Category

【上質睡眠専門店~oluhaシリーズ~vol.2】☆『眠りのしくみ』を語る☆

1000おるはバナー

眠りの“メカニズム”を知ること

睡眠のひとつのサイクルが1.5~2時間という話をみなさん一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
下の図のように睡眠にはリズムがあり、レム睡眠とノンレム睡眠の種類の違う睡眠が1つのサイクルの中にあります。ここで注目したいのは、下図のように、前半と後半では、眠りの働き(役割)が全く違うという事です。前半はノンレム睡眠が多くレベル3~4の深い眠りが出現します。逆に、後半はレム睡眠が多く出現し、ノンレム睡眠では1~2の浅い眠りとなって起きる準備をしています。今回はこのレム睡眠とノンレム睡眠の種類の働き(役割)の違いから睡眠のメカニズムを読み解き、「いい目覚め」へ誘う情報をお届けしたいと思います。

資料画像_レム・ノンレム

レム睡眠

レム睡眠とはRapid eye movement sleepの略で、直訳すると『急速な眼球運動をしている眠り』という意味です。
この眠りは前述した通り眠りの前半には短い時間、後半には長い時間出現します。状態としては筋肉は緩むが脳は起きている、という状態で、目はキョロキョロしています。唐突ですが、金縛りにあったことはありませんか?あの現象は、脳は活性化されて起きているのに、筋肉は弛緩している状態ですので、意識して身体を動かそうとしてもどうしても動かすことが出来ない状態です。よく、心霊現象ではないかと怖がっている人が多いですが、そうではありませんので、ご安心を。「睡眠麻痺」とも呼ばれ、レム睡眠の1つの特徴なのです。

ーーそうなんですか!それは知りませんでした。眠っているのに脳が起きているなんて何か意味があるのでしょうか。

第一回の時にお話ししたように、レム睡眠の時は身体の修復・回復と同時に記憶の整理・定着、技術などを定着・向上させる役割を担っているのです。例えば受験勉強で睡眠時間を短くして勉強してしまうと、記憶を定着させる後半のレム睡眠が削られる為逆効果になってしまいます。きちんとレム睡眠が多く出現する後半の眠りまである程度睡眠時間は確保していただきたいですね。

alarm-clock-1193291_1280

ノンレム睡眠

一方ノンレム睡眠はレム睡眠とは逆、Non-rapid eye movement sleepの略で、直訳すると『急速な眼球運動をしていない眠り』という意味です。前半に多く出現し、浅い眠りから深い眠りまで4段階に分かれている眠りです。筋肉は緊張し、目がキョロキョロしない状態で、脳の休息・回復・新陳代謝(美容)・免疫力を高める役割を担っています。体の疲れは横になるだけでもある程度とれますが、脳は眠ることでないと休息・回復されないと言われています。ノンレム睡眠がきちんとレベル3~4の深い眠りまで達していないと、ご自分では休めているつもりですが、脳が休まらない状態になっているのですね。

パソコンでいうシャットダウンしていなくて電源がずっと入っている状態と同じ感じになってしまうのです。

ーーレム睡眠とは対照的な性質であり、働き(役割)も全く違うのですね。

先ほど少しお話ししましたが、詳しくご説明するとノンレム睡眠には眠りの深さが4段階あるんです。眠りが一番深いレベル4が一番いい眠りなんですよ。よく夜の10時から夜中の2時までがお肌や髪のゴールデンタイムと言われていますが、これが絶対というわけではないんです。この時間に眠っている方はもちろんいいのですが、必ずここで眠っていないといけないのかというと、そうではないんです。真のゴールデンタイムは眠りに入ってからの3時間なんです。

「何時に眠るかではなく、いかに一気に深く眠れるか」これが勝負なのです。

だから、眠る前の準備がとても重要になってくるわけなんですね。

いかにリラックスができるか、いい眠りをするためにはとても大切なことなのです。
眠る前のリラックス法につきましては、回を改めてお話していきますね。

また人間は起きてから14時間~16時間経つと眠くなってくるものなのですが、睡眠リズムが崩れると深い眠りがしにくくなってしまいます。そうすると、新陳代謝を促したんぱく質を合成する働きと脂肪分解をしてくれる働きがある成長ホルモンが減少してしまいます。何時に眠るかよりもいかに一気に深く眠れるか、入眠してからの3時間が大事なのです。

ーーそんな大事な事も知らずに、ただ10時から2時の間に重なるよう無理やり寝ていました・・・(笑)
何も知らずに、切り取った情報だけ聞いて実践しても効果は得られないですよね。

睡眠は質も量も大切なのです

ーー今回のお話で、第一回でお話ししていただいた、睡眠には“質”と“量”共に大切という理由がよくわかりました。そして、自分の睡眠を改善したいと思いました!

忙しさからなかなか充分な睡眠時間が得られなかったり、スマートフォンやパソコン、ストレスなどの影響で質の悪い睡眠しか得られていないと、慢性的な睡眠不足に陥ってしまうのです。運動や食事と比べると、睡眠中は意識がないのでついつい疎かにしがちです。まずは意識を変えていただき、自分の“睡眠”と向き合っていただく事からはじめてください。できる事から少しずつ改善してみてください。楽しく改善しないと辛くなってしまうし、逆にストレスを抱えてしまうかもしれませんからね。

☆ーーーーーー良質な眠りへのお手伝いをしてくれるアイテムを一部ご紹介ーーーーーー☆

眠る前のちょっとした準備が、いい眠りへの入口となります。毎日の中で無理なく取り入れられるアイテムを見つけて、眠る為の準備を楽しみながらしてみてください。
羽毛のプロがお届けする羽毛由来の美容成分「羽毛ケラチン」が配合されたアイテムで、毎日サロンの仕上がりがご自宅で楽しめます。

羽毛ケラチンは、傷んだ毛髪の内部に浸透して補修し、毛髪の表面にも吸着して保護する効果が認められているのです。毎日のバスタイムで心身ともにリラックスができ、髪や素肌を健やかに保ち、良質な眠りに入る前の準備をお手伝いします。

>>oluha~ケラファインシリーズ~mainvisual

店内には眠る時におすすめのヒーリングCDやアロマオイルから、睡眠に関する書籍も取り揃えております。
お悩みに合わせてぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

>>ヒーリングCD/Healingplaza
IMG_9015

取材協力:oluha(オルハ)上質睡眠専門店
http://www.oluha.jp/brand/

〒104-0061
東京都中央区銀座1-8-19 KIRARITO GINZA (キラリト ギンザ) 3F No.302
Tel:03-5579-9710 / Fax:03-5579-9711
通常営業時間 : 午前 11 : 00 ~ 午後 8 : 00
定休日 : 1月1日・2月第3火曜日

他にもこんな記事がおすすめRelated Posts

関連記事

他の記事をタグから探すRelated Tags

特集記事Pick up article