Category

【癒ログ】人気の癒しの音楽☆ヒーリングTOP5

ゆっくりとリラックスしたいときにおすすめなのが、ヒーリングミュージック。
しかし、どんな音楽を選んだらいいのか分からない…。
そんな時のために、身体と心をリフレッシュさせてくれる人気の癒しのミュージシャンTOP5を紹介します。

日本の癒しの音楽の第一人者「広橋真紀子」

Esterさん(@solinterior)が投稿した写真

日本でヒーリングミュージックといえば、まず名前があがるのが広橋真紀子。 彼女の作る曲は、春の陽だまりのようなやわらかな明るさが特徴です。 聴いていると、だんだん元気が出てポジティブな気持ちになります。 自然の音がバランスよくミックスされた曲が多く、目を閉じると自宅にいることを忘れてしまいそう。 彼女の音楽はくせがなく、聴きやすいので、日常のBGMとして流して楽しむこともできます。 優しい曲調は、赤ちゃんとママのリラックスタイムにもおすすめ。 おすすめ人気CD「自律神経にやさしい音楽」(2007) DLMF-3906

癒しの女性ボーカルユニット「ケルティック・ウーマン」

 


癒しの音楽として人気を博しているアイルランドの音楽、ケルトミュージック。
ケルティック・ウーマンはそのアイルランド出身の女性ユニット。
ポップスやクラシックのナンバーまで独自のエッセンスを加えカバーする幅広いレパートリーは、彼女たちのふるさと、ケルトミュージックをベースとしています。
透明感のある歌声と美しいバイオリンの旋律が奏でる調べは、まるで天からの贈り物のようにすら感じられます。
崇高なサウンドはこの世の全てのことを浄化してくれそうな感じが。
いやなことを忘れて、気分を一新させたい時におすすめです。

おすすめ人気CD

リラクシング・ピアノ〜ヒーリング・メロディーズ」(2006)

ORP-209
クリスタル・ヒーリング~ヒーリング・コレクション」(2010)

09131452_4c8dbc3789af5

スペース・ミュージックの「ジョン・セリー」

スペース・ミュージックとは、癒しの力を持つ環境音楽の1ジャンルで、文字通り宇宙的な広大なサウンドが特徴です。 アメリカ出身のジョン・セリーは、スペース・ミュージックを手がけるミュージシャンとして有名です。 NASAや世界各国のプラネタリウムとのプロジェクトにも参加しているように、まさに宇宙ミュージックのプロです。 どこまでも無限に続くような気持ちにさせる彼の作品は、神秘的ですが重すぎず、何かに集中したいときにぴったり。 おすすめ人気CD「Lumia Nights」(2003)

音楽への深い造詣が生む癒しの音楽「久保田麻琴」

 


1972年に松任谷正隆のプロデュースで初アルバムを発表したベテランミュージシャンの久保田真琴。
長いキャリアに加え、沖縄やハワイ、アジアなど各地の音楽にも詳しく、音楽にうるさい玄人好みの人にも人気です。
そんな彼が手がけるヒーリングミュージックは、エスニックな香りがいっぱい。
現地の本物の音ならではの魂のある音楽が、私達の心に染み入ります。
午後のリラックスティータイムや、おやすみ前のマッサージやストレッチタイムに聴きたいですね。
まるで異国を旅しているような気持ちになります。

おすすめ人気CD「スパ アジア」(2010)

06171010_4c19760bb63a6

自然は究極のミュージシャン


癒しの音として今大人気なのは、自然の音です。
小鳥のさえずりや虫の声、雨音や川のせせらぎ、ビーチの波音などを聴いていると癒されますよね。
もともと音楽は自然の音の模倣から始まりました。
言ってみれば自然は音楽の生み母、太古から私達人間の心を癒し続けてきています。
私達も自然の音を聴いていると、広大な自然の中に身をゆだねているようなリラックス感が。
しかし、無数の音に取り囲まれて暮らす現代の私達は、純粋な自然の音に耳を傾けることが難しいときがよくあります。
そんなときには、自然の音をまとめたCDがおすすめ。

おすすめ人気CD「せせらぎ」(2007)

DLNS-110

広大な世界観を持つ癒しの音楽

人気の癒しの音楽を聴いていると、いつもの自分の部屋が大きく感じられることはありませんか?
目をとじてみると、自分の周りの世界が広がり、音楽に身をゆだねているような感覚になることもあります。
癒しの音楽が心地良いのは、この広大な世界観が私達を包み込んでくれるからなのではないでしょうか。
私達も音楽の一部になって音を楽しみましょう。

他にもこんな記事がおすすめRelated Posts

関連記事

他の記事をタグから探すRelated Tags

特集記事Pick up article