Category

病院内BGMを “ヒーリングミュージック” にすることで期待できる効果と選曲ポイントを解説!

医師と患者
病院内のBGMを “ヒーリングミュージック” にすることで、患者の方はもちろん医師もリラックスでき、双方とも診察に集中できるという効果が期待できます。

また、選曲のポイントは同じ病院内でも、小児科ではアニメソングや動揺、待合室ではクラシックやオルゴール、産婦人科では自然音と、場所によって適した楽曲がお薦めです。それぞれの期待できる効果と詳しい内容を解説します。

ヒーリングミュージックを病院内BGMにすると患者の緊張がほぐれて先生も診察に集中

コップを持ちながら音楽を聴く女性

お店や施設などのBGMは曲によって様々な意味や効果がありますが、病院内BGMも同じです。

病院を訪れる患者の方は何らかの症状で来院していますので、診察を受ける前は少なからず緊張するものです。

そこでヒーリングミュージックをBGMとしてかけることで、患者の緊張がほぐれてリラックスした状態で診察が期待できます。また、患者がリラックスすることで、先生も診察に集中できるでしょう。

“集中 “効果が期待できるヒーリングミュージックは手術中のBGMにも取り入れられている!?

病院内で活用するヒーリングミュージックですが、手術中のBGMとしてもヒーリングミュージックが取り入れられるでしょう。

局所麻酔の手術なら患者も意識があるため、手術自体医者もかなり緊張するものです。そこでヒーリングミュージックをBGMとしてかけておくことで患者もリラックスして手術を受けられます。

さらに医者の緊張も軽減されるので、手術室のBGMとしてもヒーリングミュージックは最適でしょう。

ヒーリングミュージックは患者の不安を軽減し、苦痛緩和効果も

ヒーリングミュージックは「1/ fゆらぎ」を含んでいるものが多く、この「1/ fゆらぎ」が患者のリラックスにつながります。[注1]

ヒーリングミュージックによって患者の不安が軽減され、リラックスして診察を受けられる上に、苦痛緩和効果もあると言われています。

[注1]メディシナル研究所:α波・f/1ゆらぎ

病院内BGMにお薦めの音楽はクラシックやヒーリングミュージック

病院内でBGMにするなら、クラシックやヒーリングミュージックがお薦めです。ヒーリングミュージックによって患者は診察前に心を落ち着けられ、ゆったりとした姿勢で診察に臨めます。

次はそんなヒーリングミュージックがもたらす効果を具体的にご説明します。

クラシック音楽がもたらす効果は集中力UP

クラシックは集中力をUPさせると言われているので、患者だけでなく医師や看護師が仕事に集中するためにクラシック音楽を流すことは院内の効率アップが期待できます。

院内の効率がアップすれば、さらに患者の診察待ちによるストレスを軽減できます。

ヒーリングミュージックがもたらす効果は心身のリラックス

ヒーリングミュージックは先述した「1/ fゆらぎ」の効果で心身のリラックスを促すことができます。

「1/ fゆらぎ」は脳の “α波”と呼ばれる、リラックスした時にでる脳波を出すことも確認されています。

エステサロンやスパなど、リラクゼーションサロンで流れていたヒーリングミュージックを聞くと、体の力が抜けてリラックスできると感じたことがある人も多いでしょう。

これはリラクゼーションの効果はもちろんのこと、ヒーリングミュージックによって “α波” に影響されていたのです。

選曲を変えることで、待ち時間を短く感じさせる

イヤホンで音楽を聴く女性

例えば待合室にヒーリングミュージックをかけることによって、患者の待たされているストレスが緩和されて、待ち時間を短く感じさせることもできるでしょう。

体調が悪い中で待たされる患者さんは多かれ少なかれストレスを感じていますが、待合室のBGMをヒーリングミュージックにすることで待ち時間を短く感じさせる効果が期待できます。

小児科にはアニメソングや童謡がお薦め

小児科には流行りのアニメの曲が収録されたものや童謡がお薦めです。
子どもは体調不良と診察の不安を抱えており、大人よりも不安定な気持ちになっていますので、日頃からなじみのある童謡やアニメソングをかけることで、子どもの不安解消につながるでしょう。

子どもの体調不良は親御さんの疲れや不安を招きますので、体調の悪い子どもが少しでもリラックスできると、親御さんの気持ちも落ち着きます。

待合室にはクラシックやオルゴールがお薦め

優しいオルゴールの音色は聞いているだけで心が穏やかになるため、不安を抱えながら来院する患者さんが診察を待つ待合室には、このオルゴールがお薦めです。

また、クラシックも良いでしょう。アップテンポのクラシックも待ち時間を短く感じさせる効果があると言われています。

産婦人科には “川のせせらぎ音” や “小鳥のさえずり” など『自然音』がお薦め

岩と池

産婦人科では “川のせせらぎ音” や “小鳥のさえずり” など自然音が入ったものがお薦めです。

これらの音は何かとストレスを抱えがちな妊婦さんがリラックスすることで優しい気持ちになり、胎教も良いでしょう。

自然音を聞くことで不安やストレスを軽減が期待できます。

病院内BGMはヒーリングミュージックがお薦め

ヒーリングミュージックには心身をリラックスさせ、ストレスを緩和させる効果があることから、病院内BGMにはヒーリングミュージックがお薦めです。

患者さんも先生もリラックスすることでより良い診察ができるようになるでしょう。

音楽のテンポによってもリラックス効果が変わってくるという実験結果もあるので、ぜひお気に入りのヒーリングミュージックを見つけてみたはいかがでしょうか。[注2]

[注2]中央大学大学:楽曲のテンポの違いによる聴取者のリラックス効果の検討[pdf]

他にもこんな記事がおすすめRelated Posts

関連記事

特集記事Pick up article