Category

涼しいのにダルい「秋バテ」を防ぐ5つの基礎対策を紹介

めまいを起こす女性

秋バテが起きる原因は?

秋バテとは、夏バテと同じような症状で、簡単にいうと夏の疲れが今頃になってあらわれてくるものです。

最近は、夏が過ぎても30度を超える日があり、冷房をつけないと過ごせないことがあります。また、朝晩は涼しいのに昼間は暑く、1日の寒暖差が激しいので自律神経が乱れがちになるのです。

次のような症状があらわれる人は、秋バテの可能性があります。

  • 1日中眠くてダルい
  • 食欲がない
  • 朝シャキッと起きられない
  • 疲れやすい
  • めまいや立ちくらみがおこる
  • 無気力になる
  • 胃もたれや胸やけがおこる
  • 肩こりや頭痛がおこる

これらの項目に当てはまる人は、秋バテを解消するために対策を講じた方がよいでしょう。

秋バテを解消する5つの方法

秋バテを解消する方法を5つご紹介します。秋をスッキリと気分よく過ごすために、ぜひ試してみてください。

1. エアコンをこまめに調節する

エアコンの調整

9月に入ってもうだるような暑さの日が続き、毎日エアコンをつけているという人は多いでしょう。

しかし、9月は朝晩は涼しくて、昼間は暑いという日が出てきます。

寝るときは、昼間の暑さで部屋の気温が高くても、明け方になって冷え込むことがあります。

エアコンをつけっぱなしで寝てしまうと、寝冷えの原因にもなりかねません。

その日の気温にもよりますが、エアコンはタイマーを使って寝はじめから2時間ほどで消すようにし、あとは着るものや布団で調節するように心がけましょう。

つけなくても眠れそうな場合は、エアコンはつけない方がよいでしょう。

昼間のオフィスなどでエアコンが効きすぎているときは、ひざかけや靴下などを使って体温調節することをお薦めします。

外気によってエアコンの温度をこまめに調節すると身体も疲れにくくなります。

2. 温かい食べ物を食べるようにする

夏に冷たい食べ物や飲み物ばかり摂ってきた人は、胃が疲れている可能性があります。

夏の間に出なくても、少したって9月ごろから疲れによる不調を感じはじめることもあるのです。

秋バテで、胃もたれや胸やけを感じたら、しばらくは胃に優しい食べ物や飲み物を摂るように心がけましょう。

アイスコーヒーや清涼飲料水をたくさん飲んできた人は、秋になったら温かい飲み物にチェンジ。

胃に刺激をなるべく与えないように、カフェインを控え、温かい飲み物を選ぶようにしましょう。

身体を温めるスープや鍋などもお薦めです。

生姜は体を温めるので、少量加えるとポカポカになります。

秋バテには、緑黄色野菜であるカボチャやさつまいも、秋においしいきのこ類、ぎんなん、鮭なども効果的です。

毎日の食事にバランス良く取り入れてみてください。

3. ヒーリングミュージックを聴いて自律神経を整える

秋バテは、自律神経が乱れているときに起こりやすいといわれています。

自律神経を整っていると、自然と体調がよくなってくるというケースもあるので、身体の中からの対策に加えてヒーリングミュージックを聴いてリラックスするという方法もお薦めです。

臨床心理士が監修で制作された “自律神経を整える” ことに特化したヒーリングミュージックは特にお薦めです。
無料試聴はこちらから>>>自律神経を整える~健やかな活動を促す音楽 

心からリラックスできる音楽を日常に取り入れることで、秋バテの予防や解消に繋がるでしょう。

ヒーリングミュージックを寝る前にゆったりした気持ちで聴くと、心地よい眠りへと誘ってくれます。

また、朝なかなかスッキリと起きられない人は、目覚まし時計を少し早い時間にセットして、朝に適したヒーリングミュージックを聴いてから起きるという方法もお薦めです。

4. 湯船に入って温まる

湯船につかる

夏は暑いのでシャワーだけで済ませてしまうという人も多いようですが、湯船にしっかりつかって身体全体を温めることでリラックスし、自律神経を整えてくれます。

寝る2時間ほど前に、38~39度くらいのお湯にゆっくりとつかりましょう。

血行がよくなり、胃腸の調子も整えてくれるので、秋バテで胃もたれを感じている人にも最適です。

暑すぎて湯船につかるのがつらい場合は、ミントなどさわやかな香りの入浴剤を入れるとスッキリするでしょう。

5. ストレッチなど軽い運動を習慣にする

夏の間は体を動かすのがつらく、なかなか運動できないという人もいるのではないでしょうか?

実は、運動不足も自律神経が乱れる原因になってしまうのです。

少し涼しくなってきたら朝と夕方は運動するのに絶好のチャンスです。

外で運動するのが難しいという人は、家の中でストレッチをしたり、筋トレをしたりするだけでも血行がよくなります。

自律神経を整えるのに、適度な運動は欠かせません。

運動に慣れてきたら、天気のよい日は外に出て新鮮な空気を吸いながらウォーキングなどの軽い運動をしてみましょう。

秋バテはちょっとした心がけで予防&解消できる!

「最近どうも体調がすぐれない」「夏の疲れが出てきているかも?」と感じた人は、秋バテの可能性があります。

夏が終わってから疲れやすくなったと感じたら、まずは自律神経を整えることをお薦めします。

リラックスできるヒーリングミュージックを聴くことを習慣にしたり、簡単な運動を日常に取り入れたりすることで、秋バテがひどくなるのを防げます。

身体を温めることも積極的に行い、冬に備えて心と身体を整えておきましょう。

他にもこんな記事がおすすめRelated Posts

関連記事

特集記事Pick up article