Category

“お肌” も “のど” もしっとり。
うるおい美人のためのとっておきアロマケア☆

秋が深まるにつれ、湿度も低くなってきました。
そろそろ、うるおいケアシーズンの幕開けです。本格的な乾燥の前にいち早く保湿を心がけたいもの。

今回は、外界と接する “お肌” と “のど” について、アロマでうるおう方法をお伝えします。
元気にそして美しく今年後半を迎える準備を始めましょう!

お肌のうるおいには、水分補給&コラーゲンが重要!

乾燥肌はしわの原因となります。そのため水分をしっかりと肌に与える必要があります。
ですが、水分が少ないことだけがしわの原因ではありません。
水分のほかにコラーゲンの減少や損傷が大きな要因となります。

肌の大部分は「真皮」という層が占めていますが(上記画像の黄色い部分)。
真皮層は線維(ファイバー)からなり、70%がコラーゲンという線維です。
コラーゲンは肌のハリと弾力を保つ効果を果たしています。

コラーゲンが豊富なら、水分不足や表情による物理的なしわがあっても、大きなしわはできにくいのですが、紫外線、年齢といった要素でコラーゲンが減少すると、表皮のハリが失われ、しわやたるみ、キメの乱れなどがあらわれやすくなります。

うるおい肌のためには単に水分を補給するといった視点だけではなく、コラーゲンを増やす必要がありますね。

アロマでコラーゲンが増える?美肌アロマはこれ!

植物精油(エッセンシャルオイル)成分がコラーゲンを増やしたという実験結果があります(公益社団日本アロマ環境協会発表)。
ヒトの細胞にカモミール・ローマンのエッセンシャルオイルを少しずつ量を変えて添加し、なにも加えない状態と比較したところ、コラーゲンの量が有意に増加していることが確認されたといいます(※試験管や培養器などの中で、ヒトや動物の組織を用いて反応を観察する実験による結果)。

また、40歳前後の女性44名に、1日1回、4週間、カモミール・ローマンのエッセンシャルオイルを1%濃度に薄めたホホバオイルをセルフトリートメント(マッサージ)しながら塗布したところ、キメが整う例がみられました。

カモミール・ローマンはキク科の多年草。花からエッセンシャルオイルが採取されます。
リンゴのような香りがするリラックス系の香りとして知られていますが、コラーゲンを増やす効果が望めるとは朗報です。

蒸留できるオイルは微量で、やや高価(メーカーにもよりますが2mlで3000円前後が目安。3mlで60滴)なのですが、使う量はわずか。高価なスキンケアコスメを買うよりは断然安く手に入ります!

しっとりお肌に近づく!日ごろのうるおいケア方法

カモミール・ローマン入りのうるおいオイルを作りましょう。

<材料>

  • カモミール・ローマンのエッセンシャルオイル 1滴(多くても2滴までを守ってください)
  • ホホバオイル(アロマショップなどで売っている植物100%のもの)10ml

この2種を混ぜれば完成です。

<使い方>

  • お風呂上りなど、清潔な肌に塗ります。自分流でマッサージするような気分で良い香りを楽しみながら行ってください。
  • 化粧水と共に毎日のスキンケアに取り入れるといいでしょう。使うタイミングは、化粧水の前後どちらでもOK。お好みによって試しながら、まずは1ヵ月続けてみてください。

“のど” にうるおいを与えてウイルスをブロック!

体調が悪いとお肌のコンディションも悪くなるものです。まずは外敵が入ってきやすい、”のど” の保湿を心がけましょう。細菌やウイルスは外からやってきます。
そのときに “のど” が乾燥していると、細菌やウイルスが “のど” に付着しやすくなり、炎症を起こしやすくなります。

“のど” のうるおいを保つ湿度は約60%と言われています。場所にもよりますが、2017年東京の冬の湿度の平均が50%前後です(国土交通省気象庁発表による)。

適度に加湿しつつ、そこにエッセンシャルオイルをプラスして、空気を清浄に保つと心強いですね。抗菌効果の望めるオイルは色々とありますが、ブレンドされている便利なものを使うと手軽です。

今回のおすすめは、

アロマオイル REFRESH ユーカリウッド
■価格:¥1,500(税抜)
■容量:10ml
■原料:ユーカリグロブルス、パイン、ヒノキ

ユーカリ、パイン(松)、ヒノキの樹木ブレンドです。空気をきれいにしてくれそうな森林浴系の香りのなかで、もっとも際立つのがユーカリです。
ユーカリのエッセンシャルオイルは、去痰作用と言って、痰を切る作用が期待できます。アロマ使用OKの加湿器に入れたり、コットンに1滴落としたものをパソコン脇に置いて作業すると、”のど” の健康に役立ちます!

※香りを広げたら数時間に1回は換気をしましょう。
※”のど” にいいからと言って、飲まないようにしましょう。

この記事の担当ライター
中野智美
中野智美

英国ITEC認定アロマセラピスト、(公社)日本アロマ環境協会認定アロマセラピスト、同インストラクター、AllAboutアロマテラピーガイド、(一社)日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート。アロマテラピー&メンタルハーブティーのル・クール主催(1999年~)。伝統的アロマテラピーを軸に、香りのメンタル効用やボディートリートメントによる、おとなの女性の健康なライフスタイルのためのレッスン、トリートメントを実践。独自考案メンタルハーブティーでは西洋ハーブと東洋スピリットをミックスさせている。智美流「アロマなワイン会」など心と身体にいいお酒&フードにも趣味以上にのめりこみ中。近著『1週間で合格! U-CANのアロマテラピー検定1級・2級 速習テキスト&問題集 第2版』。有限会社アール・アイ取締役社長

中野智美の他の記事を読む

他にもこんな記事がおすすめRelated Posts

関連記事

特集記事Pick up article