ストレス度にあわせてBGMもかえてみよう

ストレスのレベルによってリラックスタイムのBGMをちょっと変えてみると、効果もアップします。
一般的な目安です。
テンポはストレス度が低いときは速め、高いときは遅め。
雰囲気はストレス度が低いときは軽やかで明るい感じ、高いときは、広大で静かな感じ。
ジャンルはストレス度が低いときはジャズやポップスなど、中程度のときはクラシックなど、高いときはニューエージ、環境音楽、ヒーリングミュージックなど。
メロディーは、ストレス度が高いほどシンプルに。
以上ご参考に。

他にもこんな記事がおすすめRelated Posts

関連記事

他の記事をタグから探すRelated Tags

特集記事Pick up article