Category

健康で若々しく生きたい!アンチエイジングのための生活習慣

健康で若々しく生きたい!アンチエイジング_1

年齢を重ねるにつれ、肌のシワやたるみ、髪質の変化、体力の低下や冷えなど、さまざまなところで変化を感じる人も多いでしょう。

そんなときこそ「アンチエイジング」につながるライフスタイルを取り入れてみませんか?
今回は目に見える部分だけでなく、からだの内側から老化を防ぐ、アンチエイジングのためにオススメの生活習慣をご紹介します。

なぜ人は老化するのか?

そもそも「老化」とは、成熟期を過ぎた生物に起こる、個体の生理機能の変化のことです。老化が始まると、ひとつひとつの細胞機能が低下するとともに、体のさまざまな部分の機能も低下していきます。このような老化には、いくつかの原因があると言われています。

酸化

まず老化の原因のひとつとして、人体で発生する「活性酸素」が引き起こす「酸化」があげられます。
「活性酸素」は取り込んだ糖質や脂質からエネルギーを抽出するときに発生するもので、体内に侵入したウイルスや細菌を退治する役割があります。
一方で、「酸化」とは体のサビのこと。ストレスや加齢によって活性酸素が必要以上に増えてしまうことで、健康な細胞まで酸化させ、老化につながってしまいます。

糖化

「糖」は、生きるために必要なエネルギー源ですが、人体を構成するタンパク質を変化させる物質でもあります。血液中の糖の数値(血糖値)が急速に上昇すると、AGE(終末糖化産物)という悪玉物質が生成され、体内のタンパク質を変性させてしまいます。その結果、体の機能低下を引き起こすとともに、コラーゲンにも影響するため、肌のハリも衰えてしまいます。

ホルモン分泌の変化

ストレスや加齢によってホルモン分泌量の低下やバランスが乱れることも、老化の原因のひとつと考えられています。若さや免疫力を維持する「DHEA」や、いい睡眠を取るために必要不可欠な「セロトニン」や「メラトニン」、筋肉の働きを維持する「男性ホルモン」など、さまざまなホルモンが減少してしまうことで、骨や関節、爪や髪や肌、脳などの老化を引き起こしてしまうのです。

老化対策に取り入れたい“アンチエイジング”とは?

アンチエイジングと聞くと、若々しい見た目を保つことというイメージがありますが、それだけではありません。アンチ(anti)=反抗する、対抗する、エイジング(aging)=老化という意味の通り、「老化に対抗する」という意味があります。

つまりアンチエイジングには、年齢を重ねることで起こる身体の衰えを穏やかにし、発病のリスクを抑え、健康寿命を延ばすという目的もあるのです。

生活習慣を見直そう!

健康で若々しく生きたい!アンチエイジング_2

アンチエイジングのためにどのような方法を取るといいのでしょうか?そこで大切なのが「生活習慣」です。生活習慣とアンチエイジングには密接な関係があります。偏った食生活や過度なストレス、運動不足や睡眠不足、喫煙や飲酒などの生活習慣は、体の酸化や糖化、ホルモン分泌の低下を引き起こし、老化を進めてしまいます。

ここでは、アンチエイジングのために大切な生活習慣を3つご紹介します。

食事

適度な量でバランスのいい食事をとることはアンチエイジングのために非常に重要です。良質な動物性タンパク質などが含まれる肉や魚や卵、ビタミンやミネラル類がたっぷりの野菜や海藻類はもちろん、大豆やナッツ類、発酵食品、スーパーフード、緑茶、赤ワインなどの食品が、アンチエイジングのために良いとされています。

食事のタイミングは、朝昼晩の1日3回を目安に、決まった時間に摂るようにしましょう。また、食事を楽しみながらよく噛んでゆっくり食べることも活性酸素の活性化を防ぐため、アンチエイジングにつながります。ついテレビやスマホを見ながら「ながら食べ」をしてしまうという方は、食べることに意識を集中させる「食べる瞑想」を取り入れてみるのも良いでしょう。

「食事」の生活習慣を整えるおすすめアルバムはこちら>「マインドフルネス~ストレス低減・大人の脳活性」

運動

筋肉量は加齢によって減少していくため、適度な運動を習慣化して筋肉量を維持したり増やしたりすることも大切です。また、運動をすることは血行を良くし、若返りホルモンと呼ばれる「成長ホルモン」や、幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」の分泌を促すといった効果があります。血行を良くして成長ホルモンの分泌を活性化させることは、肌細胞のターンオーバーを促し、若々しい肌の維持にもつながります。

運動が苦手な方は、まずはウォーキングやジョギングから始めて、運動を習慣化させましょう。

「運動」の生活習慣を整えるおすすめアルバムはこちら>「ゆっくり走って、健康になる!スロージョギング®」

睡眠

質の良い睡眠をとることは、アンチエイジングのために非常に大切です。睡眠は疲れを取るだけでなく、成長ホルモンを分泌し、新陳代謝を促す時間です。肌のハリやツヤを回復させるだけでなく、脳が記憶を整理したり定着させたりするという働きがあります。睡眠の時間を良くするためには、食事や運動、入浴など、ほかの生活習慣とあわせて整えていくと良いでしょう。

質の良い睡眠をとる方法はこちら>「寝苦しい季節到来! 眠りが浅い方へお薦めしたい “質の良い睡眠” をとる方法

「睡眠」の生活習慣を整えるおすすめアルバムはこちら>「眠りのジャズ」

まとめ

健康で若々しく生きたい!アンチエイジング_3

どことなく衰えを感じている方は日々の生活習慣を見直し、見た目だけではなく身体の内側からケアをすることが大切です。心身ともに健康で若々しく歳を重ねていきましょう。

この記事の担当ライター
ロータス・エリー
ロータス・エリー

東京都内に暮らし始めて10年のアラサー独身OL。20代は若さでなんとか乗り切れたものの、30代からは自分の心と体に向き合いながら、ストレスを溜めない生活を心がけている。キックボクシングや山登りなどアクティブな運動も好きだけど、ヨガや瞑想などにも興味あり。マイブームは、寝る前はヒーリングミュージックを聴きながら、マインドフルネス瞑想をすること。

ロータス・エリーの他の記事を読む

他にもこんな記事がおすすめRelated Posts

関連記事

特集記事Pick up article