Category

【2018年】お月見は9月24日!
月のリズムを感じる “癒しの音楽”

月のリズムを感じる “癒しの音楽” (1)

夜空にぽっかりと浮かぶまん丸のお月様。ふだんは意識していなくても、秋のお月見のときにはふと夜空を見上げる方も多いのではないでしょうか。

そもそも、月の満ち欠けは私たちの心身のリズムに関係があるもの。このページでは、お月見をはじめ、月と私たちとの関わりについてご紹介します。

お月見

お月見は、「中秋の名月」の晩に月を眺めて愛でることを指します。「中秋の名月」とは、明治以前の日本で使用されていた暦「太陽太陰暦」の8月15日の夜に見える月のこと。毎年少しずつ日が変わり、2018年の中秋の名月は “9月24日” です。

なお、お月見=満月というイメージが強いものですが、実は中秋の名月は必ずしも満月と重なるわけではありません。実際に、2018年の満月は中秋の名月の翌日である9月25日。これは珍しいことではなく、よく起こりうることなんです。

また、お月見といえば「十五夜」を思い浮かべる方もいるでしょう。十五夜とは、旧暦の毎月15日の夜のこと。そのため、秋だけではなく毎月訪れるものなのです。しかし、十五夜といえば、一般的に中秋の名月のことを指します。

ススキや月見団子、農作物など、お供えをするのが昔ならではのお月見の風習です。お供え物の種類や供え方には、地域によって違いがみられます。

月と私たちの関わり方

世界各地で、月の満ち欠けのリズムに合わせて食事や身体のケアを行う民間伝承がみられます。日本では、古代より月の満ち欠けをもとに自然のサイクルを把握し、農耕を行っていました。また、全国各地の神社の祭礼の日取りも、旧暦をもとにして決められているものだったのです。こうしたことから、月が古来より日本人に神聖視されていたことがわかります。

日本でお月見のような「月を愛でる」風習が始まったのは、縄文時代のこと。現代のような「十五夜」の形が盛んになったのは平安時代です。中国から伝わった風習が、貴族の間に広まったのがきっかけだとされています。この頃のお月見は、夜空を直接見上げるのではなく、水面や盃に注いだ酒に映った月を愛でるものでした。

一般庶民に十五夜の月見が広まったのは、江戸時代に入ってからだとされています。彼らにとっての月見は、育った稲穂の収穫前に行う収穫祭としての意味合いが強かったのだそうです。

月のサイクルとあわせて心地良い生活を

毎月、15日をかけて満ちていき、同じ時間をかけて欠けていく月。そのサイクルは、私たち人間の体内サイクルとも関りがあるとされてきました。

現代人は忙しく、月のリズムに意識を向けることも少ないもの。夜空を見上げることすらあまりない方もいるでしょう。しかし、心身の状態と向き合うのに、月のリズムは参考になるもの。現代科学のなかで生きているとはいえ、自然とのつながりを意識することは、肩の力を抜いて心地よく過ごせる “きっかけ” になるのではないでしょうか。

そこで、今回ご紹介するのが、月の4つのサイクルをイメージしたヒーリングミュージック『ムーン・ヒーリング』です。昼夜を問わず、好きなときに耳にすることで、日常生活のなかで月を意識することができるでしょう。

試聴はこちらから:『ムーン・ヒーリング』

新月

夜空に月の姿が見えない新月は、「ものごとの始まり」の象徴です。新しいチャレンジを始めるのに最適な日だと考えられています。ひらめきが起こりやすい日だともいわれているため、思いついたアイディアやひらめきは、忘れないようにメモに残しておきましょう。すぐに始められそうな内容であれば、即実行に移しても良いでしょう。

決断に迷ったり、心に何となくもやもやしたものを感じたりしている方は、アロマを焚いてリラックスタイムを過ごしたり、半身浴をしたりと、ゆったりとした時間を過ごしましょう。気持ちを新たに、次の一歩を踏み出せるのではないでしょうか。

そんな新月の夜にお薦めの曲は、「A New Beginning」「Depuration」の2曲。これから始まる新しい物語の幕あけにふさわしい音楽です。

満ちていく月

少しずつ丸みを帯び、輝きを増していく月は、「ものごとの成長」の象徴です。放たれる光が日ごとに強く美しくなっていくように、自分からあふれる魅力も増していきます。前向きな気持ちが強まっていくように感じる方もいるでしょう。

月が満ちていく時期は、精力的に動き、心身を育むのに適しています。ランニングやストレッチでの身体作り、友人との食事など、心と身体が喜ぶことをどんどん行いましょう。読書や勉強など、知識や教養を身につけることもお薦めです。何事にも意欲的に取り組むことで、ますます自分を高められますよ。

月が満ちていく時期にお薦めの曲は、「Glow」「Low Tide」「Soothing」の3曲。どの曲も、満ちていく月からエネルギーをもらっているようなイメージです。

満月

自然のエネルギーに疎くても眺めているだけで心が揺れ動く存在が、満月です。まん丸の月は、「ものごとの結実や実現」の象徴。満ちていくなかで高まった心が頂点に達し、プライドや自己顕示欲が言動に現れやすくなる傾向にあります。思わぬ衝動買いをしたり、ノリで軽率な言動をしてしまったりすることがないように、セルフコントロールを心がけましょう。

一晩明かりを消して月光浴をしたり、ハーブティーでリラックスタイムを設けたり。満月の夜は、満ち欠けの折り返し地点。これから始まる新月への時期に向かって、心身を休めましょう。

満月の夜にお薦めの曲は、「Peaceful Moment」「Honey And Moon」「Tiny Lily」の3曲。昂りやすい気持ちを抑え、リラックスするために聴きたい曲です。

欠けていく月

再び新月へ向かって徐々に月が欠けていく……。欠けていく月は、「新しいことへの想像と準備」の象徴です。新しい一歩を大きく踏み出すためには、エネルギーが必要。この時期は、無理やり動き回らずに、じっと力を蓄える時期だと捉えましょう。部屋のリセットをしたり、いらない情報やものを処分したりと、身体と環境のメンテナンスに向いています。

欠けていく月の夜にお薦めの曲は、「My Waning Moon」「Ka’anapall」の2曲です。チェロやピアノ、アコースティックギターの音色が穏やかな波の音とともに奏でられ、安らいだ気持ちになるでしょう。

まとめ

月のリズムを感じる癒しの音楽

現代社会のリズムはせわしなく、自然のリズムとかけ離れた生活を送っている人も多いものです。とはいえ、やっぱり私たちは自然の一部。古来の人々が月の満ち欠けを意識して生活していたように、自然のリズムに身を任せることで、抱え込んだストレスを解き放てるでしょう。

月のリズムを「ムーン・ヒーリング」で感じ、ゆっくりと肩の力を抜いてみませんか。

この記事の担当ライター
ロータス・エリー
ロータス・エリー

東京都内に暮らし始めて10年のアラサー独身OL。20代は若さでなんとか乗り切れたものの、30代からは自分の心と体に向き合いながら、ストレスを溜めない生活を心がけている。キックボクシングや山登りなどアクティブな運動も好きだけど、ヨガや瞑想などにも興味あり。マイブームは、寝る前はヒーリングミュージックを聴きながら、マインドフルネス瞑想をすること。

ロータス・エリーの他の記事を読む

他にもこんな記事がおすすめRelated Posts

関連記事

特集記事Pick up article