Category

【心身を整える】話題のソルフェジオ周波数とは?期待できる効果は?

私たちの心身に大きく影響する「ソルフェジオ周波数」という音階が自然療法の分野で話題を呼んでいます。ソルフェジオ周波数は、癒しの音楽として知られるローマカトリック教会の典礼で、男声の斉唱による『グレゴリオ聖歌』にも用いられています。聴いた時に心地よく感じ、人の心身にとって良い効果をもたらすとされています。

Cologne, Germany - December 14, 2010 - Boys choir of Bad T?lz in cathedral of Cologne

ソルフェジオ周波数とは?

音は空気の振動によって生まれますが、1秒間に空気が振動する回数(=速さ)を表したものを周波数といいます。周波数の単位をHz(ヘルツ)といい、数値が大きくなると高い音、小さくなると低い音を表します。なかでもソルフェジオ周波数と呼ばれる特定の周波数は、人の心と身体によい効果を働きかけると話題になっています。

ヒーリングミュージックや自然療法に興味のある方は、この「ソルフェジオ周波数」や「528Hz(ヘルツ)」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。「ソルフェジオ」はフランス語で「ソルフェージュ=音階」を意味し、「ソルフェジオ周波数」とは、528Hzをはじめとした特定の周波数の音階を指します。

ソルフェジオ周波数がもたらす良い効果は、研究者のレオナルド・G・ホロウィッツが提唱したことで、一躍話題になりました。癒しの音楽として知られる『グレゴリオ聖歌』をはじめ、古くからある聖歌などにも含まれていることがわかっています。現在は海外を中心に、ヒーリングや治療の一部にソルフェジオ周波数が取り入れられています。

colorful Audio waveform abstract technology background ,represent digital equalizer technology

それぞれの周波数と、期待できる効果について

癒しの効果があるといわれているソルフェジオ周波数には、基本の周波数である528Hzをはじめ、9つの周波数があります。周波数によって、異なる効果の働きが期待できます。

デラでは特定の周波数の中から、“心身のバランスを最適な状態に整える”ための周波数を厳選し、心地よい音楽と調和させた機能的なアルバム『ソルフェジオ・ヒーリング528』シリーズを制作しています。1枚目のCD『心身を整える5つの周波数』と2枚目のCD『脳力を高める5つの周波数』があり、以下の周波数の記事と合わせて各Track.1~5までのサウンドを試聴していただくこともおすすめです。

Healingplazaでの視聴はこちら▶︎
ソルフェジオ・ヒーリング528~心身を整える5つの周波数
ソルフェジオ・ヒーリング528~脳力を高める5つの周波数

YOUTUBEでのは視聴こちら▶︎

基本となる癒しの周波数「528Hz(ヘルツ)」

528Hzは9つのソルフェジオ周波数の中でも、基本となる周波数で「奇跡の周波数」ともいわれています。過度なストレスに晒され、傷ついたり壊れたりした細胞のDNAを修復するといわれています。『ソルフェジオ・ヒーリング528』シリーズでは、両方のCDのTrack.1に収録されており、純粋で清々しい音が心身をクリーニングしてくれます。

安定の周波数「174Hz(ヘルツ)」

174Hzはソルフェジオ周波数のうち、1番低い周波数です。意識の拡大と進化の基礎となる174Hzの周波数が、人の内面に働きかけ、心を安定に導くといわれています。音に合わせて声を出して音階と共鳴することで、落ち着いた気分が広がります。心が安定すると自分の軸や存在をしっかりと認めることができ、一歩踏みだす勇気を抱くことができます。

促進の周波数「285Hz(ヘルツ)」

285Hzは多次元領域からの意識の拡大を促すという、ソルフェジオ周波数の中でもスピリチュアル性の高い周波数です。心の安定をより強固なものにするために、自然治癒力を促し心身を整えるといわれています。285Hzの周波数を含むCD『ソルフェジオ・ヒーリング528〜心身を整える5つの周波数』のTrack.3は、透明感のある朗らかなイメージの曲調です。ゆっくりと深呼吸しながら聴くことで、意識をさらに広げることができます。

解放の周波数「396Hz(ヘルツ)」

386Hzは基本となる癒しの周波数528Hzとともに、ソルフェジオ周波数の中でも重要視されている周波数です。罪の意識や、トラウマ、恐怖心、不安の感情を緩和させるといわれています。CD『ソルフェジオ・ヒーリング528〜心身を整える5つの周波数』のTrack.4は396Hzの周波数が含まれており、心に染み入るような情緒的なメロディーが特徴です。感情に働きかけ、自己の解放を促し、聴いた後に心も体も軽く感じさせてくれます。

