Category

【癒ログ】バレンタインまでに!おウチでケアして美肌を手に入れよう!

もうすぐバレンタイン、せっかく素敵なプレゼントを用意しても、お肌がボロボロじゃ自信が持てないですよね・・・
でも今からケアしておけば大丈夫、まだ間に合う!お疲れ様お肌を健やかに美しく整えるためのコツをご紹介します。

お肌のゴールデンタイムといわれる入眠後3~4時間に良質な睡眠を

今まで周知されてきた22時~2時ではなく、この時間帯がお肌のゴールデンタイム、いわゆる“肌のターンオーバーが活発になる”時間なのです。
眠ってから3~4時間経過すると、成長ホルモンの分泌量に影響するようです。

img1002_01提供:バスクリン

なかなか22時までにベッドへ入るのって、現代の社会人だと難しかったのでホッとしました。
ですが、やはり規則正しく早寝早起きをすると、安定したお肌のゴールデンタイムが得られるため、できるだけ毎日同じ時間に眠りにつけると良いですね。

バレンタインまではいつもよりちょっと早くベッドへ入って眠りについてみましょう。
規則正しい睡眠習慣はお肌にとって良いのはもちろん、自律神経を整えホルモンバランスの改善にも効果的ですよ。

化粧水を浸透させてツヤピカ素肌

muji_02提供:無印良品

食べ過ぎ飲み過ぎで肌荒れする所といえば、顔!
しかも口元にニキビや吹き出物が出てきたら、胃が疲れているサインです。
食生活を見直すのはもちろんですが、外側からもケアして素肌力を底上げするとなお良いですね。
毎晩の洗顔後に1アイテムプラスして、水分バランスを安定させ徹底的にケアしましょう。

化粧水パック

muji_01提供:無印良品

パッティングだけでは化粧水の浸透に不安が残る・・・そんな時は化粧水をコットンに浸して、手軽にパックしましょう。
この時、パックも出来るコットンを使えば、化粧水の含みもよく、何より毛羽立ちが減ってとっても使いやすいんです。
せっかくパックしても、毛羽立ったコットンの残りが顔について痒くてイライラしてたら続けるのも億劫になっちゃう。
私のオススメは無印良品のパックも出来るコットン。大判サイズで4つにさけるようになっています。
化粧水の含みもよく毛羽立ちがないので初心者の方でも使いやすいですよ。
ネイルをオフするときも便利です。
ただ、このコットンは毛羽立たないように作られているためか、ふんわり感はあまりないです。
拭き取りには向いていないので、パック専用のサブコットンとしてストックしています。

夜は必ず湯船に浸かって、ストレス&毛穴の詰まりをOFF

1879-1287666706提供: b.hatena.ne.jp

多忙を極める脳外科医の教授が、自宅でできる毎日のリフレッシュ&ストレス発散方法として紹介していたのは、実は『湯船に浸かる』ことだったんです。
湯船にしっかり浸かることで、肩こりやむくみが改善されることはご存知かと思いますが、それ以外にもよい効果が期待できますよ。
オススメの入浴方法は、お湯の温度を38度〜40度のぬるめに設定し、30分程浸かること。
これだけで、副交感神経が刺激され心身ともにリラックス効果があり、自律神経を整えるんです。
また、じっくりと体を温めるため、この温度でも30分後には体温が上昇しているんですよ。
入浴中にゆっくり温められた毛穴はお掃除しやすくなった状態です。
手持ちの乳液でマッサージしたり、泡パックするのもいいですね。
反対に、熱めの温度と短時間の入浴は、神経を興奮させてしまうので、リラックスには逆効果です。

しっかりめの保湿で乾燥小ジワを徹底ブロック

original提供: www.lady8844.com

乾燥と寒さで冬のお肌はカピカピになりがち。実は乾燥もニキビの原因になるって知ってましたか?不足した水分を補おうと油分が過剰になった結果、毛穴詰まりを引き起こし肌荒れの元に。
じゃあ、どこまで保湿したらいいのか?保湿の目安がわからないのでメイクさんに聞いてみたところ「ベッタベタのテカテカ」くらいがきちんと保湿できているサインだそう。
でもそれって顔がベタベタして不快だな、って方には夜眠る時専用のパウダーを使ってみてください。
化粧水をつけておしまい、ではすぐに水分が蒸発してしまい、お肌が乾く原因に。
たっぷり水分を含ませた後は、油分でしっかり蓋をすることで保湿ができているんです。
そのしっかり蓋という目安がいわゆるベッタベタのテカテカという感じなのです。
油分が自分の肌質に合わないな、と言う方は油分ゼロのORBISなどを選んでみてくださいね。

食物繊維が豊富な食品を選んで、腸内環境を整える。

cook01提供:cookpad

冬は寒さで外に出るのも億劫、どうしても運動不足になりがちですよね。
こたつにこもってゴロゴロしてたら気づけば便秘に・・・なんて方もいらっしゃるのでは?腸内で便がたまっていると、代謝が滞り太りやすく、肌荒れの引き金になることも。
外出中はできるだけしっかりと歩き体を動かすよう心がけて、あとは食事で体の内側から便秘を解消していきましょう。
この時期はお鍋を食べることが多いですよね。というわけで、お鍋に一品加えて食物繊維を美味しく摂取しちゃいましょう!

  • きのこ類
  • ごぼう
  • 大豆
  • キャベツ
  • ココア
  • 海藻類

一人暮らしだからお鍋はあまり食べられなくて・・・という方も、お粥用の小さい土鍋やミルクパン、小ぶりなフライパンでも大丈夫!
最近は一人鍋用の鍋の素「鍋キューブ」など作りすぎないで済む便利な商品が増えていますのでぜひ使ってみてくださいね。
私のオススメは豆乳や豚骨ベースのお鍋。食べてる途中にとろけるチーズをトッピングすると、更にクリーミーな食感になってお野菜がもっともっと食べられちゃいますよ!

どれも自宅でできる簡単なものばかりですが、ポイントは「リラックスして日々のストレスを減らすこと」なのです。
即効性があるものはその場しのぎになりがち。
手軽なことでも習慣化して体の内側から改善することで、お肌や気分がグッと良くなって、自分の自信にも繋がっていきますよね。

他にもこんな記事がおすすめRelated Posts

関連記事

特集記事Pick up article