Category

“呑気症” を改善して快活な日常を取り戻す!? 2つのポイントとは

苦しそうな女性

日本人の8人に1人はみられると言われる「呑気症」。その症状はゲップやおなら、腹部の膨張感、吐き気などに悩まされます。
もし貴方に、そういった症状が現れているのであれば、それは「呑気症」のサインかもしれません!

今回は、「呑気症」が引き起こされる理由や改善方法を紹介します。

呑気症が引き起こされる原因…”ストレス” で必要以上に空気を飲み込んでしまうため

胃や腸などの調子が悪くないにも関わらず、腹部の膨張感や吐き気などを感じる場合、必要以上に空気を飲んでしまう呑気症になっている可能性があります。

呑気症で必要以上の空気を無意識のうちに飲み込んでしまうのは、ストレスが原因の一つとされています。

人間関係や仕事などで緊張や不安を感じていると、唾液を飲んだりすることがあります。この際、無意識のうちに空気も一緒に呑み込んでしまっているのです。

歯の噛みしめも原因の1つ

歯を食いしばる女性

呑気症を引き起こす原因は、ストレスだけでなく、歯の噛みしめも関係していると指摘されています。

歯の噛みしめと聞くと、食事などの際に、口を動かしている状態を想像しますが、無意識のうちに歯を噛みしめている状態のことを指します。

無意識のうちに歯の噛みしめを行うと、舌が上あごに付き、唾液が奥へと流れやすくなります。そして、唾液と一緒に空気も流れ込んでいくので、その分空気を呑み込んでしまいます。

歯の噛みしめが原因で起こる症状は、ストレスの時よりもひどく、頭痛や肩こり、目の痛みなどを引き起こすともいわれています。また、歯の摩擦やひび割れ、歯肉炎、アゴの痛みなども引き起こしやすくなります。

歯の噛みしめは、緊張や不安によって起こるものをはじめ、重い荷物を持つ時や、デスクワークなどの軽い作業を行う時にも引き起こります。

どれも日常的に起こるものなので、全てをすぐに対処することは難しいかもしれません。歯の噛みしめが原因で引き起こる症状がひどい場合には、まずは自分の歯の噛み合わせを確認し、マウスピースを利用してみるのも良いでしょう。

呑気症解消が期待できる2つの方法

呑気症の場合、病院で医師の診察を受けるのが一番ですが、自宅でも症状緩和に努めることはできます。食事の方法や、音楽を聴いてストレスを解消する、胃や腸に効果的なツボを押すといった方法が挙げられます。

食事はゆっくり食べてすすらないようにする

食事をする女性

食事は早食いをしてしまうと、食べ物と一緒に、多くの空気を飲み込んでしまいます。ゆっくりと食べることを心がけましょう。

また、飲み物やスープなどは音がたつ程にすすってしまうと、空気が身体のなかに入り込みます。汁物は静かに飲むことが大切です。

ストレス解消の一環として音楽を聴く

呑気症を改善するためには、主な原因であるストレスを解消する必要があります。そして、ストレスを解消するために有効な方法のひとつが、音楽を聴くことです。

音楽といっても、どんな音楽でもいいわけではなく、リラックスできる音楽を聴く必要があります。リラックスできる音楽とは、ヒーリングミュージックや「1/fゆらぎ」が含まれた落ち着いたリズムの音楽がお薦めです。

ヒーリングミュージックや「1/fゆらぎ」が含まれた楽曲を聴くと、リラックス効果が得られている際に脳から出る、アルファ波という脳波の1種が出やすくなります。アルファが出ることによって、自律神経のバランスが安定し、心身ともにリラックスした状態になりやすくなります。

ストレスや不安を抱える限り、呑気症が改善されることは難しいかもしれません。少しでもストレスを解消するために、ヒーリングミュージックを聴くだけであれば、簡単に始めることができるので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

他にもこんな記事がおすすめRelated Posts

関連記事

特集記事Pick up article