Category

げんこつ山のたぬきさん♪ 赤ちゃんは「手遊び」が大好き!

生まれてまもない頃から、いろいろな音やメロディー、リズムの違いを聴き分けていると考えられている赤ちゃん。1歳くらいになると、音楽や歌にあわせて体を動かしたり、つたないながらも歌ったりすることもできるようになり、可愛らしさもひとしおです!

心も身体も著しく発達するこの時期の赤ちゃんの様子とおすすめの遊びを、赤ちゃん学の権威で小児科医の小西行朗先生が教えます。

言葉と動作での「手遊び」を楽しめるように

「バイバイ」と言いながら手を振ったり、「ハーイ」と言いながら手をあげ返事をするようになると、赤ちゃんは音楽に合わせて体を上手に動かすようになります。

歌に合わせて手を動かす「手遊び」もとても喜びます。ママのひざに抱っこされて、手をとって動かしてもらっていた赤ちゃんも、今では自分でやりたいと思っています。

赤ちゃんと向かい合って手遊びを見せると、一生懸命に見て、そのうち動きの一部を真似しはじめます。慣れてくると、自分で歌いながら……歌詞は鮮明でなくても、手を一緒に動かすようになります。

1歳前後の赤ちゃんにおすすめの手遊び

昔から歌われている「むすんでひらいて」や「げんこつ山のたぬきさん」、よく知られているもので「頭・肩・ひざ・ぽん」や「キャベツのなかから」など、いろいろあります。
ぜひ、赤ちゃんと一緒にたくさん楽しんでください。

<赤ちゃんと聴きたいミュージック>

育脳おんがく&知育ぬりえ

「大きな栗の木の下で」「幸せなら手をたたこう」「きらきら星変奏曲」など童謡から唱歌、クラシックまで、赤ちゃんと楽しめるさまざまな楽曲をたっぷり収録。また、ニューヨークのポップアートのアーティストとコラボした「知育ぬりえ」も付属。聴覚と視覚の両面から赤ちゃんの感性を育む教育教材です。

この記事の担当ライター
小西 行郎
小西 行郎

小児科医。同志社大学赤ちゃん学研究センター センター長/教授。日本赤ちゃん学会理事長。主な著書に『赤ちゃんと脳科学』(集英社新書)、『赤ちゃんのしぐさBOOK』(海竜社)、『発達障害の子どもを理解する』(集英社新書)、『はじまりは赤ちゃんから』(赤ちゃんとママ社)他。

【記事提供】ミルケア
妊娠中~赤ちゃんのいま知りたい情報がもっとたくさん!赤ちゃんの成長や健康が大きく左右されると言われている、命が芽生えた日からの1000日間。ママパパそして赤ちゃんが笑顔あふれる毎日を送るためのアプリ「ミルケア」をスタートします。
http://www.milcare.co.jp/

小西 行郎の他の記事を読む

他にもこんな記事がおすすめRelated Posts

関連記事

  • 【CDモニター】「おやすみオルゴール」を8名のママさんが体験! 大切な赤ちゃんとのおやすみタイムに、やすらぎと心地よさをもたらしてくれるCD「おやすみオルゴール」を、0歳1ヶ月~2歳0ヶ月の8名のママさんにお試しいただきました。 『~MY FIRST […]
  • 赤ちゃんと「音育」~妊娠中に聴いたBGMを~赤ちゃんと「音育」~妊娠中に聴いたBGMを~ 私は生まれた赤ちゃんのお家に訪問する「赤ちゃん訪問」をしています。一日中ずっと時計代わりにTVがついているお家、ラジオが流れているお家、オルゴールやクラシックなどのヒーリングミュージックが流れているお家、全く音とは生活に無縁なお家、様々で […]
  • 赤ちゃんと「音育」~自然の音に耳を澄ませて~赤ちゃんと「音育」~自然の音に耳を澄ませて~ 赤ちゃんはお腹の中にいる「胎児」の時は妊娠何週の頃から聴覚が発達しているのかご存知でしょうか?正式には妊娠24週(7ヵ月)ごろと言われています。意外と早いのです。羊水の水の音だけでなく外界の騒音やママやパパの優しい声、ペットの鳴き声も聞こ […]

特集記事Pick up article