Category

【癒ログ】撮り続ける理由は!?彼しか撮れない、海の中からの「湘南」

地元神奈川県藤沢市の湘南の海を、デジタル一眼レフで撮り続けている「LYDS KAZ」さんこと、三浦一浩さん。波に焦点をあて、ご本人の感動を基準に“海の瞬間”を撮り続けています。

DCIM100GOPROG0258792.
LYDS KAZさんインスタグラム>>>

とにかく海が大好きで、自分の感動した瞬間を残したい、家族や仲間にこの瞬間をみてもらいたい、そんな気持ちで「湘南の海」を撮り始めました。自分が楽しむためのいわば趣味だった撮影がKAZさんのなかで変化し始めたのは、ビーチコーミング(砂浜の清掃)の際に、「湘南の海は汚いからゴミを捨てても何とも思わない」という言葉を耳にしてから。

「だったら俺が綺麗な湘南の海を見せてやる!!!」

この瞬間に“海の写真”を発信する活動を本格的にスタートしました。

・“湘南の海”をもっと日本中のみんなに誇りに思ってもらいたい
・海に入らなければ写せない“自然の表情”でみんなを癒したり、ワクワクさせたい

これらをモットーに活動することで海をもっともっと好きになってもらう。するとさらに海が綺麗になっていく!そんなサイクルをイメージしています。

CHECKMATE「チェックメイト」

2
LYDS KAZさんインスタグラム>>>

この作品はカメラメーカー“ニコン”主催の国内最大規模のフォトコンテストにて準特選を受賞。左を向いた左馬(ひだりうま)は、勝利祈願のお守りだとか。波がチェスのナイトのように力強くも優しい馬の横顔に見えます。「縁起もので、難関を勝ち抜きました」とKAZさん。

さらにご本人のお気に入りのショット5点をご紹介します。

海への愛に応えてもらえているような「ハート型」のウェーブ


LYDS KAZさんインスタグラム>>>

国内最大規模の海のフォトコンテスト「26TH MARINER’S EYE」にて優秀賞だった作品。波が朝陽を完璧なハート型に包み込んでいます。
なんと海底の地形を読み、波の崩れ方と太陽の位置を考え撮影しています。ここまで完璧なハート型はご本人にとっても「奇跡」。他にもKAZさんのカメラには龍や馬など動物、時には妖精やキャラクターが写り込むことも。このハート型は、海への愛に応えてもらえているような気分になれる作品の一つだそうです。

この作品の大型パネルが、辻堂駅の駅前にあるリーヴァレーディースクリニックの待合室にも飾られています。

3
LYDS KAZさんインスタグラム>>>

“地元の海で感じた気持そのもので、癒しの空間づくりができた”。KAZさんが目指す「空間づくり」ができた瞬間でした。院長先生によると「ハワイの海ですか?」とよく聞かれるとのこと。目の前の辻堂の海と知ると、皆さん驚かれるそうです。

黄金に染まる可能性のある日は年間20日程「GOLD BARREL」


LYDS KAZさんインスタグラム>>>

「GOLD BARREL(ゴールドバレル)」!バレルとは樽の事で、この波のような真ん丸な空洞のことです。バレルは波の力と流れが強い時にしか現れず、また黄金に染まる可能性のある日は年間でたった20日程とのこと。そのなかでさらに天候やウネリと条件が揃わないとみることができない、とても“レア“な瞬間です。

地元のひとにも貴重な青い海!「NOCTILUCA(ノクティルカ)」

5:NOCTILUCA
LYDS KAZさんインスタグラム>>>

NOCTILUCA(ノクティルカ)は夜光虫のこと。湘南では初夏から夏にかけての数日間、夜光虫が夜の波を強く照らします。十数年前から、海全体が青く光り輝いた日の再来を求めてかKAZさんも追いかけています。

朝陽に染まった美しい「昊」が静かに迫りくる波に溶け込んでいく


LYDS KAZさんインスタグラム>>>

「昊(そら)」は、夏の空や大空の意味のある大好きな漢字です。この作品は波よりも昊が主役、朝陽に染まった美しい昊が静かに迫りくる波に溶け込んでいく…そんな瞬間です。海と同じぐらい空が好きなKAZさん。「真っ青な青空に波も最高ですが、美しく綺麗な表情ある空と波はもっと最高♪」とのこと。

RESPECT FOR MR.北斎「リスペクト フォー ミスター北斎」


LYDS KAZさんインスタグラム>>>

RESPECT FOR MR.北斎「リスペクト フォー ミスター北斎」(今もなお湘南の魅力を発信し続ける尊敬する葛飾北斎)富士山と波と聞くと冨嶽三十六景、神奈川沖浪裏を連想する人も多いはず。そんな風景を狙えるここ湘南。よくよく見ると国道134号線の街灯が点いているそんな薄暗いなか染まる景色です。

HEARTWAVEなど数々のフォトコンテストにも挑戦することで、環境問題に精通している他の写真家さんや写真を観に来てくれているひとに、湘南にあるたくさんのゴミ問題を知ってもらい、実際に足を運んで目にして欲しいと思っています。湘南の海が大好きで、“知る・見るの「きっかけ」を作り続けたい”というKAZさん。これからも美しく、ワクワクする、KAZさんならではの視点の作品が楽しみです。

個々にお問い合わせをいただき、購入を希望されるかたが増えています。その売り上げの一部を、綺麗な海を未来に繋げるための活動や寄付にあてています。
■作品をお求めの方■
HPまたはFB・インスタグラムへのダイレクトメッセージで受け付けています。
【LYDS KAZ・三浦 一浩】
HPはこちら>>>
Facebookはこちら>>>
インスタグラムはこちら>>>
HPでは写真作品はもちろんのこと、KAZさんの世界観を動画で感じることもできます。動画はDJ KAZさんとして、音と映像の切り替わりにこだわっている作品です。

■作品展示のご案内■
日時:2016年7月~8月末日まで
会場:湘南中央病院 (藤沢市羽鳥1-3-43:JR東海道線『辻堂駅』)

この記事の担当ライター
aya
aya

車の運転中や仕事中、懐かしい気持ちになったとき、未知との遭遇にドキドキしているときなどに音楽を聴きます。休日の出没エリアは、湘南・鎌倉エリアです。

ayaの他の記事を読む

他にもこんな記事がおすすめRelated Posts

関連記事

特集記事Pick up article