Category

【簡単にできる】自律神経を整える方法!ストレッチ4選

いつもより調子が悪い時や、日中の活動のパフォーマンスを上げたい時、自律神経を整える方法としてストレッチがおすすめです。今回は、自律神経を整える4つのストレッチのやり方とポイントをご紹介します。

調子が悪いとき&パフォーマンス向上に!“自律神経を整えるストレッチ”4選

自律神経を整える4つのストレッチは、順天堂大学医学部教授でトップアスリートのスポーツドクターでもある小林教授が推奨している方法です。簡単な動作なので、自宅はもちろん、外出先でも、ちょっとした時間で実践できます。ストレッチを生活に取り入れて、自律神経を整え、心と身体の健康管理に役立てましょう。

リンク: 【自律神経とは?】自律神経が乱れる原因や症状を解説。

(1)体側を伸ばすストレッチ

dlsr_104_2

やり方

1. 両足を肩幅に開いて立ちます。
2. 両腕を上げて、右手の先を左手でつかみます。
3. 息を吐きながら上体を左に倒し、右の体側を伸ばします。
4. 息を吸いながら上体を戻し、体を上方向へ伸ばします。
5. つかむ手を反対に替え、反対側も同様に伸ばします。

ポイント

体側を伸ばすことで、自律神経のバランスを整えながら、筋肉への血流を促すストレッチです。体側を伸ばすときに曲げた側の腸が圧迫されるので、腸に刺激を与えることもできます。できるだけ手の端を持つと効果的です。

(2)腕・背中・わき腹を伸ばすストレッチ

dlsr_104_4

やり方

1. 両手を肩幅に開いて立ちます。
2. 両腕を前に伸ばして右手の先を左手でつかみます。
3. 息を吐きながら、右腕を左手で左側にひっぱります。斜め上、真横、斜め下の3方向ずつ伸ばしましょう。
4. 1に戻りつかむ手を反対に替え、反対側も同様にひっぱります。

ポイント

腕から背中、わき腹までの筋肉をバランス良く刺激するストレッチです。手の端を持って行うと筋が伸びやすく、より効果的です。

(3)肩甲骨を動かすストレッチ

dlsr_104_3

やり方

1. 自然に立つか、いすなどに座って力を抜きます。
2. 背筋を伸ばし、手首が上になるように右腕を前に出し、ひじを直角に曲げます。この時、左手は右ひじに添えて固定しましょう。
3. 位置はそのままで、右手首をグルグルと回します。
4. 左腕に変え、2~3を行います。

ポイント

手首を動かすことで、肩甲骨が動き、可動域が広がります。ひじを反対側の手でしっかりと固定することがポイントです。

(4)股関節を動かすストレッチ

dlsr_104_5

やり方

1. 椅子に腰かけて、両ひざが直角に曲がるように座ります。
2. 右足首を左ひざの上に乗せます。
3. 足先を持って、右足首をグルグルと回します。
4. 1.の姿勢に戻り乗せる足を反対にして、左足も同様に回します。

ポイント

足首をひざの上に置くことで、股関節の可動域を広げます。さらに、足首をグルグルと回すことで、その動きを股関節に伝えることができます。

まとめ

自律神経のバランスを整えたい時は、適度に身体を動かすことが大切です。今回ご紹介したストレッチ方法は、自宅でも外出先でも簡単に実践することができます。短時間ですっきりとリフレッシュすることができるので、日常生活にも積極的に取り入れてみましょう。ヒーリングプラザでは、小林教授が監修したCD「自律神経を整える。~心と体のためのメンタル・トリートメント~」も販売されています。

==============================

引用「自律神経を整える。~心と体のためのメンタル・トリートメント~」ブックレット 監修:小林弘幸(順天堂大学医学部教授)

自律神経を整える。~心と体のためのメンタル・トリートメント

■あわせて読みたい記事
【自律神経とは?】自律神経が乱れる原因や症状を解説
【生活習慣】自律神経を整える1日の過ごし方!11の方法

この記事の担当ライター
ロータス・エリー
ロータス・エリー

東京都内に暮らし始めて10年のアラサー独身OL。20代は若さでなんとか乗り切れたものの、30代からは自分の心と体に向き合いながら、ストレスを溜めない生活を心がけている。キックボクシングや山登りなどアクティブな運動も好きだけど、ヨガや瞑想などにも興味あり。マイブームは、寝る前はヒーリングミュージックを聴きながら、マインドフルネス瞑想をすること。

ロータス・エリーの他の記事を読む

他にもこんな記事がおすすめRelated Posts

関連記事

  • 【生活習慣】自律神経を整える1日の過ごし方!11の方法【生活習慣】自律神経を整える1日の過ごし方!11の方法 「最近なんだか調子が悪い…自律神経のバランスが乱れているかも?」と感じたら、生活習慣を見直してみましょう。乱れた自律神経は、生活習慣を整え、意識を変えることで改善する可能性があります。ここでは、日常生活で心がけたい自律神経を整える11の方 […]
  • 【自律神経とは?】自律神経が乱れる原因や症状を解説【自律神経とは?】自律神経が乱れる原因や症状を解説 日常生活でストレスに晒されて、さまざまな不快な症状が起こりやすくなっている方は「自律神経」が乱れているのかもしれません。そもそも自律神経とはどのようなものでしょうか?自律神経のバランスが乱れる原因と、自律神経が乱れた時の症状を解説していき […]
  • 【生活】6月の不調は梅雨のせい?本格的な夏が始まる前に、心と体を整えよう 雨が増えるせいか、祝日がないせいか、6月はいつのまにか疲れを溜めてしまいがち。日常生活のなかで、疲労やストレスをこまめにリセットするコツをご紹介します。 深い呼吸にはいいことたくさん♪ 疲れていてマッサージやエクササイズをする元気 […]

他の記事をタグから探すRelated Tags

特集記事Pick up article