Category

【癒ログ】芸術の秋に聴きたくなる癒しのクラシック・ベスト5

芸術の秋には音楽がよく似合います。
秋晴れの青い空、紅葉の美しい木々、そして木枯らしに舞う道を覆う落ち葉、など季節の移ろいが美しいのも秋。
そんな感受性が豊かになっている秋には、癒しの音楽クラシックがおすすめ。
秋がテーマの人気曲を5曲セレクトしました。

リヒャルト・シュトラウス「4つの最後の歌」より「9月」

1948年に作曲されたリヒャルト・シュトラウスの晩年の名作「4つの最後の歌」から「9月」を紹介しましょう。 ちなみに、美しく青きドナウで知られるヨハン・シュトラウスの子孫ではありません。 この作品を発表した翌年に彼は亡くなっており、まさに最後の歌なのですが、全く暗さを感じさせない曲調で、透明感のある美しい作品に仕上がっています。 「9月」はヘルマン・ヘッセの詩に曲がつけられています。 重厚なイントロから始まり、徐々に落ち着いていく楽曲は、夏が終わって秋に移ろう季節の美しさが歌われ、余韻を感じさせるホルンのソロでエンディングを迎えます。

ヴィヴァルディ「四季」より「秋」

 

@ku_rara1010が投稿した写真


クラシックファンのみならず、ジャンルを越えて多くの人々に親しまれているヴィヴァルディの「四季」。
今では超有名曲の「四季」ですが、実は近年まで一般にはあまり知られていない曲でした。1959年にイタリアのイ・ムジチ合奏団がリリースしたレコードが950万枚売り上げの大ヒットとなり、有名曲の仲間入りをすることとなりました。
この「四季」の協奏曲第3番「秋」は、明るい農民の歌と踊りの第一楽章、酒宴のあとの眠りの第二楽章、狩の獲物を追いかける様子の第三楽章と、3部構成となっています。
秋晴れの日に聴きたい爽やかな楽曲です。

ドビュッシー「月の光」

秋といえば、月の美しい季節です。 月をテーマとしたクラシック曲は色々ありますが、今回はドビュッシーの「月の光」をセレクトしました。 4曲のピアノ独奏曲からなる「ベルガマスク組曲」の第3曲目です。 ドビュッシーはフランスの詩人ヴェルレーヌの「月の光」にインスピレーションを得て、この曲を作曲しました。 楽しさと悲しさと一見相反するものが混在する世界が表現されたこの詩の主題は、ドビュッシーの曲からもその雰囲気を感じることができます。 ところで発表当時のタイトルは「感傷的な散歩道」で、後に現在のものに変更されました。 物思いにふけりながら散歩、というときにぴったりですね。 もちろん月の綺麗な夜にも。

チャイコフスキー「四季」より10月「秋の歌」

 


チャイコフスキーの「四季」は、音楽雑誌の毎月の連載企画のために、ロシアの1年を月ごとに12の楽曲で表現した作品です。
ちなみに10月とありますが、当時のロシアは旧暦だったため、現在の暦でいうと、11月にあたります。
この10月「秋の歌」の発表とともに、アレクセイ・ニコラエヴィチ・トルストイ(戦争と平和のトルストイとは別人です)の木々の葉が色づき、散っていく様子を描いた詩が掲載されました。
まさに、この詩の情景のように、秋の物寂しさが感じられる叙情溢れる作品となっています。
しっとりした曲が聴きたいときにおすすめです。

武満 徹「ア・ストリング・アラウンド・オータム」


世界のタケミツとしてその名を馳せた現代音楽の巨匠・武満徹。
彼の作品と聞くと難解というイメージを持つ人が多いのも事実ですが、この「ア・ストリング・アラウンド・オータム」は、聞きやすい楽曲です。
この曲は、フランス革命200周年記念行事のために作られました。
タイトルは大岡信の詩「沈め 詠うな ただ黙して 秋景色をたたむ 紐となれ」からとられています。
ドビュッシーの影響がうかがえる変わり行く秋の風景のような美しく叙情豊かな作品です。

秋の癒しのクラシックは文学の雰囲気

秋は、芸術の秋であると共に読書の秋ともいわれますよね。
今回紹介した楽曲の中でも、詩集にインスピレーションを受けて作られた曲が多くあります。
秋は、クラッシックの巨匠たちも、文学を楽しんでいたようですね。
私たちも、クラシックを聴きながらお気に入りの本を読んでリラックスタイムを楽しみましょう。

他にもこんな記事がおすすめRelated Posts

関連記事

  • autumn-1013304_1920【癒ログ】〜懐メロ〜秋になると聞きたくなる。80年代の秋の歌6選 秋になると聞きたくなるのが、秋をテーマにしたちょっぴり切ない秋の曲。 夏が終わって、だんだんと涼しくなり、目に見える自然の景色も秋色に染まってきた中で聞く秋の歌は格別なものがあります。 この記事では、秋に聞くのにピッタリな、少し寂しさ […]
  • opera-594592_1280【癒ログ】癒しのクラシック〜時代別5選〜 昔も今も、変わらず人々の心を癒し続けてきたクラシック音楽。 作られた時代の雰囲気が曲に現れているのが興味深いですよね。 ルネサンス、バロック、古典派、ロマン派、近現代の時代別にセレクトした名曲5曲を紹介します。 美しく華やかなルネサ […]
  • aroni-738302_1920【癒ログ】〜音楽知育〜赤ちゃんと行けるクラシックコンサート〜東京 普段はCDもいいけれど、やっぱり音楽は生の音で聴くのが一番。 クラシックのコンサートに行きたいけれど、子供はNGみたいだし……。 でも大丈夫、東京都内で開催される赤ちゃん連れでもOKのクラシックのコンサートを紹介! 赤ちゃん […]

他の記事をタグから探すRelated Tags

特集記事Pick up article