Category

低気圧による “睡眠の悩み” を改善する方法とは

眠れない

梅雨の時期は、低気圧の影響で “睡眠” に悩む人が増加する傾向があります。
しかし、規則正しい生活や適度な運動、そして耳マッサージといった方法などで、気圧の関係による “睡眠の悩み” が改善される場合もあります。

ここでは梅雨の時期による “睡眠の悩み” の対策、そして快適な睡眠へ導く音楽も合わせてご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

1. “自律神経を整える” ため、まずは『規則正しい生活』を送る

自分の意思とは無関係に、血管をはじめ あらゆる内臓器官を調整してくれるのが自律神経です。
呼吸器官や消化器官、体温調節などといった、身体をコントロールする役割を担っています。

夜更かしや朝寝坊を避け、起床時には太陽の光を浴びて体内時計をリセットできれば、自律神経が上手に機能しやすくなりますが、逆に不規則な生活は低気圧の影響を受けやすいので要注意です。

そのため、規則正しい生活を送ることで自律神経が整えられれば、低気圧による “睡眠の悩み” は現れにくくなるでしょう。

2. エアコンの使いすぎに注意する

エアコン

梅雨の時期は、蒸し暑くエアコンを使う機会が増えてきます。
しかし、エアコンを使いすぎると体が本来持つ体温調節機能が低下することで、体調不良や朝のダルさにつながることもあります。
そのため、エアコンを使いすぎず適度に使うことで、睡眠の質を高めることに効果的です。

このような、エアコンによる体調不良は「クーラー病」と呼ばれています。

クーラー病の予防としては、外気温との差を5〜7度以内にすることが大切です。そのため、冷房の温度設定は27度前後が望ましいでしょう。[注1]

[注1]一般社団法人 大阪府医師会:げんき情報 クーラー病

3. 適度な運動やストレッチをする

適度な運動やストレッチは自律神経のバランスを整えるので、低気圧による睡眠のトラブルを抑えられるでしょう。

軽い運動は交感神経を刺激するので、発汗や新陳代謝を促進します。また、運動後の休息は副交感神経を刺激するため、自律神経の良好な切り替えを促せるのです。

ウォーキングや水泳などを1日1回ほど取り入れてみてはいかがでしょうか。

4.天気予報をチェックして心構えをしておく

天気予報

あらかじめ天気予報をチェックしておけば、天気や低気圧への心構えができます。早く布団に入ったり、眠れるようにアロマでリラックスしたりと睡眠へのアプローチが可能なのです。

気象庁のホームページや一部のアプリで気圧の変化を閲覧できるので、ぜひ活用しましょう。

ちなみに、「5ヘクトパスカル」ほど下がると身体に変化が見られやすくなる そうなので、目安にしても良いかもしれません。

5.耳のツボを押したりマッサージする

耳の後ろあたりにある頭竅陰(あたまきょういん)や完骨(かんこつ)というツボを、押したりさすったりすれば低気圧による症状が緩和されるそうです。頭痛やめまいを抑えられれば、質のよい眠りを確保しやすくなります。

また、頭痛やめまいは耳周りの血流が悪いと起こりやすくなります。なので、耳を持ってくるくる回したり、耳たぶの上下をつまんで真ん中から折りたたんだりするマッサージもお薦めです。

快適な睡眠を導く音楽2選

低気圧でも睡眠を取るには、脳をリラックスさせるのも効果的です。

リラックス時には脳にα波が発生しますが、快い音楽を聞くことはα波を導くとして知られています。

ヒーリングミュージックでα波の発生を促す

ヒーリングミュージックは、海の音や鳥の鳴き声などで構成された自然音、オルゴール演奏やクラシックなどがあります。

歌詞がないので安眠に繋がり、テンポもゆっくりなため(リラックス時の脳内で見られる)α波が発生しやすく、寝る前に聞くのがお薦めです。

ヒーリングミュージックを聴くことでリラックスにつながり、快適に眠れることでしょう。

「1/fゆらぎ」は心拍や呼吸とシンクロしてリラックスできる

規則的な音でなく、リズムにゆらぎがある「1/fゆらぎ」も快適な睡眠に効果があります。

「1/fゆらぎ」は、雨が降る音や川のせせらぎ、風のそよぐ音などに含まれ、自然界のほかにもヒーリングミュージックでも含まれているものもあります。

心拍や呼吸など、人間の身体も同じリズムがあるために、「1/fゆらぎ」が含まれている楽曲を聴くと癒やされるように感じるのです。

寝る前などに「1/fゆらぎ」が含まれている楽曲を聴けば、癒やし効果を得て安眠につながることでしょう。

低気圧が原因の “睡眠の悩み” は改善できる!?

これからの季節、低気圧による “睡眠の悩み” が起こる可能性があります。

しかし、気圧の関係による “睡眠の悩み” は、規則正しい生活や適度な運動などにより改善できるでしょう。

また「1/fゆらぎ」を含むヒーリングミュージックを聴くことも効果的です。
ヒーリングミュージックを聴くことでリラックス効果を得られれば、快適な眠りに繋がるでしょう。

寝付きが悪かったりぐっすり眠れなかったりした際には、ぜひ参考にしてみてください。

他にもこんな記事がおすすめRelated Posts

関連記事

  • 【心理】「悩み」の森から心を幸せに導く4つの方法 人生では、森に彷徨うかのような出来事も起こります これからいよいよ初夏のシーズン、陽射しが眩しい季節がはじまります。半年前まではまだ地味な眺めだった森も、緑がかった木漏れ日に衣替えをしました。四季ごとに森は色を変えていきます。 […]
  • 9月に向けて、ココロの身じたくしませんか? 8月も残すところ今日を含めあと2日。 学生にとっては長い夏休みが終わりに近づき、宿題に追われてラストスパートしている頃ではないでしょうか。 夏休みが終わると、久し振りに友達に会えて嬉しい反面、学校が始まって憂鬱に感じる方もいら […]
  • 雨音をBGMに♪ おうちでリラックスにぴったりなアロマ雨音をBGMに♪ おうちでリラックスにぴったりなアロマ 梅雨は気圧や湿度の影響で心身ともに疲れやすい時期。 今回は憂鬱な雨の日でも健やかに過ごせるアロマテラピーをご紹介します! ご存知ですか? […]

他の記事をタグから探すRelated Tags

特集記事Pick up article