Category

【花粉症がつらい人へ!】自律神経を整え免疫力を高める生活習慣のコツ

花粉症がつらい人へ!_1

寒い冬が終わりを迎え、過ごしやすい日が増えてきましたね。しかし春になると「今年の花粉症はいつにも増して辛い!」「新生活はストレスが多くて疲れやすい……」と悩む方も多いのではないでしょうか? 春は環境の変化が大きい季節であるため、心身に負荷がかかり免疫力が落ちてしまうことも。そんな時期に免疫力を上げ健康に過ごすには、自律神経を整えることが重要です。今回は自律神経を整え免疫力を高める生活習慣のコツをご紹介します。

忙しい春先。あなたの免疫力は大丈夫?

春はさまざまな環境の変化があり、ストレスを感じやすくなる季節です。進学や就職、転職といった大きなイベントだけでなく、前日との寒暖差や昼と夜の気温差なども心身に影響を与えます。このような変化は体にストレスがかかり疲れやすくなります。

なかなか疲れが取れない日が続くと、免疫力が低下する原因となるおそれも。免疫力とはウィルスやカビ、細菌といった感染やがんなど、さまざまな外敵から身を守るための能力。血液中の白血球が中心となってこの役割を果たしています。そのため免疫力が落ちると、いろいろな病気にかかりやすくなるばかりではなく、もともとある持病を悪化させる原因となるおそれもあるのです。

免疫力は変動しやすいため、低下させる原因がなくなれば免疫力は回復します。何かと忙しい春先は、ストレスや疲れの原因となる要因を早めに取り除くことが大切です。

辛い花粉症。免疫力を上げるカギは自律神経にあり

進学や就職などの環境の変化に加えて、この時期多くの人を悩ますのが花粉症です。毎年のように「去年より辛い……」と感じる人もいるのではないでしょうか? 花粉症の症状をやわらげるためにも、免疫力を上げることは大切です。

免疫力を上げるために重要なポイントは自律神経にあります。自律神経とは血液循環や消化吸収、呼吸、免疫、代謝、ホルモン分泌など、生命活動に欠かせない生体機能を維持する神経系統のことです。

自律神経は、生体機能にとって“アクセル”の役割を持つ「交感神経」と、“ブレーキ”の役割を持つ「副交感神経」の2つに分かれます。この交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまうと血液循環や免疫、ホルモン分泌などが上手く行われなくなり、免疫力が低下してしまうのです。

特に春は環境が変わり、ストレスや睡眠不足などで自律神経のバランスが崩れやすい季節。すでに花粉症の方は悪化してしまったり、花粉症になったことがない方も発症すしやすくなったりしてしまうため、自律神経のバランスが乱れがちな方は注意が必要になります。

春先にオススメ!自律神経を整える方法

自律神経を整えるためには以下のような方法があります。

体温を上げる

ストレスを感じると体が緊張します。緊張状態が続くということは、生体機能の“アクセル”である交感神経を刺激し続けることになります。体温をあげることで血流をよくし、体をリラックスさせましょう。

例えば、起きたら水を飲み腸のぜん動運動を促すことで副交感神経が刺激され、自律神経のバランスが整います。そのほかにも朝食をしっかり食べたり、適度に運動したりすることで体温があがり、結果的に自律神経の乱れを防ぐ効果が期待できます。

気温差に備える

春は昼と夜の気温差が大きいため、「今日は暖かいから薄着で大丈夫かな」と油断していると、夜はとても冷えることもあります。特に春先はお花見やピクニックなど、アウトドアのイベントも増えてくる時期。寒さがストレスの原因となり、体の不調を引き起こす原因となります。昼は薄着で問題なくても、上着やブランケットなどの防寒グッズを準備し、夜の寒さに備えましょう。

時間と心に余裕をもつ

時間と心に余裕がなく焦った状態が続くと、交感神経ばかりが刺激され体の不調の原因となります。
時間を気にしすぎて焦ってしまうと、自律神経のバランスが崩れ、集合場所・時間を間違えてしまったり、仕事でもミスが増えてしまったりします。寝る前は翌朝の準備をしておいたり、朝は早め起きたりして時間に余裕を持ちましょう。また、疲れた時に鏡を見て「ニコッ」と笑顔を作ることも大切。たとえ作り笑顔でも、副交感神経が刺激され、疲れやイライラが軽減されます。

リラックスする

体をリラックスさせることで副交感神経が刺激され、自律神経の乱れの原因となるストレスをやわらげることができます。お部屋にアロマを焚いたり半身浴をしたりして日々の疲れを癒やし、体の緊張を取り除きましょう。

また、音楽を聞くことも自律神経を整えるために有効です。例えば『自律神経を整える。~心と体のためのメンタル・トリートメント』では、みずみずしく希望に満ちたメロディと、自律神経を整えるのに効果的と言われる自然音を取り入れています。さらに『免疫力活性のための音楽』は自律神経にやさしく働きかけることで、免疫機能をアップさせることができます。

自律神経を整えて快適な春を迎えよう

花粉症がつらい人へ!_2

何かと慌ただしくなる春先は、ストレスや疲れがたまりがち。自律神経の乱れをおさえることでストレスをやわらげ、免疫力の低下を防げます。自律神経を整える習慣を身に付けて、心身ともに健康な状態で春を迎えましょう。

この記事の担当ライター
ロータス・エリー
ロータス・エリー

東京都内に暮らし始めて10年のアラサー独身OL。20代は若さでなんとか乗り切れたものの、30代からは自分の心と体に向き合いながら、ストレスを溜めない生活を心がけている。キックボクシングや山登りなどアクティブな運動も好きだけど、ヨガや瞑想などにも興味あり。マイブームは、寝る前はヒーリングミュージックを聴きながら、マインドフルネス瞑想をすること。

ロータス・エリーの他の記事を読む

他にもこんな記事がおすすめRelated Posts

関連記事

特集記事Pick up article