Category

飛行機の苦手克服に効果的な3つの方法を徹底解説

飛行機が苦手

長距離の移動に便利な「飛行機」ですが、どうしても飛行機が苦手という人もいると思います。できるなら避けたいけれど、出張や長距離旅行など、どうしても飛行機に乗らなければならないという場面も訪れると思います。そんなときに役立つ、苦手な飛行機を克服するための3つの方法を紹介します。

1. 前日の睡眠を短くして飛行機の中で眠る

飛行機を苦手だと思っている人の多くが、飛行機への恐怖心が強く、安全性を考えてナーバスになっています。恐怖心を忘れるためには眠ることです。長い移動時間ですので、ゆっくり眠ることも時間の有効活用です。そのためには、前日から意図的に寝不足状態になっておくのも一つでしょう。

飛行機に乗る前日は、必然的に緊張して眠りにくいかもしれませんが、寝不足の状態であれば、席についたら自然に眠くなることが期待できます。さらに飛行機の中で良く眠れるためのポイントをいくつか紹介します。

まず、服装も大切なポイントです。出張などでは難しいかもしれませんが、できるだけ普段着に近い服装で搭乗して、少しでも身体がリラックスできるようにします。

足を冷やさないように厚手の靴下を履くことも有効です。手足が温かいと眠りにつきやすくなります。また、座る席もポイントです。あまりトイレに立たないのであれば、窓側席のほうが同列シートに座っているほかの乗客の移動を気にすることなく眠れます。ただし、窓側席が苦手な人は、通路側を選びましょう。

飛行機の中でしっかり眠れるためのアイテムとしては、眠りについたときに首が疲れないようにするネックピローがおすすめです。機体によっては、足を置くためのフットレストが常設されている場合もありますが、ない場合は、機内持ち込みの手荷物をフットレストの代わりにして足を乗せるとリラックスできる姿勢をキープできます。

体勢が落ち着いたところで、気になるのが光です。わずかでも機内の照明は眠りを妨げる要素になる可能性があります。そのようなときに備えて、アイマスクを持参して光を遮りましょう。

2. お酒やコーヒーは、眠りを妨げやすいので控える

機内サービス

苦手な飛行機に乗るとアルコールで気分を紛らわしたい。好きなコーヒーでリラックスしたいと思う人もいるかと思います。アルコールは一時的には不安を和らげてくれますが、摂取した数時間後に不安を大きくする可能性があるともいわれています。

フライト中に酔いがさめてしまうと、飲む前よりもさらに不安を感じたり、嫌な気分になってしまったりするかもしれません。さらに、アルコールは寝付きが良くなるという感じがしますが、長期的には眠りの質を悪化させます。結果的に睡眠が浅くなり、十分な睡眠の確保は難しくなります。

また、コーヒーは交感神経を刺激する作用をもつカフェインが含まれているため、血液中のアドレナリンが増加して血糖値、脈拍、血圧が上昇するため、眠りにくくなってしまいます。本来、大脳は疲れるとアデノシンという物質を出して身体を眠らせようとしますが、カフェインはアデノシンの眠らせようとする信号を妨げる作用もあるため、せっかく眠れても浅い眠りになってしまい、深い睡眠をとることはできません。

さらに、アルコールもコーヒーも利尿作用も高いため、睡眠に入ったとしても途中で目が覚めてしまう原因にもなります。

3. ヒーリング効果のある音楽を聴いて気を紛らわせる

音楽を聞く

苦手な飛行機に乗ったときには、気を紛らわせることも大切です。そのために音楽を聴くことをおすすめします。普段聴いている好きなアーティストの曲を聴くことでも気持ちが向上したり、落ち着いたりすると思いますが、苦手な飛行機で不安を感じているようなときには、その不安を和らげるためのヒーリング効果のある音楽や、眠りに誘うようなリラックス効果のある音楽を聴いてみることをおすすめします。

また、不安で仕方ないようなときにはその不安に支配されている気持ちを、支配されていない気持ちのほうに切り替えることもひとつの方法です。ヒーリング効果のある音楽を聴くと、暖かで包まれるような気持ちになったり、爽やかな野山の景色が浮かんできたりします。聴覚をフルに刺激して気持ちを切り替えてみましょう。

きっと、不安で硬くなってしまった心がほぐされていくことでしょう。このように、不安を和らげ、心身をリラックスへ誘うミュージック・セラピーの楽曲もあります。ミュージック・セラピーは、感情がポジティブになるサウンド構成となっています。

心がネガティブな感情に支配されたときには、不安を和らげ、安心感や心強さを与えてくれるでしょう。そのため、質のよい眠りにつくこともできます。苦手な飛行機に乗るときには、心も身体もリラックスできるヒーリング効果のある音楽を聴くことをおすすめします。

苦手なことを意識しないように心も身体もリラックスする音楽を聴く

飛行機が苦手でも乗らなければならないときには、できるだけ搭乗している時間が苦痛にならないようにも、時間を有効的に使うためにも「眠る」ことは効果的な手段です。そのためには、眠りを妨げるようなアルコールやコーヒーは飲まずに、できるだけリラックスした服装と姿勢で、安眠アイテムなどを活用しながら、ヒーリング効果のある音楽を聴くことをおすすめします。

他にもこんな記事がおすすめRelated Posts

関連記事

特集記事Pick up article