変化の周波数「417Hz(ヘルツ)」

417Hzは変容を促す周波数です。417Hzの周波数があなたの意識と無意識に働きかけ、回復力を高める助けとなります。ストレスを生み出し状況をより悪化させる原因にもなるマイナス思考やマイナスな状況からの回復を促すといわれています。

調和の周波数「639Hz(ヘルツ)」

639Hzは人との繋がりをもたらす調和の周波数です。対立するものを統合し緩和させることから、人間関係の向上が期待できるといわれています。CD『ソルフェジオ・ヒーリング528〜脳力を高める5つの周波数』Track.2はやさしく包み込まれるようなメロディーでネガティブな気持ちも一掃され、自分だけではなく周囲への愛情も満ちていきます。

自由の周波数「741Hz(ヘルツ)」

741Hzは意識を自由に羽ばたかせて、表現力を開花させる周波数です。CD『ソルフェジオ・ヒーリング528〜脳力を高める5つの周波数』Track.3はポジティブなエネルギーを感じる曲で、コミュニケーション能力の向上をはかるといわれています。741Hzの音に合わせて声を出してみると、効果が高まります。

直感の周波数「852Hz(ヘルツ)」

852Hzは直感力を覚醒させる周波数です。脳の奥に位置する「松果体」を活性化し、洞察力、直感力を高めるといわれています。CD『ソルフェジオ・ヒーリング528〜脳力を高める5つの周波数』のTrack.4は、澄んだ空気の中にいるような爽やかなメロディーが特徴です。聴いた後は、思考がクリアになったかのように雑念が取り払われ、リフレッシュ感が得られるでしょう。

活性の周波数「956Hz(ヘルツ)」

956Hzはソルフェジオ周波数の中でも1番高い周波数です。頭のてっぺんと天井がつながったかのようなスピリチュアルなイメージを持ち、高次元の意識とつながることで脳が活性化するといわれています。956Hzが含まれている、CD『ソルフェジオ・ヒーリング528〜脳力を高める5つの周波数』のTrack.5を聴きながら、瞑想を行い呼吸を整えることで、すっきりした気分に導きます。

音楽の効果的な聴き方

Side view of a happy couple breathing and resting lying in a couch at home with a window in the background

騒音の少ない静かな環境下で聴いてください。イヤホンやヘッドホンで聴いても問題ありませんが、できればスピーカーから直接音を出し「音を浴びるように、全身で聴く」のがおすすめです。「眠る前に」「お風呂の中で」「ソファやリクライニングチェアに座って」心と体をゆったりと解放させるような気分で聴くと、全身で聴くことができ、より良い効果が期待できます。

実際にソルフェジオ周波数でつくられた音楽

世界で最も有名なバンドの一つ、ビートルズの曲にもソルフェジオ周波数か使われている曲があります。1966年リリースのアルバム「リボルバー(原題:Revolver)」に収録されている「トゥモロー・ネヴァー・ノウズ(原題:Tomorrow Never Knows)」です。今は亡きジョン・レノンが、528Hzを割り当てたコード1つのみでつくった作品です。

「トゥモロー・ネヴァー・ノウズ」はサイケ調ですが、不思議と安らぎも感じられる奥深い曲です。また、癒しのアーティストとして有名なエンヤの曲にも、ソルフェジオ周波数がよく含まれています。

まとめ

ソルフェジオ周波は周波数によってそれぞれ効果が違うため、求める効果に合わせて曲を選ぶのもいいでしょう。ソルフェジオ周波数以外にも「α波」「1/fゆらぎ」など癒しの効果があるといわれている音は存在しています。実際に聴いてみて、ここちよく感じる音楽を生活に取り入れながら、ストレス解消やリラックスに役立てましょう。

=================================

■合わせて読みたい記事
【音楽】528hzの音楽で癒される「ソルフェジオ周波数」

この記事の担当ライター
ロータス・エリー
ロータス・エリー

東京都内に暮らし始めて10年のアラサー独身OL。20代は若さでなんとか乗り切れたものの、30代からは自分の心と体に向き合いながら、ストレスを溜めない生活を心がけている。キックボクシングや山登りなどアクティブな運動も好きだけど、ヨガや瞑想などにも興味あり。マイブームは、寝る前はヒーリングミュージックを聴きながら、マインドフルネス瞑想をすること。

ロータス・エリーの他の記事を読む

他にもこんな記事がおすすめRelated Posts

関連記事

特集記事Pick up article