Category

【夏祭り歌特集】遠くで祭囃子が聞こえるような夜に

賑やかな夏祭りの最中に聴くというよりは、遠く花火を眺めながら、もしくはお祭りの場所から少し離れたところでゆったりと聴いてほしい曲たちを集めました。

どの曲にも、必ず終わってしまう夏の切なさがあり、それもまた落ち着いた要素になっています。

「夏祭り」 Whiteberry

石川雄太さん(@iskwyut)が投稿した写真

夏祭りといえば、この直球なタイトルの曲が思い浮かぶ人も多いと思います。

オリジナルはJITTERIN’JINNですが、よりたくさんの人に知られたのはWhiteberryがカヴァーしてからでしょうか。

ゆっくりとしたイントロから少しアップテンポになるところが、まるで祭囃子のような感じがします。
好きな人に思いを上手に伝えられないまま終わってしまったお祭りの思い出が、切ないメロディに乗せて流れていきます。

こんな夏もあったなと思い当たる人が必ずいるはず。
その時はこの歌を口ずさんでみると、心があの時に戻れるかもしれません。

「HANABI」 Mr.Children

リーナさん(@chanrena22)が投稿した写真

自分が生きているこの世界がすべて無意味に思えてしまう、そんな瞬間はありませんか。

現実の生活は忙しすぎて、ゆっくり自分を見つめる余裕もなく、どんどん自分の心を追いつめてしまっているのかもしれません。
夏祭りになんて行く気も起こらないほどぐったりしてしまったら、この曲を聴いてみることをおすすめします。

笑っても泣いても平等に時は流れる、という歌詞がドラマティックなメロディに乗って流れてくると、きっと心に響くと思います。
だったら楽しく過ごそうと、心が前向きになれるはずですよ。

遠くに上がる花火を眺めながら聴けば、明日からは楽しく過ごそうという思いが浮かんでくることでしょう。

「secret base~君がくれたもの~」 ZONE

R i h oさん(@ha_p3py)が投稿した写真

「secret base~君がくれたもの~」は、夏の思い出を歌いながら大事な人との再会を夢見る、誰の心にも届く歌詞が印象的な曲です。

友達や好きな人と一緒に花火を見たり、夏祭りに行ったりした思い出は心の片隅に残っているかと思います。
そんな懐かしい思いを鮮やかによみがえらせてくれるのが、この曲なのではないでしょうか。

切ないメロディの遠くで祭囃子や花火の音、見物客の楽しそうな声が聞こえてきそうです。
もしかしたら、この曲と夏祭りが懐かしい人との再会を後押ししてくれるかもしれませんね。

「涙そうそう」 夏川りみ

ricoさん(@derico1016)が投稿した写真

三線の音色が聞こえてくると、夏の思い出が浮かんできませんか。
沖縄のメロディは、やはり南国らしく夏に似合うと思います。

「涙そうそう」のゆったりとしたテンポは、縁側でのんびりと花火を見物するのに似合うイメージです。
そして、懐かしく恋しい人のことを思う切なさが、夏の終わりの花火のどこかしんみりとした雰囲気に合うように思えるのです。

夏祭りに行こうかと思うけれど、賑やかすぎて尻込みしてしまう・・・だったら、遠くに祭囃子を聴きながら、夏の思い出と共にこの曲を思い出してみませんか。

「あの夏の花火」 DREAMS COME TRUE

PEKORINA/Mさん(@peko_r)が投稿した写真

夏祭りや花火は、青春の思い出の筆頭ですよね。
彼氏彼女ではなくても、ちょっと気になる人と見た花火の思い出や、浴衣を着て出かけた夏祭りなど、甘酸っぱくも切ない記憶がよみがえってきます。

DREAMS COME TRUE独特の浮遊感あるメロディが、記憶の底から浮かんでくる思い出とマッチして、余計にほろ苦さを感じるように思えます。

昔好きだったあの人はどうしているのかなと、お祭りや花火の音にかぶせて聴いてみるとはいかがでしょう。
切なくもいい思い出だったと思えるのではないでしょうか。

「星のかけらを探しに行こう Again」 福耳

杏子・スガシカオ・山崎まさよしという豪華トリオの福耳が歌うこの曲は、さわやかなハーモニーが夏にぴったりの印象です。

夏の星座を眺めながら聴けば、この曲の歌詞のように「もう一度向かい合わせで恋しよう」と、素直な気持ちで好きな人に向かい合えるのではないでしょうか。

最近ちょっと気持ちがすれ違っているなと感じたら、夏祭りに出かける道すがら、あるいは帰り道でこの曲を聴いてみるといいと思います。
気持ちを優しく、素直にしてくれる素敵な曲ですよ。

「夏休み」 吉田拓郎

azusa iwamotoさん(@imazs99)が投稿した写真

すでに40年以上前の曲ですが、これを聴いて郷愁を感じない人はいないのではないかと思います。
夏休みの情景をシンプルながら詩情あふれる言葉で紡ぎ出した歌詞は、覚えやすいからこそ胸に響きます。

ひたすら遊んでいた子供の頃の夏休みが、鮮やかに浮かんできます。
お祭りに行くのに何日も前から楽しみに待っていた、あの頃の純粋さが懐かしく感じられるかもしれません。

夏祭りが始まる夕暮れに流れてくると、何とも言えず切ない気持ちにさせられる曲だと思います。

祭囃子をバックに聴いてほしい曲たち

いかがでしたか。

お祭りの最中に聴くというよりも、遠くで聞こえるお祭りの音をバックにこれらの曲を聴いてみたり口ずさんだりしてみると、切ないながらも心の波がすっと落ち着いてくると思います。

年代問わず良い曲と感じるものばかりなので、ぜひ聴いてみてください。

他にもこんな記事がおすすめRelated Posts

関連記事

  • sun-flower-179010__180元気が出る洋楽サマーソング特集【5選】 毎日暑くて夏バテになってしまいそう……。 そんなときにはノリノリの定番サマーソングで気分をリフレッシュしてみませんか? タイトルに"Summer"が入る、リズミカルな往年の洋楽ポップナンバーを聴いて夏の暑さを乗り越えましょう! […]
  • turntable-1087779__180スパやサロン・飲食店でおすすめのおしゃれなBGM5選 スパやサロン・飲食店などのおもてなしの店舗で、インテリアと共に雰囲気作りに重要なのが、BGMです。 リラックスしてくつろげる空間を演出するためにぴったりな、エレガントで温かみのある素敵な歌声を持つ女性ボーカルが歌うおしゃれな曲をセレ […]
  • violin-1099977__180まるで5つ星ホテル!?高級感を演出するおすすめBGM いつもの空間の雰囲気を簡単に変えたいときにおすすめなのが、流す音楽を変えること。 5つ星ホテルのような高級感を演出したいときのBGMとしておすすめなのは、クラシックです。 星の数ほどあるクラシック曲の中から、特に気品のある曲を […]

他の記事をタグから探すRelated Tags

特集記事Pick up article