Category

寝苦しい熱帯夜もぐっすり!暑い夏も快適に質の高い睡眠ができるコツ

気温が高く、ムシムシと湿度も高い、夏の熱帯夜。
体温調節がうまくできず、汗も蒸発しにくいので、体に熱がたまりやすく寝苦しい日が続いてしまいます。

眠りが浅いと疲れがスッキリとれず、体調不良につながってしまうことも。

今回は、ぐっすり眠るのが難しいこの季節だからこそ、知っておきたい快眠テクニックをご紹介します。

暑い夏も快適に眠るためには

寝苦しい夜が続く夏の暑い季節。何も工夫せずに眠ろうとしてみても、なかなか寝付けないという方が多いのでは?

気持ちよく眠るには、ちょっとしたコツがいろいろあります。自分のライフスタイルに合わせて、取り入れやすいものからトライしてみてはいかがでしょうか?

体温を上手に調節しよう

快適な睡眠のためには、体温の調節が重要です。暑すぎても、寒すぎてもぐっすり眠るのは難しくなります。

心地よく眠れるよう、さまざまな方法で体温を調節しましょう。

通気性のよい寝具を選ぶ

体温調節に重要な役割を果たしているのが、寝具。
特に、敷布団やシーツは寝ている間ずっと体に触れているので、素材選びには気を付けたいですね。

体は寝ている間も汗をかくので、通気性の良いものを選ぶのがポイント。コットンは熱がこもりにくく、汗を吸収する働きがあります。湿度も感じにくいので、コットン100%の寝具がオススメです。

また、最近は冷感機能のある寝具も人気です。とにかく暑くて眠れない!という方は、一度試してみるのもよいかもしれません。

エアコンを上手に使う

エアコンの冷房も上手に使わないと、逆に目が覚めてしまう原因になります。

寝る時の室温は低いほうが寝つきやすくなるので、就寝1時間前からエアコンをかけて、25~26℃に冷やしておきます。そして、寝るときに28~29℃に上げましょう。

エアコンをつけると寒く感じ、切ると暑くて目覚めてしまう、という人は寝ている間の設定温度が低いからかもしれません。

また、エアコンと併用して扇風機やサーキュレーターを使うと効果的。空気を循環させ、風の流れを感じられるようにすると、心地よく眠ることができます。

ただし、風が直接体に当たると冷えすぎてしまうので、エアコンの下に置いたり、壁向きに設置して、間接的に風を感じるように工夫してみましょう。

後頭部を冷却シートで冷やす

後頭部を冷やすと体がクールダウンし、全体の体温が下がるので、寝苦しい夜には試してみたい方法です。
熱さまし用の冷却シートを首の後ろに貼ったり、保冷剤をタオルで巻いて頭を冷やしたりすると、ひんやり気持ちよく眠れます。

寝る前の過ごし方に一工夫

深い睡眠のためには、寝る前の過ごし方も重要です。夕方から寝る間までの行動は、その後の睡眠の質に大きく影響してきます。

質のよい眠りのため、夕方からの生活にもちょっと一工夫してみましょう。

夕方適度に運動する

暑い夏は体を動かすのがおっくうになりがちですが、体温は日中と就寝時の差が大きい方が、熟睡度が上がると言われています。

最も体温が高くなる夕方に、軽くエクササイズしたり、階段を使ったりして意識的に体を動かしてみましょう。心地よい疲れも、深い眠りにつながるはずです。

寝る前にシャワー

眠る前に、冷たいと感じる水温でシャワーをするのもオススメです。夏は、どうしても汗で体がベトベトして不快になります。涼しく感じる水温でシャワーをすると、汗が流れて肌がサラリとし、上がった体温もクールダウンさせることができます。

さらに、仕上げに足首と手首に冷たいシャワーをかけると、気持ちもシャキッとしてリフレッシュできます。

リラックスできる寝室をつくる

いくら最適な体温調節ができていても、精神的にリラックスできていなければ快適な眠りにはつながりません。
寝室でどれだけ心地よい時間を過ごせるかも大切なポイントです。

寝室を少し暗くする

明るすぎる部屋は、安眠を妨げてしまうので、寝室は少し暗い状態がベストです。遮光性のあるカーテンを使い、最低限の照明をつけるだけにとどめましょう。

照明器具からは熱も発生しているので、使っていない照明や電化製品はコンセントから抜くようにすると、エアコンの効果も高まります。

アロマの香りでリラックス

アロマの効果で、リラックスしてみるのもいいですね。香りの効果は緊張を効果的にほぐし、眠りに最適な状態にしてくれます。

アロマオイル Sleep ラベンダーハーブ」は、心を落ち着かせてくれるラベンダーの香りのアロマオイル。ラベンダーに加え、マジョラムの甘くスパイシーな香りとシダーウッドの樹木系の香りがアクセントとなり、ストレスのない眠りへと導いてくれます。

ヒーリングミュージックを聴く

疲労やストレスを和らげて安眠するために、ヒーリングミュージックを入眠時に聴くのも効果的です。

眠りに誘うクラシック」は、心地よく就寝時間を過ごせるスペイン楽曲をセレクト。暖炉のたき火のような温かさを感じられる旋律を楽しみながら、豊かな気分で深い眠りにつけるはずです。

究極の眠れる音楽」は、快眠セラピストや睡眠医療認定医の協力のもと、多くのモニター調査を経て制作した、医療系セラピー・ミュージック。入眠や不眠に悩む方には、ぜひ試してほしい音楽です。

熱帯夜もいろんな工夫でぐっすりと

眠っている時間は、一日の中で約3分の1にもなります。これだけの時間を占めている睡眠時間ですから、夏の熱帯夜もぐっすりと心地よく眠りたいですよね。

健康は質の高い睡眠から。いろいろな工夫を取り入れて、暑さや寝苦しさを解消し、快眠できれば、暑い夏も元気に乗り切れますよ!

他にもこんな記事がおすすめRelated Posts

関連記事

他の記事をタグから探すRelated Tags

特集記事Pick up article