Category

♪G.W.といったらコレ!5/3~5日開催の日本最大級のクラシック音楽祭♪

ラ・フォル・ジュルネ=『熱狂の日』

“ラ・フォル・ジュルネ”という言葉は、フランス語で『熱狂の日』を意味します。
その名が付いたラ・フォル・ジュルネとは、1995年にフランス西部の港町・ナントで誕生したクラシック音楽祭のこと。
落ち着いたイメージのあるクラシックですが、熱狂の日と呼ばれるのには様々な要素があるようです。

独自の切り口とコンセプトで展開

毎年テーマとなる作曲家やジャンルを設定。
会場となるコンベンションセンター「シテ・デ・コングレ」に9箇所ある各会場では、同時並行的に1公演約45分間のコンサートが朝から晩まで繰り広げられます。
演奏者には旬の若手やビッグネームが並び、5日間で300もの公演が開催され、1日中音楽に浸ることができます。また、「一流の演奏を気軽に楽しんでいただき、明日のクラシック音楽を支える新しい聴衆を開拓したい」というルネ・マルタン(アーティスティック・ディレクター)の意向により、入場料は6~27EURO(700円~3,000円)という驚きの低価格。
その効果も後押ししてか、来場者の6割をクラシックコンサート初体験者が占め、数多くの子どもたちも参加しています。

一般的なクラシックコンサートとは違い、聴衆の幅をグンと広げより身近に、そして気軽に楽しんでもらおうとするイベントの要素が相まって『熱狂の日』、“ラ・フォル・ジュルネ”が定着し、世界に広がりを見せていったのでしょう。

2005年にから開催されている“ラ・フォル・ジュルネ”が今年も日本に!

2005年に日本に初上陸してから12年。参加した事がある方も多いのではないでしょうか。
今年も“ラ・フォル・ジュルネ”はやってきます!2016年のテーマは「ナチュール-自然と音楽」です。
プログラムはルネサンスから現代まで500年にわたる音楽史の中から、季節、風景、動物、天体、自然現象など、さまざまな切り口から選曲され、自然から生まれた音楽の多彩で豊かなイマジネーションを、存分に楽しんでいただけることでしょう。
また今年は、クラシックの開催は異例とも言える、日比谷公園大音楽堂が公園会場に加わります。屋外の開放的な雰囲気と、緑に囲まれた公園内というロケーションは今年のテーマにも合い、特別な音楽体験を生み出すことでしょう。

開催日時:2016年5月3日(火・祝)・4日(水・祝)・5日(木・祝)
会場:東京国際フォーラム/東京:大手町・丸の内・有楽町エリア

♪タワーレコードも出店します♪

“ラ・フォル・ジュルネ”の会場では、タワーレコードも出店します。
クラシックを中心に、心に染み入る音楽の数々をご用意してみなさまのご来場をお待ちしております。
デラのCDも取り揃えてますよ☆
まずは予習としておすすめの1枚を!

タワー

公演プログラムやチケット購入など、ここではお伝えしきれない情報がまだまだたくさん!
ぜひこちらからチェックしてみてください。

他にもこんな記事がおすすめRelated Posts

関連記事

特集記事Pick up article