Category

モヤモヤも疲れも洗い流す、お悩み別リセット入浴アイテム

寒い夜は入浴が至福のとき。
お風呂は冷えた体をあたため、1日の汗や汚れを洗い流してくれる場所ですが、入浴の仕方によってはモヤモヤした気持ちをすっきりさせてくれたり体の不調を和らげてくれたりも。

文字通り「水に流す」ように、解決したいさまざまなことをお風呂で洗い流しませんか。
そんなときに役に立つのが、入浴剤をはじめとしたお風呂アイテムです。
お悩み別のおすすめアイテムをご紹介します。

疲れを取り元気に翌日を迎えたいなら、炭酸バスボム

bath bombs closeup on wooden background

見た目がかわいい炭酸バスボムは、成分がお湯で溶けてシュワシュワとした「炭酸泉」を簡単につくりだしてくれる入浴剤です。
炭酸ガスは毛細血管を広げてくれます。それにより血流が良くなり、新陳代謝も活発に。体に蓄積された疲労も抜けやすくなります。

さらに炭酸泉は体を芯から温めてくれる温浴効果も女性には大きな魅力です。
バスタブの中で手足の指をグーパーして、末端の血流も促す運動もプラスしてください。

もちろん、炭酸の濃度が高いほうが効果も高く、最近は高濃度炭酸風呂を設置しているスーパー銭湯も増えています。
ここぞという時はそういうところに頼るのもありですが、自宅ではバスボムや炭酸泉タブレットなどがお手軽。
重曹とクエン酸を調合して手づくりすることもできます。

手ごわい乾燥対策に、バスミルクとアフターバスオイル

Young woman in bath

冬場に加速する乾燥も、お風呂の入り方でぐっとラクにすることができます。

まずは入浴剤として「保湿入浴剤」などと記載されているバスミルクをチョイス。
肌にうるおいを与える成分が配合されているため、なにも入れないお湯より保湿効果が高まります。

このときに注意するのは、お湯の温度。
温度が高いと体の皮脂が溶け出てしまうため、お肌が乾燥しやすくなってしまうからです。
38度程度のそこそこの温度のお湯にゆっくりつかりましょう。

そして入浴後はすぐに保湿を。「間髪入れずに」というくらい、すぐがポイントです。
おすすめはボディオイルを濡れた体に塗ること。
バスタブから出たらオイルを塗り、その後タオルで体を拭くという流れです。

デトックスに、バスソルト

Body care

運動不足などで日ごろ汗をかくことが少ない方は、定期的に汗をたっぷりかいて毛穴からデトックスを。
いつものお風呂にバスソルトを入れることで、発汗作用が高まります。

塩分濃度が高くなったお湯に体をつけることで、浸透圧の違いから体の汗が引き出されすのがバスソルトによる発汗のメカニズム。ミネラルが豊富な岩塩や天然塩がおすすめです。

汗と一緒に食べすぎや飲みすぎ、運動不足などで体にたまった悪いものを排出する気持ちで。
気持ちも一緒にリセットされ、お風呂上りはすっきりとした気持ちになれるはずです。
汗で失われた水分やミネラルを補給することもお忘れなく。

パワースポットのバスソルトは、心の浄化に

Wedded Rocks

同じバスソルトでも、パワースポットで採れる塩をつかったものは心のデトックスに使いたいところ。

バスタイムは1日のうちでほぼ唯一といっていい、裸ですごす時間です。
一糸まとわぬ姿でお湯につかり、悩みや邪念を汗と一緒に洗い流してもらうなら、パワーのある塩に頼るのもありではないでしょうか。

死海の塩や沖縄のシママース・ヌチマースなどが有名です。
いずれもすぐ入手できるメジャーなものでOKです。

ぐっすり眠りたいなら、香りと明るさにこだわって

Interior of sauna with candle.

夜、お風呂に入り体を温めることで、快眠につながるのはご存知かと思います。
温まった体がだんだんと冷えていくときは、入眠に最適なタイミングです。

その効果をさらに高めるなら、お風呂の明るさは「暗め」がおすすめ。
そこで活用したいのがアロマキャンドルです。

幻想的なゆらめく光と心地よい香りに包まれて、ゆったり過ごしましょう。
寝る前数時間は目から入る明かりを鎮めるのも快眠の秘訣の1つです。

ラベンダーなどのリラックス系の香りを選ぶことも大切なポイントです。
深い呼吸を心掛けましょう。

リラックスには、音楽を

Young woman relaxing in bathtub

入浴時のリラックス感を高めるなら、音楽を流すのがおすすめです。
心地よい音楽に耳を傾けながら、あたたかいお湯で体を休めるのは最高のリラックスタイム。

とはいえ、バスルームで音楽を聴くのは設備上ハードルが高いという方も多かったのですが、最近のスマートフォンは防水機能付きのものが多いので、そのハードルもぐんと下がりました。お風呂で聴きたい音楽をスマホにダウンロードしておいて、バスタイム用のプレイリストをつくっておけばお手軽ですね。

防水スピーカーもリーズナブルなものがたくさんありますので、そういったものを入手するのもいいかもしれません。

今夜のバスタイムをよりよくするために、お風呂で叶えたいことからアイテム選びをしてみませんか。
そんなバスタイムを過ごせれば、明日はもっといい1日になるはずです。

この記事の担当ライター
orange
orange

東京郊外に暮らす、男の子と女の子のママです。
緑がたくさんあるところにいくのがいちばんの癒し。
心地よい音楽があれば、さらにハッピーです。

orangeの他の記事を読む

他にもこんな記事がおすすめRelated Posts

関連記事

特集記事Pick up article