Category

バレンタイン直前!愛されモテ肌の手になるアロマバーム活用術

生活感がにじみでるのが「手」。実年齢が若くても、いわゆる手が老けてると、グッと年齢が上がって見えるから油断なりません!しっとり、すべすべとした肌、やわらかく愛らしい手は、女性らしさを強く感じるパーツです。男性目線も気になる手指には、ネイルやアクセサリーをつけるだけでなくアロマを使ったスキンケアを取り入れてみましょう!

女性ホルモンと美肌の関係

コラーゲンをはじめさまざまな成分が肌に弾力をもたらしますが、美肌には女性ホルモンも関係しています。なかでもエストロゲンは美肌ホルモンと呼ばれるほどです。エストロゲンは思春期から増えるホルモンで、その作用で女の子は次第に女性らしい雰囲気をまといはじめます。そんなエストロゲンを増やすというアロマがあるといいます(※1)。

ゼラニウムがイチ押し

香りを吸入することでエストロゲンが増えることが期待できる香り、それは「ゼラニウム」のエッセンシャルオイルです。ゼラニウムは、花が咲く直前に収穫した葉を蒸留してエッセンシャルオイルをとります。バラの花に似た香りですが、華やか過ぎず、上品なボタニカルアロマが女性に人気です。

手作りアロマバーム

このゼラニウムの女性ホルモンへの影響に、植物オイルの保湿効果をプラスして、天然素材100%のハンドバームを作ってみましょう。バームを塗ることで外から、ゼラニウムの香りを楽しむことで体の内側から美肌を目指します。
今回のバームは、乳化剤などを使わず簡単に作れるものの、かなりリッチな素材でできています。そのためややオイリー。市販のハンドクリームのようなものとは違い「本気モード」の軟膏のようなテクスチャー!天然成分の薬効を堪能してください。使うのは仕事中などではなく、夜、眠る前などがいいでしょう。

材料 (出来上がり分量約30ml)

・ゼラニウムのエッセンシャルオイル1~3滴
・ホホバオイルなどの植物油25ml
・ミツロウ3g

【ミツロウ(ビーワックス)とは】
ミツバチが巣を作るために分泌する天然のロウ(蝋)。アロマショップで売っています。

作り方

1.ミツロウと植物油を耐熱容器に入れて湯せんにかけます(湯は熱めの温度が溶けやすい)
2.ミツロウが溶けたら火からおろします
2.冷めないうちにゼラニウムのエッセンシャルオイルを入れて、竹串などでかき混ぜます(竹串は使用後捨てる)
3.手早くクリーム容器に入れて、放置しておけば自然と固まります

ポイント

・ミツロウが付着した器具類は熱が残っているうちにティッシュペーパーなどで拭きます。冷めると固まり洗いにくくなります。洗うときは中性洗剤を使いぬるま湯で。

beewax02

・クリームはオイルがたくさん入っています。紙や衣類にオイルが付着します。
・外気温に影響を受け硬くなったりやわらかくなることがあります。
・保存は約1か月が目安。香りが変わってきたら劣化のサイン。早く使いましょう

使い方

ごく量でかなり伸びます。血行を促すように、塗りひろげながら皮膚に浸透させます。硬くなった爪の周り、ささくれのある部位などに塗ると、少しずつかさつきが緩和し、角質がやわらかくなります。塗った後、軽く手を洗っても(石けんは使わない)オイル分が残ります。
・肌に合わない場合は使用を中止してください

handcare01

手抜き編

手作りが面倒な人は、ホホバオイル等(大さじ1杯)にゼラニウム1~2滴入れたものを手に塗ってマッサージするだけでもOKですよ。

私は長年アロマバームを愛用していますが、同年齢の人に比べると、おこがましいですが、肌がきれい!もちもち!と言われます。お世辞ではないと信じています!

handcare03

※1内閣府に公益認定された、アロマテラピー関連で唯一の公益法人日本アロマ環境協会(AEAJ)のホームページより

この記事の担当ライター
中野智美
中野智美

英国ITEC認定アロマセラピスト、(公社)日本アロマ環境協会認定アロマセラピスト、同インストラクター、AllAboutアロマテラピーガイド、(一社)日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート。アロマテラピー&メンタルハーブティーのル・クール主催(1999年~)。伝統的アロマテラピーを軸に、香りのメンタル効用やボディートリートメントによる、おとなの女性の健康なライフスタイルのためのレッスン、トリートメントを実践。独自考案メンタルハーブティーでは西洋ハーブと東洋スピリットをミックスさせている。智美流「アロマなワイン会」など心と身体にいいお酒&フードにも趣味以上にのめりこみ中。近著『1週間で合格! U-CANのアロマテラピー検定1級・2級 速習テキスト&問題集 第2版』。有限会社アール・アイ取締役社長

中野智美の他の記事を読む

他にもこんな記事がおすすめRelated Posts

関連記事

特集記事Pick up article