Category

赤ちゃんと「音育」~シーンごとに音楽を~

生まれたばかりの赤ちゃんが、昼と夜の区別がつくのは生後2か月ごろと言われています。胎児の時は12時間逆な生活になっているそうで、ママが寝る時に赤ちゃんは朝といった具合です。

Portrait of mother and baby. Sleeping newborn baby in the hands of his mother.
最近では住環境事情のせいか、朝だけど光が入ってきにくい、夜だけど照明が爛々とついているというお家もある事でしょう。
赤ちゃんにも外気浴やお散歩だけでなく、「音」の音色から一日のリズムと作ってみませんか?

例えば・・・

朝は「小鳥のさえずりの音楽」「さわやかな風のそよぐ音」
スロー・バッハ~こころで聴く、15のピアノ・セラピー
定価:¥ 1,800 (税抜き)
09191056_541b8d525001e
昼は「ジブリの曲」「楽しくなるようなテンポのある曲」
リラクシング・ピアノ~ベスト ジブリ・コレクション
定価:¥ 2,000 (税抜き)
06081444_5938e4542e043
お昼寝は「水の流れる音」「海辺の波の音」が入った音
せせらぎ
定価:¥ 1,500 (税抜き)
DLNS-110

夜は 「ママの気持ちが穏やかになる曲」
もちろんママがパパが主導で選んでくださって大丈夫です。
ママやパパが心地よいと思った曲はきっと赤ちゃんも好きなはず。

夜カフェ~ジャズボッサ/フェルナンド・メルリーノ・トリオ
定価:¥ 1,800 (税抜き)
08261449_57bfd86237c1e
ジャンルにとらわれず、赤ちゃんの反応や笑顔、仕草を楽しんでみてください。
きっと毎日の生活に素敵な音がある毎日はきっと情緒豊かな感情が育まれるはずです。

この記事の担当ライター
浅井貴子
浅井貴子

フリー助産師 IFAアロマセラピスト
大学病院の産科病棟、NICU勤務の後フリーランスに
行政機関で年間300件以上の赤ちゃん訪問を行い
赤ちゃんと産後ママに寄り添った支援には定評がある
All About 母乳育児、新生児育児ガイド
母と子のナチュラルケアブランドAMOMAの商品開発
妊婦さん向けのプレママアロマ教室やベビーマッサージ教室カモマイル主宰
WELEDAやSTOKKEなど企業からの講演や育児雑誌などの執筆も多数にわたる

浅井貴子の他の記事を読む

他にもこんな記事がおすすめRelated Posts

関連記事

  • ママのための音楽~授乳時間をゆったりと~ママのための音楽~授乳時間をゆったりと~ 生まれた赤ちゃんは五感をフルに使って、ママを知ろうとしています。ママの肌のぬくもり、おっぱいやミルクの匂い、肌着の柔らかさ、窓から入るそよ風など。 生後4ヶ月までの授乳が軌道に乗るまでは、ママも一日8~10回ぐらいの授乳回数 […]
  • 赤ちゃんの心地よい睡眠について赤ちゃんの心地よい睡眠について 育児相談をしていると「夜泣きがあるのです」「寝ぐずりがひどい」「全然寝てくれない」といった相談をよく受けます。 昼間寝すぎて眠れない場合やずっとお部屋の中で遊んで退屈した時も赤ちゃんはイライラして興奮したりします。昼間お日様 […]
  • Portrait of young mother covering little sleeping girl with blanket世界中のママが御用達!子供の寝かしつけ音楽【5選】 世の中のお母さんにとって難題なのは、子供を寝かしつけることではないでしょうか。 なかなか寝てくれない子供を寝かしつけるのは一苦労。そんな時に音楽の力を借りてみてはいかがでしょう。 今回は、寝かしつけにぴったりな音楽の中でも世界で有名な […]

他の記事をタグから探すRelated Tags

特集記事Pick up article