Category

別れの季節。大切な人に「さようなら」より『ありがとう』を渡そう

カラフルなパッケージの甘いお菓子に、目と足がとまる春のスイーツ売り場。
最近では、女性が友達同士でチョコレートをやり取りする「友チョコ」なるものも定番となっているようです。

バレンタインデーやホワイトデーに贈るお菓子ごとに、メッセージが秘められていることを知っているかたは少なくないかもしれません。

たとえば、マカロンには「あなたは特別な存在です」というメッセージが込められているそうですが、

他には…

マシュマロ:あなたが嫌いです。
キャンディー:あなたが好きです。
キャラメル:あなたといると安心します。
クッキー:友達のままでいたいです。

友チョコだとしても、大切な相手からはぜひマカロンやキャラメルをいただけたら嬉しいですね。

素敵なラッピングは、それだけでワクワク感がアップ

ですが、筆者としては中身よりも、実はラッピングで相手の気持ちがわかるような気がしますが、みなさんはいかがでしょうか?

包み紙、ショップバッグやリボンなど、キレイや可愛い色柄には送り主の好みやセンスが伺えます。
ラッピングが素敵だと、それだけで嬉しい気持ちを感じませんか?

ラッピングは洋服にも似ている気がします。
TPOに応じてコーディネートするように、包装紙とリボンはアウターとアクセサリーのような関係です。撮影したり、ラッピングを誰かに見せたくなりますね。

もしかしたらデートを約束した恋人たちも、お互いが素敵なコーディネートで待ち合わせ場所に登場すると、それだけで嬉しい…そんな気持ちを感じるのではないでしょうか?

また、日本のラッピング技術やサービスに海外のかたは驚かれるそうです。
折り紙や風呂敷の習慣が、包む文化につながっているのではないかと個人的に感じています。
海外ではラッピングは入れるためのもの(ボックス型やシンプルなパッケージ)であり、
日本では包むためのもの(中身が見えないようにする相手への心配りなど)という違いがあるのではないでしょうか。

ヨーロッパやアメリカのデパートでは、クリスマスシーズンだけラッピングコーナーが設けられて長い行列ができると聞きますので、日本ほどラッピングが習慣化されているわけではないようです。

いずれにしても、素敵なラッピングは開けるときのワクワクがいっそう盛り上がりますね。

ところで、女性の中には、パッケージやリボン、ショップバッグを捨てられずに保管している人が多いかもしれません。筆者もそのひとりです。

クローゼットの中に保管してあったそれらを見かけると、ふと、くださった人物を思い出します。

ラッピング、かすみ草…メインの引き立て役が「感情のスイッチ」に?

さて、3月のイベントといえば、卒業式や送別会。
贈る花束には、バラ、カーネーションが人気だそうです。他にはガーベラ、チューリップなども色合いが美しいです。

花束をつくる際に、かすみ草が添えられていることが多いですね。かすみ草は、比較的簡単にドライフラワーにできるので、メインのお花が枯れたあとも永く飾っておくことができます。

シンプルなガラス瓶に飾られたドライフラワーのかすみ草を美容室やセレクトショップで見かけることがありますが、白家具に似合うシャビーテイストなディスプレイとして、存在感があります。
ラッピングもかすみ草も、イベントでは脇役的な存在ですが、このオプションの影響力はあなどれません。

ラッピングのセンスが良いと受け取る側も贈る側も気持ちが盛り上がり、かすみ草をドライフラワーにすることで何が引き起こるでしょうか?

それは「アンカー」という条件反射です。

筆者の仕事である実践心理学の授業では、この条件反射を意図的に作ることを推奨しています。

後々、ラッピングに使われたショップバッグやかすみ草を眺めれば、自分を見送ってくれた人たちを思い出すことができます。
印象的な記憶には感情がつきまとうので、ショップバッグやかすみ草のドライフラワーを見るたび、アンカーの作用で記憶が蘇るというわけです。

このアンカーを発火させて(引き起こさせて)気持ちを切り替えるので、アンカーは感情のスイッチとも言われています。
見るたびに忘れかけた新鮮な感情が湧きおこり、その感情を思い出すことで初心に立ち返ったり、見送ってくれた人のことを考えます。
つまり、アンカーで感情は切り替わるのです。

「さよなら」より『ありがとう』のアンカーを

そういえば、卒業ソングもアンカーです。
聴くたびに懐かしい気持ちが蘇り、独特の感情が心に戻りますね。
コマーシャルや、ドラマに使われていたヒット曲もアンカーの役割を果たします。

忘れていた感情を思い出すことで、感情を切り替えることができるメリットはたくさんあります。
感動できたり、楽しくなれたり、懐かしさを体感できたり。

ちなみに、かすみ草の英名は「Baby’s breath ベイビーズブレス(赤ちゃんの吐息)」。とてもロマンチックですね。
かすみ草で飾られたブーケは、見送る相手に赤ちゃんの吐息のような、安らかなリラックスを贈ります。

また、かすみ草の花言葉は「感謝」。
3月は日本中がお別れをしています。
さよなら…ではなく、ありがとうの感謝のアンカーがあちらこちらで生まれています。

赤ちゃんの吐息は、赤ちゃんが微笑んでいるときに生まれるもの。
甘くて繊細な、永遠には続かない一瞬のお別れのときの心と似ています。

3月。さようならの季節はラッピングのように、柔らかな笑顔をリボンに結んで、大切な人に感謝を渡してみませんか?

この記事の担当ライター
ふくち みずほ
ふくち みずほ

【セラピスト・カウンセラー・ヒューマンアカデミー講師】

全国30校舎のヒューマンアカデミーにて、セラピスト・カウンセラーの講座開発と育成授業を手がける。米国NLP協会認定NLPトレーナー。得意分野はインナーチャイルド、カラーセラピー、育成歴をもとにした交流分析、ヒプノセラピー、NLPトレーニング。
女性が生きる上で必要な、セラピースキル(知識)とテクニック(技術)は、恋愛、仕事、結婚、育児など活用分野が膨大であるため、多くの女性にその技術を提供する。NLPトレーニングでの受講生数は延べ1460人にのぼる。

ふくち みずほの他の記事を読む

他にもこんな記事がおすすめRelated Posts

関連記事

特集記事Pick up article